• 綾瀬東部教会

御言葉『プリスカとアクラ』

最終更新: 2020年4月28日

聖書:ローマ16:3-4


使徒パウロがローマ教会に送った手紙の中で最後の挨拶でプリスカとアクラのことを話します。プリスカが妻で、アクラが夫で二人は夫婦として、心を尽くして使徒パウロの福音伝道の働きに大きな力となりました。使徒パウロが彼らを何と評価していますか。


1. 同労者です(3節)

プリスカとアクラは使徒パウロと一緒に天幕を作る働きをしながら福音伝道の働き人として用いられました(使徒18:2,18、26)。彼らは使徒でもなくて、普通の信徒でありますが、使徒パウロの同労者の役割をしました。牧師や伝道師、宣教師でなくても牧師に協力して福音の同労者として用いられることが出来ます。


2. 犠牲をする人です(4節)

プリスカとアクラは使徒パウロのために自分たちの命の危険を冒してまでパウロの命を守りました。彼らは使徒パウロを崇めたわけではありませんし、烈々なファンでもありません。それは主なる神様を愛する心から兄弟を愛したためのものです(1ヨハネ3:16)。


3. 褒められる人です(4節)

使徒パウロがプリスカとアクラを考えれば先ず感謝する心がありました。それだけ彼らが貴重な信仰の人であり、信仰で行い、教会のために有益な働き人だったからです。もちろん、彼らの信仰を異邦人の全ての教会が知っていて、賞賛し、感謝したほどでした(使徒6:3-4)。


今日は鹿浜キリスト教会に派遣される方々、新しく選ばれる勧士と執事の方々がいます。彼らがプリスカとアクラのように主の働きに同労者になり、犠牲をし、褒められる姿にならなければなりません。それが主が喜ばれる信仰の姿であるからです。アーメン。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.02.21 メッセージ:福音によって産んだ父

聖書:Ⅰコリント4:14-17 題目:福音によって産んだ父 前に、使徒パウロはコリント教会の信徒たちがどれだけ高慢で間違った信仰の状態だったのかを指摘しました(6-8節)。同時に自分と同役者たちは福音のためにどれだけ多くの苦難を受けているかを語りました(9-13節)。今日の本文は使徒パウロがそのような話をした理由を教えています。それは、コリント教会の信徒たちの過ちを明らかにして辱めるためではありま

2021.02.14 メッセージ:彼らの信仰を見て(信仰とは何か)

聖書:マルコの福音書2:1-12 題目:彼らの信仰を見て(信仰とは何か) イエス様が中風の人を癒されたことに関する内容です。5節を見ますとイエス様が「彼らの信仰を見て」大きな恵みを与えてくださいました。それでは信仰とは何でしょうか 第一、 イエス様のみもとに来ることです(1-3節) イエス様がいる家に多くの人がうわさを聞いて集まってきました。その時に、一人の中風の人を四人の人が担いでイエス様のみも

2021.02.07 メッセージ:私たちはこの世のちり

聖書:Ⅰコリント4:9-13 題目:私たちはこの世のちり 本文はコリント教会の信徒たちに対しての使徒パウロの叱りです。本文を通じて学ぶべき大切な教えは何でしょうか。 第一、 肉体の楽さの故に霊的に堕落した者たちです(10節)。 コリント教会の信徒たちの状態です。彼らはすでに満ち足りて、豊かになって、王様ぶっている者です(8節)。さらに、賢くて、強くて、栄誉を持っている者です(10節)。すなわち、霊

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com