• 綾瀬東部教会

2020.2.2『新型コロナウイルス』

最終更新: 2月25日

中国の武漢から発生して世界に拡散している疾病がある。新型コロナウイルス(新型肺炎)と言われるが、治療薬がないため全世界の殆どの人々が恐怖に追われている。まだ始まった段階で、これからさらに拡散する可能性がある恐ろしい病気と言われるから気をつけるべきである。医者たちが勧めている予防策を実践してその病気にならないようにしよう。しかし、傍らマスコミも過度な報道をしているように感じる面もある。その為に多くの人々が過剰に反応する姿がある。そのような状況は決して相応しくない。繰り返して言うが、より冷静に対応する態度が求められる。


現在多くの国で中国の人々を避けている。素早く飛行機を飛ばして自国民を中国から帰国させている国もあれば、中国から来た観光客を空港で引き返した国もある。ある国では、商店の入り口に中国人は立ち入り禁止と警告文を貼っているという。まるで全ての中国人がウイルスを広める存在として扱われ、差別されているようで残念に思う。ちょうど私も2月にタイ宣教の働きを予定しているし、東アジアキリスト青年大会での奉仕もある。タイ宣教も東アジアキリスト青年大会も、中国人と共に行う働きである。ある方は私にタイ宣教を中止すべきだと強く言ってきた。東アジアキリスト青年大会も今回が10回目の記念で大きな大会となることを期待したが、実際は打撃が大きくなることだろう。


WHOの発表によると1月30日を基準に世界18カ国で新型コロナウイルス患者が7,800名であり、その中で170名が命を落としたそうだ。ここで考えてみよう。日本で毎年冬季はインフルエンザが流行っている。一年間で平均一千万人程度がインフルエンザにかかるといわれる。資料によると、インフルエンザが直接、間接的な原因となって命を落とす人が全世界では30万人を超えて、日本だけでも一万人を越えるといわれる。そのように比較してみると新型コロナウイルスよりインフルエンザがより怖いかもしれない。


再度強調するが、新型コロナウイルスにかからないように徹底して気をつけよう。しかし、心配しすぎて不安に追われ、騒がないようにしよう。恐れに縛られてすべきこともままならない臆病者にはならないでほしい。魯牧師。

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.11.22 コラム : どのように見るべきだろうか

アメリカの大統領選挙の結果が泥沼になった。不正選挙があるという話が後を絶たず、そのためにまだ大統領が確定されていない。正確な事実を知るためには時間が要される。ある人は「アメリカのような発展した民主主義の国で、不正選挙が起こることはあり得ない」と全面否定している。実際に大手マスコミもこのような方向で報道している。これらの言葉の背景には異なる二つの意図があるだろう。一つは、人が素直ですべてをポジティブ

2020.11.15 コラム : 10回目の聖地巡礼

いつの間にか10回目になった。日本国内聖地巡礼のことである。イスラエルまで行きたいところだが、距離や時間、経済的な面でも負担が大きいため、日本国内聖地巡礼をすることに決まった。日本はキリスト教の長い歴史の中で流された殉教の血がある。それに関する遺跡地を探訪することが意味のあることだと判断した。そうして今まで長崎に3回、京都と大阪、北海道、宮城と岩手、韓国の済州島、新潟と山形、横浜、そして今年は熊本

2020.11.08 コラム : 生きるにしても、死ぬにしても

今年9月末頃から中国各地の職業訓練校で使用されている教科書が問題となった。その教科書は、中国政府の審議を通って「職業倫理と法律」というタイトルで作られた。ところが、問題となったのは聖書を引用しながら巧妙に実際とは違うように書き換えた部分である。新約聖書のヨハネの福音書8章には人々が姦淫の罪を犯して現場で捕まった女性をイエス様に連れてきた記録がある。聖書の本文には、イエス様が罪のない者が最初に彼女に

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com