top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.2.2『新型コロナウイルス』

更新日:2020年2月25日

中国の武漢から発生して世界に拡散している疾病がある。新型コロナウイルス(新型肺炎)と言われるが、治療薬がないため全世界の殆どの人々が恐怖に追われている。まだ始まった段階で、これからさらに拡散する可能性がある恐ろしい病気と言われるから気をつけるべきである。医者たちが勧めている予防策を実践してその病気にならないようにしよう。しかし、傍らマスコミも過度な報道をしているように感じる面もある。その為に多くの人々が過剰に反応する姿がある。そのような状況は決して相応しくない。繰り返して言うが、より冷静に対応する態度が求められる。


現在多くの国で中国の人々を避けている。素早く飛行機を飛ばして自国民を中国から帰国させている国もあれば、中国から来た観光客を空港で引き返した国もある。ある国では、商店の入り口に中国人は立ち入り禁止と警告文を貼っているという。まるで全ての中国人がウイルスを広める存在として扱われ、差別されているようで残念に思う。ちょうど私も2月にタイ宣教の働きを予定しているし、東アジアキリスト青年大会での奉仕もある。タイ宣教も東アジアキリスト青年大会も、中国人と共に行う働きである。ある方は私にタイ宣教を中止すべきだと強く言ってきた。東アジアキリスト青年大会も今回が10回目の記念で大きな大会となることを期待したが、実際は打撃が大きくなることだろう。


WHOの発表によると1月30日を基準に世界18カ国で新型コロナウイルス患者が7,800名であり、その中で170名が命を落としたそうだ。ここで考えてみよう。日本で毎年冬季はインフルエンザが流行っている。一年間で平均一千万人程度がインフルエンザにかかるといわれる。資料によると、インフルエンザが直接、間接的な原因となって命を落とす人が全世界では30万人を超えて、日本だけでも一万人を越えるといわれる。そのように比較してみると新型コロナウイルスよりインフルエンザがより怖いかもしれない。


再度強調するが、新型コロナウイルスにかからないように徹底して気をつけよう。しかし、心配しすぎて不安に追われ、騒がないようにしよう。恐れに縛られてすべきこともままならない臆病者にはならないでほしい。魯牧師。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 コラム : 二つの種類の知恵

コロナの感染拡大を避けるために教会の礼拝を非対面に転換させた教会が多い。ある牧師は、時代が求める教会の変革の答えが非対面礼拝であると言う。しかし教会の本質は集う共同体である。一緒に集わなければ教会の存在の意味を失うことになる。非対面礼拝が非常の時の一時的な対応の方案にはなり得る。だがそれが新しい礼拝の形態として定着するのは望ましくない。ワクチン接種に対しても賛否両論がある。ワクチンがコロナに対する

2021.08.22 コラム : コロナの経験

考えてみると、私は一生で多くの死の峠を超えてきた。子どものときから病気がちだった。さらに川や海に溺れたり、練炭のガスを吸い込んだり、建築現場で落ちたり、投げた石に頭を打ったり、足に釘が刺さったり、過労で倒れたりなどで死の危険を経験した。しかし今回のような苦しみの経験は初めてだった。コロナにかかって十日以上39度付近を行き来する高熱で苦しんだ。発病から十日後に救急搬送されて入院してから肺炎を引き起こ

2021.07.18 コラム : 滅びの道

誰かが聖書の教えの中で最も大切な教えは何かと聞くなら、躊躇なく「高慢となってはいけない」であると答えたい。本当にそうである。エデンの園で始まった人類の歴史もそれを証明する。最初の人間から高慢で罪を犯した故に死の道を歩んだ。以来、すべての人間の滅びの道は例外なく高慢から始まる。先週「どのように独裁者(暴君)となるのか」というドキュメンタリーを見た。近代の世界歴史の中でよく知られている代表的な独裁者を

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page