top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.03.29 コラム : 悪い、姦淫の時代


「悪い、姦淫の時代」


人間は本来から罪人である。生まれながらアダムの原罪を遺伝的に持っている。それで全ての人間は罪を犯しながら生きている。罪人として生まれたから罪を犯すしかない。しかし、時代の流れによって罪もさらに発達する。インターネットという空間が生じてからその中で行われる罪の種類が限りがない程である。最近、韓国社会を震撼させた大きな事件が起きた。インターネット上での不法的な淫乱サイトを運営していた犯人が捕まった。その内容が知られれば知られるほど驚愕するしかない衝撃的な全貌が明らかになった。まさに人面獣心を見るようである。逮捕されたときに主犯各の人が記者たちの前で次のように言った。「自らが止めることができなかった悪魔の生活を止めてくれたから感謝する」彼の年齢は24歳である。共犯の中には15歳の少年もいるんだそうだ。


彼が犯した悪行の内容は、男性たちに女性たちを性的に搾取させて、猟奇的で加虐的な性的行為をさせたという。その場面を映像で作り、販売をしていた。その中には少なくない被害者の女性たちが未成年だった。2018年から映像を作り、会員を募って営業をしてきたと伝えられる。会員の資格もいろいろな段階があるが、最高の会員となるためには15万円程度の会費を支払う。本当に驚くことはそのサイトの会員が26万人もいるということだ。犯人が捕まってから、世論が会員たちも見つけて処罰するべきだという方向に傾いている。その中ですでに会員となっていた40代の男性が川に身を投げて自殺した。多分、26万人という数字の中には社会の指導層もいるだろう。性的な刺激を求めて誘惑に惑わされた彼らの心が今どれだけ不安に追われているだろうと推測できる。


インターネットを使うとたまに女性たちの扇情的な写真が現れる。まさにエサを与えて性的に惑わしているのである。そのような環境に誰でも露出されているのが現実である。多くの愚かな人々はそのエサを銜えたままに淫乱の霊に縛られて破滅の道を歩む。淫乱物も多くの需要者がいるから供給者も増えているのである。当然なことだが、需要がなければ供給も止まるがそのようなことは起こらないだろう。もし、私たちの中でそのようなことに需要者となっているのなら悔い改めてすぐにそのような罪から離れるべきである。これから世の中はますます悪くなる。さらに悪くなる。より想像をはるかに超える罪が氾濫するようになる。すでに伝統的な倫理、道徳の基準も崩れた時代となった。イエス様は終末について悪い、淫乱の時代だといわれた。今がその悪い、淫乱の時代である。その悪と罪から自分を守ろう。その悪と罪から自分を守ろう。毎日イエス様の力を受けて善き戦いに励んで罪に打ち勝てることを願う。

魯牧師。


“악하고 음란한 시대”


인간은 본래가 죄인이다. 나면서부터 아담의 원죄를 유전적으로 갖고 나온다. 그래서 모든 인간은 살면서 죄를 짓는다. 죄인으로 낳기 때문에 죄를 지을 수밖에 없다. 그런데 시대가 갈수록 죄도 더욱 다양한 면으로 발달한다. 인터넷이라는 공간이 생기면서 그 안에서 벌어지는 죄악의 양상이 무궁무진하다. 지금 한국사회의 뉴스를 장식하는 큰 사건이 터졌다. 인터넷상에서 불법적인 음란사이트를 운영한 범인이 잡혔다. 그런데 수사를 하면 할수록 경악을 금치 못할 충격적인 전모가 드러나고 있다. 그야말로 인면수심을 보는 것 같다. 체포가 된 주범이 기자들 앞에서 “스스로가 멈출 수 없었던 악마의 삶을 멈추게 해주어서 고맙다”는 발언을 했다. 그의 나이 겨우25세 청년이다. 공범 중에는 16세의 소년도 있다고 전해진다.


