top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.05.17 御言葉:元気を出しなさい

使徒パウロをローマに移送する船が暴風に巻き込まれて破船寸前になりました。人々は積荷を捨ててさらに三日目には船具までも投げ捨てました(18-19節)。何日も太陽も星も見えない日が続いているし暴風は止む気配もなくて救いの望みが消えた状態となりました(20節)。船にいる人々は死にそうな状況を見て不安と恐れに脅かされていたことでしょう。その時に使徒パウロがみんなに元気を出しなさいと言います。さらに命を失う者はいないから安心しなさいと励ましました(22,25節)。


大きな荒海に、何日も続く暴風に、船の積み荷と船具までも捨てた状況に、何日も何も食べてない状態に、救われる可能性のない現実にて誰が不安を感じないで、恐れないでいることができるでしょう。ところが、使徒パウロは違いました。むしろ、船に乗っている人々に元気を出しなさいと繰り返して言いながら励まして望みを与えています。信仰の人は人々に見れないものを見えて、聞けないことを聞けます。そして、それらを信じて、頼りにするからこそ大胆に前進することができます。


人々の不安と恐れに縛られる理由は、信じられるものがなくて、頼りにできる対象もないからです。しかし、信仰の人である使徒パウロは確かに主の御使いを見て、彼が伝えてくれた主なる神様のみことばを聞きました(23-24節)。そして、それがその通りになると信じました(25節)。すなわち、信仰が不安と恐れに打ち勝つ力となったのです。私たちもどうすることもできない大きな試練や苦しみに遭遇することがあります。それで、不安と恐れに飲み込まれるようになることもあります。それを打ち勝つ方法はただ信仰だけです。


具体的に私たちが信じるべきことは、第一、生きている主なる神様の全的な主権です(Ⅰサムエル2:6-7;箴言16:9;エレミヤ10:23)。主がすべてのことをご自分の御心を成されるために主権をもって動かされるのです。第二、主なる神様の約束のみことばです(ローマ1:2;4:20-21;Ⅱコリント1:20;Ⅰヨハネ2:25)。主のみことばは過去にも成されたですし、現在も成されているし、未来も成される約束です。主権信仰とみことば信仰、この二つがあれば、イエス様が世に打ち勝たれたように私たちも打ち勝ちます(ヨハネ16:33)。アーメン。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.09.19 メッセージ:あなたがたに対しては使徒です

聖書:Ⅰコリント9:1-2        題目:あなたがたに対しては使徒です コリント教会の信徒たちが使徒パウロに対していろいろと非難をしました。そのような言葉が使徒パウロの耳に入りました。それで、パウロはそのことに対して事実に根拠して答えます。非難の言葉が私的な領域のものなら耐えていたことでしょう。しかし、それは公的な内容であって教会に悪影響を与えるものだったので黙っていませんでした。私たちも他

2021.09.19 コラム:主を正しく知ろう

世が混乱している。世はいつも混乱であった。教会も混乱にあり、さらに酷くなっているように見える。教会の混乱が世の混乱を加速させたようで責任を感じる。混乱な世に正しい道を見せ、偽りの世に真理を現し、死んでいく世に命を伝えるのが教会の使命であるのに、その役割を担っていないようだ。教会が世を心配するべきなのに、世が教会を心配する現状がある。そのようになった根本な原因が何かと聞かれれば、「主の民たちが主をよ

2021.09.12 メッセージ:権利より愛

聖書:Ⅰコリント8:7-13        題目:権利より愛 今日の本文は先週に続く内容です。コリント教会の中で偶像に捧げた肉を食べても問題とないという意見と食べてはいけないという主張で分裂がありました。使徒パウロは偶像に対する知識を持っている人たちの強い態度を叱りました。むしろ、そのような知識を持っていない人たちを配慮する愛の心がより大切であると教えました。いつも強い者が弱い者を親切に世話し、愛

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page