• 綾瀬東部教会

2020.03.29 御言葉 : あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。


聖書:出エジプト14:10-14

題目:あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。


本文の背景は、モーセの導きを受けているイスラエルの民たちが紅海の前で経験した歴史的な記録です。彼らはエジプトで400年以上奴隷生活をしていたが、主なる神様の約束されたカナン地に向かっていました。しかし、エジプトの王が軍隊を率いて追って来ました。前には紅海があり、後ろにはエジプトの軍隊がいて進みも退きもできない困った状況でした(1-9節)。そのときにイスラエルの民たちがモーセに向かって不満不平をぶつけます。11-12節が彼らの不信仰な姿をよく見せてくれることばです。


彼らの不満不平のことばは非常に恐れた思いから出てきました。しかし、注目するべきことはイスラエルの民たちは主に向かって叫んだとあります(10節)。彼らの命が危機に遭遇した状況でどれだけ一所懸命に叫んだでしょう。しかし、叫んで祈ったならば、さらに主を信頼して、心に平安を得て、主を待ち望むべきなのに全くそうではなかったということです。今日もそのような姿が多いです。祈りは祈りのままで、つぶやきはつぶやきのままです(Ⅰコリント10:10)。信仰の中の不信仰です。


 そのときにモーセが民に言いました。その内容は、第一、恐れではいけない。第二、しっかり立って(黙って)あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。第三、主があなたがたのために戦われる(13-14節)。さすがに、霊的な指導者であるモーセは民たちとは違います。民たちが見ることのできないものを見て、民たちが聞けないものを聞いて、民たちとは違うことばを語っています。民たちが不信仰に走っても最後まで信仰の姿を保っているのです(へブル3:6、14)。結果は主なる神様がモーセの信仰とことば通りに救われたのです(21-31節)。


現在コロナウイルスの感染が世界的に拡大しています。その為に人々が不安と恐れに追われています。さらに、外国では教会が礼拝に集うことができなくなって、集うと弾圧を受けることもあります。主が何故このようなことを与えられたのかその御心を全部て知ることはできません。しかし、必ず善き御心があると信じます(ローマ8:28)。主の御心を悟ることもできず、すぐにつぶやきや不満不平のことばを口から出さないでください。黙って主なる神様ご自身が私たちのために行われる救いを待ち望みましょう(エレミヤ29:11)。アーメン。


성경: 출애굽기14:10-14 제목: 너희를 위하여 행하시는 구원을 보라


본문의 배경은 모세의 인도를 따르는 이스라엘백성들이 홍해바다 앞에서 당한 일에 대한 역사적인 기록입니다. 그들은 애굽에서 400년 이상 노예로 살다가 하나님의 약속하신 땅을 향해 가고 있습니다. 그러나 애굽의 왕이 군사들을 이끌고 추격해오고 있습니다. 앞에는 홍해바다가 뒤에는 애굽 군사들이 있어서 진퇴양난의 상황이었습니다(1-9절). 그때 백성들이 모세를 향해서 원망의 말을 쏟아냅니다. 11-12절이 그들의 불신앙적인 모습을 보여주는 언사를 잘 나타내고 있습니다.


그들의 극한 원망의 말은 심히 큰 두려움에서 나온 것입니다. 그러나 주의하여 볼 것은 이스라엘백성들은 여호와께 부르짖었다고 했습니다(10절). 그들이 생명이 위태한 상황에서 얼마나 간절히 부르짖었겠습니까! 하지만 부르짖어 기도했으면 하나님을 더욱 신뢰하고 마음에 평안을 얻고 하나님께 소망을 두어야 하는데 전혀 그렇지 않았다는 것입니다. 오늘날에도 그런 모습이 많습니다. 기도는 기도대로 원망은 원망대로 입니다(고전10:10). 신앙 속의 불신앙인 것입니다.


그때 모세가 일어나서 백성들을 세가지로 권고합니다. 첫째는 두려워 말라. 둘째는 가만히 서서 하나님의 행하시는 구원을 보라. 셋째는 하나님께서 너희를 위하여 싸우실 것이다(13-14절). 역시 영적인 지도자 모세는 백성과 다릅니다. 백성들이 못 보는 것을 보고 백성들이 못 듣는 것을 듣고 백성들과는 다른 말을 하고 있습니다. 백성들이 불신앙으로 치달아도 끝까지 신앙의 모습을 견지하는 것입니다(히3:6, 14). 결과는 하나님께서 모세의 믿음과 말대로 구원하셨습니다(21-31절).


현재 코로나바이러스로 인한 감염사태가 세계적으로 확산되고 있습니다. 그로 인해 사람들이 두려움에 떨고 있습니다. 심지어 교회가 예배로 모이지 못하고 있고 모이게 되면 탄압을 당하는 일도 있습니다. 하나님께서 이런 일을 허락하신 뜻을 다 알 수 없습니다. 그러나 반드시 선하신 뜻이 있는 줄 믿습니다(롬8:28). 그분의 뜻을 깨닫지도 못하고 성급히 원망과 불평의 말을 내지 마십시오. 가만히 있으면서 하나님께서 행하시는 구원을 보기를 소망하시기 바랍니다(렘29:11). 아멘.



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。