• 綾瀬東部教会

2020.05.11 御言葉 : パウロのことばよりも

聖書:使徒の働き27:1-12    題目:パウロのことばよりも


使徒パウロがローマの皇帝に裁判を受けるために移送される状況です。船に乗っていろいろな場所を通ってローマに向かっています。船を乗り換える過程で使徒パウロが予言をします。今回の航海に積荷や船体、そして人々にも大きな打撃と損害を受けるようになると言いました(10節)。しかし、移送の責任者である百人隊長は航海士や船長のほうを信用して航海をさせます。出発の時は穏やかな天気だったからです。しかし、まもなくその船は暴風が巻き込まれるようになります。パウロの言った通りになりました。


 本文には記録がありませんが、使徒パウロは聖霊の教えを受けて危険であるから航海を延期するように言ったでしょう。しかし、航海士や船長は違う意見でした。百人隊長が考えるときには専門家である航海士や船長の意見がより信頼ができたと思います。結局、パウロのことばは無視されてしまいます。でも、結果はパウロの予言の通りになりました。人々は専門家のことばを信奉する傾向があります。私たちは何よりも主なる神様のみことばの専門家のことばを優先して聞くべきです。


ペテロの専門は漁師です。彼が夜通し働きましたが何一つとれませんでした。その時にイエス様が彼に「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚を取りなさい」と言われました。イエス様は大工が専門です。しかし、ペテロはイエス様の言われたとおりに従い網が破れるほどの魚を取りました(ルカ5:1-6)。ソロモン王は父の教訓に聞き従うように子どもたちに教えました。それは自分が信仰の父ダビデに聞き従って知恵と多くの祝福を得た経験があるからです(箴言4:1-4)。


以前、韓国人が誰のことばを信頼しているか調査をした結果、一位が医者、二位が警察、三位が占い師でした。牧師として恥ずかしく思いました。ユダヤ人はラビ(律法の先生、宗教的指導者)のことばを一番に信頼すると言われます。それが主のみことばの専門家を信頼する知恵です。主のみことばは行いを清くし(詩編119:9)、望みで生かし(詩編119:49-50)、賢くし(詩編119:98)、人生の案内者となり(詩編119:105)、何よりも大切な信仰による救いを与えれくださいます(Ⅱテモテ3:15-17)。アーメン。



성경: 사도행전27:1-12 제목: 바울의 말보다


사도바울이 로마의 황제에게 재판을 받으려고 이송을 당하는 상황입니다. 배를 타고 여러 곳을 지나 로마로 향하고 있습니다. 배를 갈아타는 과정에서 사도바울이 예언적인 말을 합니다. 이번 항해에 배와 하물 그리고 사람들에게도 큰 타격과 손해를 입게 된다고 한 것입니다(10절). 그러나 이송의 책임을 맡은 백부장은 선장과 선주의 말을 믿고 항해를 시도합니다. 출발 당시는 순풍이 있었기 때문입니다. 그러나 이어 사도바울의 경고처럼 엄청난 광풍을 만나게 됩니다(14절).


본문에 직접적인 기록은 없지만 사도바울은 성령의 감동을 받고 위험하니 항해를 연기할 것을 제안했을 것입니다. 하지만 선장과 선주의 의견은 달랐던 것 같습니다. 백부장이 생각할 때는 아무래도 전문가인 선장과 선주의 말이 더 신뢰가 갔을 것입니다. 결국 바울의 말은 무시를 당하게 된 것입니다. 하지만 결과는 바울의 예고대로 되었습니다. 사람들은 전문가의 말을 신봉하는 경향이 있습니다. 우리는 무엇보다 하나님의 말씀의 전문가의 말을 우선적으로 들어야 합니다.


베드로의 전문은 어부입니다. 그가 밤을 새서 고기를 잡으려 했지만 허탕을 쳤습니다. 예수님께서 그에게 “깊은 데로 가서 그물을 내려 고기를 잡으라”고 하셨습니다. 예수님은 목수가 전문입니다. 그러나 예수님의 말씀대로 할 때 그물이 찢어질 정도로 많은 고기를 잡았습니다(눅5:1-6). 솔로몬왕은 아버지의 말을 잘 들으라고 아들들에게 권합니다. 그것은 자기가 믿음의 아버지 다윗의 말을 듣고 지혜와 많은 복을 받은 경험이 있기 때문입니다(잠언4:1-4).


전에 한국인이 누구 말을 제일 신뢰하는지 조사한 결과 1위가 의사 2위가 경찰 3위가 점쟁이였습니다. 목사로서 부끄러운 마음이 들었던 기억이 있습니다. 유대인들은 랍비의 말을 가장 신뢰한다고 합니다. 그것이 하나님 말씀의 전문가를 찾는 지혜입니다. 하나님의 말씀은 행실을 깨끗하게 하고(시119:9), 소망으로 살리시고(시119:49-50), 지혜롭게 하고(시119:98), 인생의 길잡이가 되고(시119:105), 무엇보다 중요한 믿음과 구원을 줍니다(딤후3:15-17). 아멘.



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.02.21 メッセージ:福音によって産んだ父

聖書:Ⅰコリント4:14-17 題目:福音によって産んだ父 前に、使徒パウロはコリント教会の信徒たちがどれだけ高慢で間違った信仰の状態だったのかを指摘しました(6-8節)。同時に自分と同役者たちは福音のためにどれだけ多くの苦難を受けているかを語りました(9-13節)。今日の本文は使徒パウロがそのような話をした理由を教えています。それは、コリント教会の信徒たちの過ちを明らかにして辱めるためではありま

2021.02.14 メッセージ:彼らの信仰を見て(信仰とは何か)

聖書:マルコの福音書2:1-12 題目:彼らの信仰を見て(信仰とは何か) イエス様が中風の人を癒されたことに関する内容です。5節を見ますとイエス様が「彼らの信仰を見て」大きな恵みを与えてくださいました。それでは信仰とは何でしょうか 第一、 イエス様のみもとに来ることです(1-3節) イエス様がいる家に多くの人がうわさを聞いて集まってきました。その時に、一人の中風の人を四人の人が担いでイエス様のみも

2021.02.07 メッセージ:私たちはこの世のちり

聖書:Ⅰコリント4:9-13 題目:私たちはこの世のちり 本文はコリント教会の信徒たちに対しての使徒パウロの叱りです。本文を通じて学ぶべき大切な教えは何でしょうか。 第一、 肉体の楽さの故に霊的に堕落した者たちです(10節)。 コリント教会の信徒たちの状態です。彼らはすでに満ち足りて、豊かになって、王様ぶっている者です(8節)。さらに、賢くて、強くて、栄誉を持っている者です(10節)。すなわち、霊

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com