• 綾瀬東部教会

2020.04.12 御言葉 : 復活されたイエス様

聖書:マタイ28:1-6      題目:復活されたイエス様


金曜日に十字架に付けられて墓に葬られたイエス様を、日曜日(主日)に墓まで訪ねていった女性たちがいました。そのとき大きな地震があり、墓を塞いであった石が動かされました。そして、天から降りてきた御使いが現れました。墓を守っていた番兵たちは怖くて震えながら死んだ人のようになりました。そのときに恐れている女性たちに御使いが言いました。イエス様はここにはいなくて、言われた通りに生き返ったと証言しました。そして、空いている墓を見せてくれました(5-6節)。


今日は御使いが語った内容を見ながらイエス様の復活を考えて見ましょう。それは三つで分けれいえます。第一、イエス様は墓にいないということです。すなわち、イエス様は死者の墓から探さないでという意味です。なぜなら、生き返ったからです。第二、言われた通りになったということです。復活とはある日突然起こったのはありません。事前に予言して備えられたとおりになったという意味です。第三、墓の中を見なさいということです。それは空いている墓が復活の確かな証拠であるという意味です。

私たちは復活について複雑に考える必要が全然ありません。聖書にあるとおりに本当に単純にそのまま信じれば良いのです。イエス様は墓にはいなくて、生きておられること、事前に言われました通りに復活されたこと、空いている墓を含めて復活の証拠が沢山あること、それは全てが事実です。一番、核心的な復活の証拠は私たちがイエス・キリストを信じて救われて主なる神様の子どもとなったことです。それはイエス様の復活を目撃した多くの歴史的な証人たちが殉教の血で伝えてくれたから可能だったのです(Ⅰコリント15:4-8)。


死んだ人物をミイラの状態にして保管しながら神格化することがあります。過去には主にエジプトで、現代には主にロシア、中国、ベトナム、北朝鮮などの共産圏の国でそのようなことを行っています。イエス様は歴史的な一番偉大な方でありますが、ミイラで保管する必要がありません。なぜなら、今も変わりなく生きておられるからです。復活の力でどんな力にも死の力にも打ち勝つことができるからです。そのような勝利の素晴らしい力を主イエス・キリストがくださいました(ローマ8:37;Ⅱコリント5:6-10;Ⅰテサロニケ4:13)。アーメン。


성경: 마태복음28:1-6              제목: 부활하신 예수님


금요일에 십자가에 못박히시고 무덤에 장사 지낸바 된 예수님을 주일 아침에 무덤으로 찾아간 여인들이 있었습니다. 그때 큰 지진이 있고 무덤을 막았던 돌이 옮겨졌습니다. 그리고 하늘로서 내려온 천사가 나타났습니다. 무덤을 지키던 자들은 무서워 떨다가 마치 죽은 사람처럼 되었습니다. 놀라고 무서워하던 여인들에게 천사가 말합니다. 예수님께서는 여기 계시지 않고 그의 말씀하시던 대로 살아나셨다고 증거합니다. 그리고 빈 무덤을 보여주기까지 합니다(5-6절).


오늘은 천사가 해준 말을 보며 예수님의 부활을 생각해봅니다. 그것은 세가지로 나눌 수 있습니다. 첫째는 그는 무덤에 없다는 것입니다. 즉 예수님을 죽은 자의 무덤에서 찾지 말라는 뜻입니다. 왜냐하면 살아계시기 때문입니다. 둘째는 그의 말씀하시던 대로 되었다는 것입니다. 부활은 어느 날 예고 없이 된 일이 아니라 미리 계획되고 준비된 예언대로 된 것이라는 뜻입니다. 셋째는 누우셨던 곳을 보라는 것입니다. 그것은 비어있는 무덤이 부활의 증거라는 것입니다.


우리는 부활에 대해서 복잡하게 생각할 것이 전혀 없습니다. 성경에 있는 대로 정말 단순하게 그대로 믿으면 됩니다. 예수님께서는 무덤에 없고 살아계시며 미리 예언하신 말씀대로 부활하셨고 빈 무덤을 포함하여 부활의 증거들이 수도 없이 많이 있다는 사실입니다. 가장 핵심적인 부활의 증거는 우리가 예수그리스도를 믿고 구원받은 하나님의 자녀가 된 것입니다. 그것은 예수님의 부활을 목격한 많은 역사적 증인들이 순교의 피로 전해주었기에 가능한 것입니다(고전15:4-8).


죽은 인물들을 미이라로 만들어 보관하며 신격화하는 일들이 있습니다. 과거에는 주로 이집트에서 현대에는 주로 러시아와 중국, 베트남, 북한 같은 공산국가에서 그런 일이 행해집니다. 예수님은 역사적으로 가장 위대하신 분이시지만 미이라로 보관할 필요가 없습니다. 왜냐하면 지금도 변함없이 살아계시기 때문입니다. 부활의 능력으로 그 어떤 죽음의 세력도 능히 이길 수 있도록 우리에게 승리를 주시기 때문입니다(롬8:37; 고후5:6-10; 살전4:13). 아멘.

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。