top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.03.22 御言葉 : 初代教会の模範

聖書:使徒の働き2:42-47     題目:初代教会の模範

我が教会が礼拝時間を改編しました。4月からは午後の時間に午前に学んだみことばを分かち合う小グループの集まりも設けます。それはより良い教会、より健康な教会、聖書的な教会として立てて行こうとする目標のために行うことです。聖書でとても模範的な初代教会であるエルサレム教会を見ながらその原理を見習いたいと思います。それは何でしょうか。

第一、 みことばが中心となった教会です(42節)  「彼らは使徒たちの教えを堅く守り」とあります。使徒たちが何を教えたのでしょうか。それは当然、真理のみことば、すなわち聖書とイエス様の教えを教えたことでしょう。私たちもみことばが中心となる教会を立てるべきです。そのためにはみことばを教えるだけではなくて、それを生活に適用してみことばを堅く守るまでに繋げるべきです。ですから、まず、学んだみことばを反芻して、消化の過程を踏まえていかなければなりません(レビ記11:7)。教育の原理の核心は反復することであります(ピリピ3:1)。

第二、 信仰の交わりがあった教会です(42節) 初代教会は信徒同士の信仰の交わりが良く成されていました。具体的に彼らの交わりの内容を見ますと、1)一緒に食事をしました。2)一緒に祈りました。3)一緒に物質を分かち合いました。4)心を一つにしました。5)主の宮と家で集まりました。6)一緒に神を賛美しました。それは彼らにイエス様の愛があり、互いの信頼があったことの証拠です。しかし、何よりも信徒同士の交わりを大切に思い、信徒同士が集まることに尽くしたために可能だったことであるでしょう(へブル10:25)

第三、 救われる人々が増えた教会です(47節)  初代教会では既存の信徒たちがみことばを中心として霊的に健康な教会として信仰で立てられました。さらに、信徒の集まりを通じた交わりがとても良くて、そこに喜びが溢れていました(46節)。それで、周囲の人々が彼らに好意を抱いて、その集まりに参加することになりました。そして、彼らがイエス・キリストを信じて救われたのです。我が教会も新しく来られる方々に決して排他的になってはいけません。むしろ、開かれた心で歓迎して受け入れるべきです。そのような愛が救いの実として結ばれることになるでしょう。

みことばが根になり、信仰の交わりが枝となり、救われる人々が実となる教会、我が綾瀬東部教会がそのような教会となるように一緒に祈り、一緒に力を合わせましょう。アーメン。


성경: 사도행전2:42-47 제목: 초대교회의 모범

우리교회가 예배 개편을 실시했습니다. 4월부터는 오후시간에 오전에 배운 말씀을 나누는 소그룹 모임도 갖게 될 것입니다. 그것은 보다 좋은 보다 건강한 보다 성경적인 교회로 세우고자 하는 목표아래 행하는 일입니다. 성경에서 매우 모범적인 초대교회인 예루살렘교회를 보면서 그 원리를 배우고자 합니다. 그것은 무엇입니까?

첫째, 말씀이 중심이 된 교회입니다(42절) “저희가 사도들의 가르침을 받아”라는 기록이 있습니다. 사도들이 무엇을 가르쳐 주었습니까? 그것은 당연히 진리의 말씀, 즉 성경과 예수님의 말씀을 가르쳐준 것입니다. 우리도 말씀이 중심이 되는 교회가 되어야 합니다. 그러려면 말씀을 배우는 것만 아니라 말씀을 삶에 적용을 해서 말씀으로 살아내야 합니다. 그 일을 위해 먼저 배운 말씀을 새김질하며 소화의 과정을 거쳐야 합니다(레11:7). 교육의 원리의 핵심은 반복하는 것입니다(빌3:1).

둘째, 서로 교제가 있었던 교회입니다(42절) 초대교회는 성도간의 믿음의 교제가 잘 이루어졌습니다. 구체적으로 그들의 교제의 내용을 보면 1)함께 음식을 먹었고 2) 함께 기도했고 3)함께 물질을 공유했고 4)마음을 같이 하였고 5)성전과 집에서 함께 모이기를 힘썼고 6)함께 하나님을 찬미했습니다. 그것은 그들에게 예수님의 사랑이 있었고 서로간 신뢰가 있었음을 보여줍니다. 그러나 무엇보다도 성도간의 교제를 소중히 여기고 성도의 모임을 사모하며 모이기를 힘썼기에 가능했던 일이었습니다(히10:25).


셋째, 구원받는 사람들이 더해진 교회입니다(47절) 초대교회에서는 기존의 성도들이 말씀으로 잘 배워서 영적으로 건강한 믿음으로 세워졌습니다. 게다가 성도들의 모임을 통한 교제가 매우 아름다워 그곳에 기쁨이 넘쳤습니다(46절). 그랬더니 주변의 사람들이 그들에게 호의를 갖고 모임에 함께 한 사람들이 많아지게 되었습니다. 그리고 그들이 구원을 받게 된 것입니다. 우리 교회도 새로 오는 분들에게 결코 배타적이지 않고 도리어 모두가 열린 마음으로 환영해야 합니다. 그런 사랑이 구원의 열매로 이어지게 됩니다.

말씀이 뿌리에 있고 교제가 줄기로 이어지고 구원받는 사람들이 열매로 나타나는 교회 우리교회가 그런 교회 되도록 함께 기도하며 동참합시다. 아멘.

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page