• 綾瀬東部教会

2020.2.23『パラサイト』

韓国の「パラサイト」という映画が世界的に大きな話題となった。アメリカのアカデミー賞をとったからである。1929年に始まって今年で92年の歴史を持つアカデミー賞でアジアの映画の受賞は初めてだそうだ。その映画に対しての評価は多様である。ある人は極端な格差社会の不条理を赤裸々に画いて相生する道が何かを見せてくれた良い映画だと肯定的な評価をした。またある人はお金持ちを悪く描いて批判しながら彼らに対して憎悪を呼び起こした左寄りの思想を持っている監督が作った悪い映画だと否定的な評価をした。もちろん、それ以外にも様々な評価があるだろう。映画が話題になっていたので私も関心を持った。期待したような感動的な映画ではなかった。アカデミーで4個も賞を受けたほどの良い映画なのかも良く分からない。

パラサイトという映画は一言で「偽りが呼んだ惨劇の結果」だと思う。先ず、半地下に住んでいる貧しい家族4名が登場する。その家の息子が偽造された学歴証明書を使ってお金持ちの家に家庭教師として雇用される。その後、妹と父と母までがその家に就職するのを手伝う。その過程で既存の働いている人々に濡れ衣を着せて辞めさせるようにする。欲望に目が眩んだ4人家族が徹底して相手を騙し、偽りで協力し合って悪い道に歩むわけだ。問題は彼らの偽りがばれる状況になったことである。それを必死に隠そうとする中で幾人が死に至る。映画は、偽りによって得た幸福は、幸福自体も偽りであり、瞬間の幸福であり、不幸の結果を招くことになるという教訓をくれる。

映画のように私たちが住んでいる世の中は偽りが蔓延している。韓国のある知識人は「韓国は全部腐っている。韓国の社会では防腐剤までも腐っている。腐っていないのは人々の顔だけだ」と言った。その言葉を否定できない現実に非常に心が痛む。全部腐っているのに顔だけが腐っていないとは顔に鉄板を敷いたという意味だろう。すなわち、偽りと偽善と悪行を平気に行いながら恥ずかしさを感じない。最小限の良心の機能さえも麻痺してしまっているということだろう。偽りはサタンの産物である。それで、私たちイエス様を信じる者は真実であるべきだ。聖書は「人が何を蒔いても必ず蒔いたとおりに刈り取る」と言っている。悪の種が善の実を結ぶことはできないし、善の種が悪の実を結ぶこともできない。全ての偽りと偽善を捨てて、真理の中で真実に行おう。そして腐っていく世の中の塩となろう。魯牧師

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 コラム : 鹿浜キリスト教会創立一周年

先週は鹿浜キリスト教会で連合礼拝を守った。二か月に一度はそちらで礼拝の説教をする。いつも同行する我が教会の信徒たちがいるので、自然と連合礼拝となる。鹿浜キリスト教会は昨年3月の初めの週から主日礼拝を守り始めたので、コロナ過での出発だった。いつの間にか我が教会から分離開拓をしてから一年を迎えた。以前として続くコロナ過であるが、教会に良い知らせがあるために感謝の心が大きい。紙面を通じてその感謝を分かち

2021.04.18 コラム : 小路キリスト教会30周年記念礼拝

多くの教会が生まれ、また多くの教会が消え去った。現在も続けて生まれる教会があれば、消え去る教会がある。ここで言う教会は組織のある制度的な教会である。教会が開拓されてから世代を繋いで存続することは容易ではない。それだけ教会の中に多くの問題があるからだ。一番大きな問題は指導者である。教会の責任を担っている牧師が正しくない姿勢が一次的な問題である。もちろん、信徒の構成員の責任も大きい。高慢になり、互いに

2021.04.11 コラム : ただみことば

白血病から復帰を果たした競泳女子の池江璃花子選手の話である。彼女は2019年2月に白血病と診断され、およそ10か月にわたる入院生活をへて12月に退院した。2020年8月からレースに復帰し、今回の日本選手権が6大会目の出場だった。結果は2016年リオデジャネイロオリンピック大会に続く2大会連続の五輪出場となる。彼女はゴール後、水の中で肩をふるわせ、泣いた。「勝てるのはずっと先のことだと思っていた。本