• 綾瀬東部教会

御言葉『プリスカとアクラ』

最終更新: 2020年4月28日

聖書:ローマ16:3-4


使徒パウロがローマ教会に送った手紙の中で最後の挨拶でプリスカとアクラのことを話します。プリスカが妻で、アクラが夫で二人は夫婦として、心を尽くして使徒パウロの福音伝道の働きに大きな力となりました。使徒パウロが彼らを何と評価していますか。


1. 同労者です(3節)

プリスカとアクラは使徒パウロと一緒に天幕を作る働きをしながら福音伝道の働き人として用いられました(使徒18:2,18、26)。彼らは使徒でもなくて、普通の信徒でありますが、使徒パウロの同労者の役割をしました。牧師や伝道師、宣教師でなくても牧師に協力して福音の同労者として用いられることが出来ます。


2. 犠牲をする人です(4節)

プリスカとアクラは使徒パウロのために自分たちの命の危険を冒してまでパウロの命を守りました。彼らは使徒パウロを崇めたわけではありませんし、烈々なファンでもありません。それは主なる神様を愛する心から兄弟を愛したためのものです(1ヨハネ3:16)。


3. 褒められる人です(4節)

使徒パウロがプリスカとアクラを考えれば先ず感謝する心がありました。それだけ彼らが貴重な信仰の人であり、信仰で行い、教会のために有益な働き人だったからです。もちろん、彼らの信仰を異邦人の全ての教会が知っていて、賞賛し、感謝したほどでした(使徒6:3-4)。


今日は鹿浜キリスト教会に派遣される方々、新しく選ばれる勧士と執事の方々がいます。彼らがプリスカとアクラのように主の働きに同労者になり、犠牲をし、褒められる姿にならなければなりません。それが主が喜ばれる信仰の姿であるからです。アーメン。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。