그가 범한 악행의 내용은 남성들에게 여성들을 성적으로 착취하며 엽기적이고 가학적인 성행위를 하도록 했다는 것이다. 그리고 그 장면을 동영상으로 만들어 판매를 한 것이다. 그 중에 적지 않은 피해 여성이 미성년자였다고 한다. 2018년부터 영상을 만들고 회원들을 모집하여 영업을 해왔다고 전해진다. 회원의 자격도 여러 단계가 있는데 최고단계의 회원이 되려면 150만원의 회비를 지불해야 한다는 것이다. 정말 충격적인 일은 그 사이트의 회원이 26만 명이나 된다는 것이다. 범인이 잡히고 여론이 회원들도 처벌해야 한다고 들끓고 있다. 그 와중에 회원이었던 40대 남성이 한강에서 투신자살했다. 모르긴 하지만 26만 명이라는 수에는 사회 지도층도 있을 것이다. 성적인 자극의 유혹에 넘어간 그들의 마음이 지금 얼마나 불안에 떨고 있을까 짐작이 가고 남는다.

 

인터넷을 사용하다 보면 가끔 여성들의 선정적인 사진이 뜬다. 그야말로 미끼를 던져서 성적으로 유혹을 하는 것이다. 그런 환경에 누구나 여과 없이 노출되어 있는 것이 현실이다. 어리석게도 많은 사람들이 그런 미끼를 물고 음란의 영에 끌려 파멸의 길을 가고 있다. 음란물도 많은 수요자가 있기에 공급자도 늘어나고 있는 것이다. 당연한 말이지만 수요가 없으면 공급도 멈추게 되지만 그런 일은 없을 것이다. 혹시 우리가운데 그런 일에 수요자가 있다면 회개하고 당장 그런 죄에서 떠나야 한다. 앞으로 세상은 더욱 악해질 것이다. 더 상상을 초월하는 죄악이 범람할 것이다. 이미 전통적인 도덕과 윤리의 기준이 무너진 시대가 되었다. 예수님께서는 말세를 악하고 음란한 세대로 말씀하셨다. 지금이 악하고 음란한 말세이다. 그 악과 죄에서 자기를 지키자. 날마다 예수님을 의지하고 선한 싸움을 싸워 죄를 이기기를 바란다. 담임목사.



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 コラム : 二つの種類の知恵

コロナの感染拡大を避けるために教会の礼拝を非対面に転換させた教会が多い。ある牧師は、時代が求める教会の変革の答えが非対面礼拝であると言う。しかし教会の本質は集う共同体である。一緒に集わなければ教会の存在の意味を失うことになる。非対面礼拝が非常の時の一時的な対応の方案にはなり得る。だがそれが新しい礼拝の形態として定着するのは望ましくない。ワクチン接種に対しても賛否両論がある。ワクチンがコロナに対する

2021.08.22 コラム : コロナの経験

考えてみると、私は一生で多くの死の峠を超えてきた。子どものときから病気がちだった。さらに川や海に溺れたり、練炭のガスを吸い込んだり、建築現場で落ちたり、投げた石に頭を打ったり、足に釘が刺さったり、過労で倒れたりなどで死の危険を経験した。しかし今回のような苦しみの経験は初めてだった。コロナにかかって十日以上39度付近を行き来する高熱で苦しんだ。発病から十日後に救急搬送されて入院してから肺炎を引き起こ

2021.07.18 コラム : 滅びの道

誰かが聖書の教えの中で最も大切な教えは何かと聞くなら、躊躇なく「高慢となってはいけない」であると答えたい。本当にそうである。エデンの園で始まった人類の歴史もそれを証明する。最初の人間から高慢で罪を犯した故に死の道を歩んだ。以来、すべての人間の滅びの道は例外なく高慢から始まる。先週「どのように独裁者(暴君)となるのか」というドキュメンタリーを見た。近代の世界歴史の中でよく知られている代表的な独裁者を

Kommentare


記事: Blog2_Post
bottom of page