• 綾瀬東部教会

2020.2.2『新型コロナウイルス』

最終更新: 2020年2月25日

中国の武漢から発生して世界に拡散している疾病がある。新型コロナウイルス(新型肺炎)と言われるが、治療薬がないため全世界の殆どの人々が恐怖に追われている。まだ始まった段階で、これからさらに拡散する可能性がある恐ろしい病気と言われるから気をつけるべきである。医者たちが勧めている予防策を実践してその病気にならないようにしよう。しかし、傍らマスコミも過度な報道をしているように感じる面もある。その為に多くの人々が過剰に反応する姿がある。そのような状況は決して相応しくない。繰り返して言うが、より冷静に対応する態度が求められる。


現在多くの国で中国の人々を避けている。素早く飛行機を飛ばして自国民を中国から帰国させている国もあれば、中国から来た観光客を空港で引き返した国もある。ある国では、商店の入り口に中国人は立ち入り禁止と警告文を貼っているという。まるで全ての中国人がウイルスを広める存在として扱われ、差別されているようで残念に思う。ちょうど私も2月にタイ宣教の働きを予定しているし、東アジアキリスト青年大会での奉仕もある。タイ宣教も東アジアキリスト青年大会も、中国人と共に行う働きである。ある方は私にタイ宣教を中止すべきだと強く言ってきた。東アジアキリスト青年大会も今回が10回目の記念で大きな大会となることを期待したが、実際は打撃が大きくなることだろう。


WHOの発表によると1月30日を基準に世界18カ国で新型コロナウイルス患者が7,800名であり、その中で170名が命を落としたそうだ。ここで考えてみよう。日本で毎年冬季はインフルエンザが流行っている。一年間で平均一千万人程度がインフルエンザにかかるといわれる。資料によると、インフルエンザが直接、間接的な原因となって命を落とす人が全世界では30万人を超えて、日本だけでも一万人を越えるといわれる。そのように比較してみると新型コロナウイルスよりインフルエンザがより怖いかもしれない。


再度強調するが、新型コロナウイルスにかからないように徹底して気をつけよう。しかし、心配しすぎて不安に追われ、騒がないようにしよう。恐れに縛られてすべきこともままならない臆病者にはならないでほしい。魯牧師。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 コラム : 鹿浜キリスト教会創立一周年

先週は鹿浜キリスト教会で連合礼拝を守った。二か月に一度はそちらで礼拝の説教をする。いつも同行する我が教会の信徒たちがいるので、自然と連合礼拝となる。鹿浜キリスト教会は昨年3月の初めの週から主日礼拝を守り始めたので、コロナ過での出発だった。いつの間にか我が教会から分離開拓をしてから一年を迎えた。以前として続くコロナ過であるが、教会に良い知らせがあるために感謝の心が大きい。紙面を通じてその感謝を分かち

2021.04.18 コラム : 小路キリスト教会30周年記念礼拝

多くの教会が生まれ、また多くの教会が消え去った。現在も続けて生まれる教会があれば、消え去る教会がある。ここで言う教会は組織のある制度的な教会である。教会が開拓されてから世代を繋いで存続することは容易ではない。それだけ教会の中に多くの問題があるからだ。一番大きな問題は指導者である。教会の責任を担っている牧師が正しくない姿勢が一次的な問題である。もちろん、信徒の構成員の責任も大きい。高慢になり、互いに

2021.04.11 コラム : ただみことば

白血病から復帰を果たした競泳女子の池江璃花子選手の話である。彼女は2019年2月に白血病と診断され、およそ10か月にわたる入院生活をへて12月に退院した。2020年8月からレースに復帰し、今回の日本選手権が6大会目の出場だった。結果は2016年リオデジャネイロオリンピック大会に続く2大会連続の五輪出場となる。彼女はゴール後、水の中で肩をふるわせ、泣いた。「勝てるのはずっと先のことだと思っていた。本