2020.12.27 メッセージ : あなたの名はイスラエルだ

聖書:創世記32:24-31 題目:あなたの名はイスラエルだ 本文はヤコブに関する内容です。ヤコブが過去の誤った生活を清算して、新たな生活をするようになるものです。彼の名前もヤコブからイスラエルに変わります。ヤコブの過去は兄エサウからパンとレンズ豆の煮物を与えて長子の権利を ヤコブの執拗な祈りの結果で得た祝福が多いです。第一、イスラエルという新しい名前を頂きました(28節)。それは人間的な失敗の名前が、霊的な祝福の名前になったのです。第二、新しい光を受けました(31節)。「太陽が彼の上に上った」という言葉の意味が大きいです。毎日上る太陽であるが、この日はヤコブの心の暗闇を追い出す輝く光の太陽だったでしょう。恐れは過ぎ去って雄々しくなったことでしょう。第三、兄エサウと和解ができました(33:10-11)。人間関係の回復です。 2020年の最後の主日です。私たちが一年を整理しながら有終の美を飾るべきです。霊的な有終の美は主の御前に犯した罪を探して悔い改めることから出発します。今年一年間の犯した罪を残された何日間で心から悔い改めることに集中しましょう

2020.12.20 メッセージ : お生まれになった方はどこに

聖書:マタイ2:1-8 題目:お生まれになった方はどこに 今日は2020年のクリスマス記念主日です。本文はイエス様がユダのベツレヘムでお生まれになった状況に関する人々の反応を見せてくれます。私たちはどのような反応をするべきでしょうか。 第一、 ヘロデ王の反応です。  彼は東方の博士たちを通してユダヤ人の王として生まれる子がいると聞いて事実を調べさせます。そして、自分も生まれる子に拝むといいます(7-8節)。しかし、それは真っ赤の嘘です。ヘロデ王が生まれるイエス様を探したのは殺す目的です(13節)。世界の歴史を見ると悪い王たちはいつもイエス様を信じるキリスト教を迫害する特性があります(ヨハネ16:18-19)。 第二、 エルサレムの民たちの反応です。 3節を見ますとユダヤ人の王が生まれるという噂を聞いたエルサレムの民たちは恐れ惑いました。すなわち、民たちの反応はいろいろあったでしょう。王妃が妊娠したとも聞いてないのに何の子どもの誕生だろうかという好奇心、推測などで騒がしくなったことでしょう。今日もクリスマスになると人々はその意味も分

2020.12.20 コラム : 青年たちよ

コロナウイルス事態のために個人も団体も殆どが厳しい状況である。教会も例外ではない。多くの教会がオフラインでの礼拝を中断してオンライン礼拝で対応している。もちろんオフラインでの礼拝を守っている教会もあるが、礼拝の参加者の数が減少している流れは止められない。それが教会の財政的な 傍ら、既存の青年たちが中心となって賛美の働きをしている。青年たちもコロナのために萎縮している雰囲気を打破したくて模索した方向が賛美であるようだ。有志のある我が教会の青年たちが一緒にYouTubeのチャンネルを開設して「MakibA Worship」と名で賛美をしている。あえて翻訳すれば「牧場の敬拝」といえるだろう。アマチュアであるために卓越した面は期待できない。しかし、青年たちが純粋な心で一緒になって喜んで楽しみながら主なる神様を賛美する姿が立派だと思う。彼らが自己満足の賛美に留まらないように願う。YouTubeなどに自分たちを現そうとする誘惑から自由になってほしい。同時にすべての信徒の方々が青年たちの活動を応援してくれることを願う。YouTubeチャンネルを登録して、

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com