top of page
  • 綾瀬東部教会

2019.12.29『オーケストラのような教会』

先日、池袋駅前にある東京芸術劇場に行ってきた。そこで、久しぶりに、本当に久しぶりに文化生活を経験した。家族と一緒にオーケストラのコンサートに行ってきた。オーケストラの団員である知り合いが招待券をくれたために気軽く行くことができた。演奏された曲はベートーベンの交響曲9番「合唱」だった。ベートーベンはこの曲を構想から完成までに30年をかけて作曲したといわれる。それで、彼の交響曲の中で一番の力作という評価を得ている。私は音楽的な専門知識も評価できる能力もない。しかし、世界的な名曲を聴きながら良いことを感じることはできる。一つの楽器だけでの演奏でさえ聴くのに良いのに、多くの楽器の演奏と合唱まで聴くことができたため、大きな感動があった。


オーケストラの演奏を聴きながら感じたことがいくつかある。1.調和の美しさである。多くの楽器がそれぞれの音を出していたが、衝突することなく上手く調和した。2.才能の役割分担である。バイオリンは続けて演奏するが、シンバルのような楽器は何度も音を立てない。それは優等か劣等かの問題ではない。才能と役割の違いだけである。3.皆が必要条件となる。楽器演奏者も、歌う人も、皆が曲を完成するのに必ず必要な構成員である。必要のない人はいない。教会もオーケストラのようになるべきであると思う。それで、上に述べた三つができる教会が良い教会だといえる。


さらに、一つ感じたことは指揮者の重要性である。オーケストラで一番核心となるのは、なんと言っても指揮者である。同じ演奏者で構成されたオーケストラであっても、指揮者によって結果は異なることがある。それで、有名なオーケストラにも有名な指揮者がいる。教会も指導者が一番大切である。責任者の牧師によって、教会の姿がそれぞれ違く見える。最近、私の中にある多くの罪が見える。その中でも特に高慢の罪が頭を挙げることが多い。高慢になれば滅びると警告された御言葉を考えると、非常に恐れを感じる。私が滅びの道に行かないように祈ってほしい。互いに違うが、美しい調和を成す教会、全体が才能に従って役割をよく担う教会、皆が必要条件であると大切に考えて熱心に愛し合う教会、我が教会をそのようなオーケストラのように指揮していきたい。

魯牧師。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 コラム : 二つの種類の知恵

コロナの感染拡大を避けるために教会の礼拝を非対面に転換させた教会が多い。ある牧師は、時代が求める教会の変革の答えが非対面礼拝であると言う。しかし教会の本質は集う共同体である。一緒に集わなければ教会の存在の意味を失うことになる。非対面礼拝が非常の時の一時的な対応の方案にはなり得る。だがそれが新しい礼拝の形態として定着するのは望ましくない。ワクチン接種に対しても賛否両論がある。ワクチンがコロナに対する

2021.08.22 コラム : コロナの経験

考えてみると、私は一生で多くの死の峠を超えてきた。子どものときから病気がちだった。さらに川や海に溺れたり、練炭のガスを吸い込んだり、建築現場で落ちたり、投げた石に頭を打ったり、足に釘が刺さったり、過労で倒れたりなどで死の危険を経験した。しかし今回のような苦しみの経験は初めてだった。コロナにかかって十日以上39度付近を行き来する高熱で苦しんだ。発病から十日後に救急搬送されて入院してから肺炎を引き起こ

2021.07.18 コラム : 滅びの道

誰かが聖書の教えの中で最も大切な教えは何かと聞くなら、躊躇なく「高慢となってはいけない」であると答えたい。本当にそうである。エデンの園で始まった人類の歴史もそれを証明する。最初の人間から高慢で罪を犯した故に死の道を歩んだ。以来、すべての人間の滅びの道は例外なく高慢から始まる。先週「どのように独裁者(暴君)となるのか」というドキュメンタリーを見た。近代の世界歴史の中でよく知られている代表的な独裁者を

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page