• 綾瀬東部教会

2019.12.29『オーケストラのような教会』

先日、池袋駅前にある東京芸術劇場に行ってきた。そこで、久しぶりに、本当に久しぶりに文化生活を経験した。家族と一緒にオーケストラのコンサートに行ってきた。オーケストラの団員である知り合いが招待券をくれたために気軽く行くことができた。演奏された曲はベートーベンの交響曲9番「合唱」だった。ベートーベンはこの曲を構想から完成までに30年をかけて作曲したといわれる。それで、彼の交響曲の中で一番の力作という評価を得ている。私は音楽的な専門知識も評価できる能力もない。しかし、世界的な名曲を聴きながら良いことを感じることはできる。一つの楽器だけでの演奏でさえ聴くのに良いのに、多くの楽器の演奏と合唱まで聴くことができたため、大きな感動があった。


オーケストラの演奏を聴きながら感じたことがいくつかある。1.調和の美しさである。多くの楽器がそれぞれの音を出していたが、衝突することなく上手く調和した。2.才能の役割分担である。バイオリンは続けて演奏するが、シンバルのような楽器は何度も音を立てない。それは優等か劣等かの問題ではない。才能と役割の違いだけである。3.皆が必要条件となる。楽器演奏者も、歌う人も、皆が曲を完成するのに必ず必要な構成員である。必要のない人はいない。教会もオーケストラのようになるべきであると思う。それで、上に述べた三つができる教会が良い教会だといえる。


さらに、一つ感じたことは指揮者の重要性である。オーケストラで一番核心となるのは、なんと言っても指揮者である。同じ演奏者で構成されたオーケストラであっても、指揮者によって結果は異なることがある。それで、有名なオーケストラにも有名な指揮者がいる。教会も指導者が一番大切である。責任者の牧師によって、教会の姿がそれぞれ違く見える。最近、私の中にある多くの罪が見える。その中でも特に高慢の罪が頭を挙げることが多い。高慢になれば滅びると警告された御言葉を考えると、非常に恐れを感じる。私が滅びの道に行かないように祈ってほしい。互いに違うが、美しい調和を成す教会、全体が才能に従って役割をよく担う教会、皆が必要条件であると大切に考えて熱心に愛し合う教会、我が教会をそのようなオーケストラのように指揮していきたい。

魯牧師。

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.11.22 コラム : どのように見るべきだろうか

アメリカの大統領選挙の結果が泥沼になった。不正選挙があるという話が後を絶たず、そのためにまだ大統領が確定されていない。正確な事実を知るためには時間が要される。ある人は「アメリカのような発展した民主主義の国で、不正選挙が起こることはあり得ない」と全面否定している。実際に大手マスコミもこのような方向で報道している。これらの言葉の背景には異なる二つの意図があるだろう。一つは、人が素直ですべてをポジティブ

2020.11.15 コラム : 10回目の聖地巡礼

いつの間にか10回目になった。日本国内聖地巡礼のことである。イスラエルまで行きたいところだが、距離や時間、経済的な面でも負担が大きいため、日本国内聖地巡礼をすることに決まった。日本はキリスト教の長い歴史の中で流された殉教の血がある。それに関する遺跡地を探訪することが意味のあることだと判断した。そうして今まで長崎に3回、京都と大阪、北海道、宮城と岩手、韓国の済州島、新潟と山形、横浜、そして今年は熊本

2020.11.08 コラム : 生きるにしても、死ぬにしても

今年9月末頃から中国各地の職業訓練校で使用されている教科書が問題となった。その教科書は、中国政府の審議を通って「職業倫理と法律」というタイトルで作られた。ところが、問題となったのは聖書を引用しながら巧妙に実際とは違うように書き換えた部分である。新約聖書のヨハネの福音書8章には人々が姦淫の罪を犯して現場で捕まった女性をイエス様に連れてきた記録がある。聖書の本文には、イエス様が罪のない者が最初に彼女に

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com