• 綾瀬東部教会

2020.2.23『パラサイト』

韓国の「パラサイト」という映画が世界的に大きな話題となった。アメリカのアカデミー賞をとったからである。1929年に始まって今年で92年の歴史を持つアカデミー賞でアジアの映画の受賞は初めてだそうだ。その映画に対しての評価は多様である。ある人は極端な格差社会の不条理を赤裸々に画いて相生する道が何かを見せてくれた良い映画だと肯定的な評価をした。またある人はお金持ちを悪く描いて批判しながら彼らに対して憎悪を呼び起こした左寄りの思想を持っている監督が作った悪い映画だと否定的な評価をした。もちろん、それ以外にも様々な評価があるだろう。映画が話題になっていたので私も関心を持った。期待したような感動的な映画ではなかった。アカデミーで4個も賞を受けたほどの良い映画なのかも良く分からない。

パラサイトという映画は一言で「偽りが呼んだ惨劇の結果」だと思う。先ず、半地下に住んでいる貧しい家族4名が登場する。その家の息子が偽造された学歴証明書を使ってお金持ちの家に家庭教師として雇用される。その後、妹と父と母までがその家に就職するのを手伝う。その過程で既存の働いている人々に濡れ衣を着せて辞めさせるようにする。欲望に目が眩んだ4人家族が徹底して相手を騙し、偽りで協力し合って悪い道に歩むわけだ。問題は彼らの偽りがばれる状況になったことである。それを必死に隠そうとする中で幾人が死に至る。映画は、偽りによって得た幸福は、幸福自体も偽りであり、瞬間の幸福であり、不幸の結果を招くことになるという教訓をくれる。

映画のように私たちが住んでいる世の中は偽りが蔓延している。韓国のある知識人は「韓国は全部腐っている。韓国の社会では防腐剤までも腐っている。腐っていないのは人々の顔だけだ」と言った。その言葉を否定できない現実に非常に心が痛む。全部腐っているのに顔だけが腐っていないとは顔に鉄板を敷いたという意味だろう。すなわち、偽りと偽善と悪行を平気に行いながら恥ずかしさを感じない。最小限の良心の機能さえも麻痺してしまっているということだろう。偽りはサタンの産物である。それで、私たちイエス様を信じる者は真実であるべきだ。聖書は「人が何を蒔いても必ず蒔いたとおりに刈り取る」と言っている。悪の種が善の実を結ぶことはできないし、善の種が悪の実を結ぶこともできない。全ての偽りと偽善を捨てて、真理の中で真実に行おう。そして腐っていく世の中の塩となろう。魯牧師

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.11.22 コラム : どのように見るべきだろうか

アメリカの大統領選挙の結果が泥沼になった。不正選挙があるという話が後を絶たず、そのためにまだ大統領が確定されていない。正確な事実を知るためには時間が要される。ある人は「アメリカのような発展した民主主義の国で、不正選挙が起こることはあり得ない」と全面否定している。実際に大手マスコミもこのような方向で報道している。これらの言葉の背景には異なる二つの意図があるだろう。一つは、人が素直ですべてをポジティブ

2020.11.15 コラム : 10回目の聖地巡礼

いつの間にか10回目になった。日本国内聖地巡礼のことである。イスラエルまで行きたいところだが、距離や時間、経済的な面でも負担が大きいため、日本国内聖地巡礼をすることに決まった。日本はキリスト教の長い歴史の中で流された殉教の血がある。それに関する遺跡地を探訪することが意味のあることだと判断した。そうして今まで長崎に3回、京都と大阪、北海道、宮城と岩手、韓国の済州島、新潟と山形、横浜、そして今年は熊本

2020.11.08 コラム : 生きるにしても、死ぬにしても

今年9月末頃から中国各地の職業訓練校で使用されている教科書が問題となった。その教科書は、中国政府の審議を通って「職業倫理と法律」というタイトルで作られた。ところが、問題となったのは聖書を引用しながら巧妙に実際とは違うように書き換えた部分である。新約聖書のヨハネの福音書8章には人々が姦淫の罪を犯して現場で捕まった女性をイエス様に連れてきた記録がある。聖書の本文には、イエス様が罪のない者が最初に彼女に

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com