top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.05.17 コラム:愛とは

一冊の本を読んでも、何冊も読んだかのように活用度が高い人がいる。反対に、何冊もの本を読んでも一冊の本の内容ほども活用ができない人もいる。正直に言うと、私は後者に当たる。読書が好きで様々な本を読んでいる。また、本を読みながら、共感することや覚えたい内容には線を引くか空白に感想を記録したりする。しかし、本を全部読んだらほとんどの内容は忘れてしまう。年のために記憶力が衰退しているのではなくて、若い時からもそうだった。長い間、このように読書の生産性が落ちる自分に対して不満があった。でも、最近は考えを変えた。一冊の本を読んでからそこで一つだけでも学んだこと、悟ったこと、残ることがあればそれで充分だと思えばよい。それでも本は読むべき価値があると自らを慰めるようになった。

最近「愛とは」という本を読んだ。ドイツ生まれのアメリカの精神分析学者であり、哲学者でもあるエーリヒ・フロムの著書である。この本は34か国の言語で翻訳されて、少なくても250万部以上売れたベストセラーである。230ページの本に共感できる内容が多くてすべてを覚えておきたかった。それはやはり欲心である。それで、強調点をまとめて共有したい。


第一、自分を愛すれば他人を愛することが可能であるという。その二つはどちらかを選ぶものではなくて自分を愛する人であれば、他人を自分を愛するように愛することができるという主張である。


第二、愛は感情ではなくて意志であるという。愛が感情であるなら互いに愛することを約束する根拠はないと言い切る。特に結婚が成立すれば意志の行為が愛の継続性を保証する。それで愛は徹底した意志と委任の行為であると語る。

第三、愛は対象ではなくてテクニックの問題であるという。例えば絵を描くときに絵が上手に描けないからと言ってモデルを何度変えても、絵の上手さは変わらないという指摘である。結局は自分が絵を描くテクニックを磨く努力をしなければ、良い絵が描けないのと同じ論理である。愛も同様で、愛のテクニックを磨く努力もなく相手に責任を擦り付けるから失敗で終わるという。そういえば、このような原理はすでにイエス様が教えられたものと一致する。イエス様も「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」と言われた。自分を愛することが隣人の愛に繋がるのである。イエス様も「敵までも愛しなさい」と言われた。感情ではなくて意志的な努力での愛である。イエス様も「自分にしてもらいたいことは自分からそのようにしなさい」と言われた。それが一番円滑で良い関係を作るために必要な愛のテクニックである。魯牧師。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.09.19 メッセージ:あなたがたに対しては使徒です

聖書:Ⅰコリント9:1-2        題目:あなたがたに対しては使徒です コリント教会の信徒たちが使徒パウロに対していろいろと非難をしました。そのような言葉が使徒パウロの耳に入りました。それで、パウロはそのことに対して事実に根拠して答えます。非難の言葉が私的な領域のものなら耐えていたことでしょう。しかし、それは公的な内容であって教会に悪影響を与えるものだったので黙っていませんでした。私たちも他

2021.09.19 コラム:主を正しく知ろう

世が混乱している。世はいつも混乱であった。教会も混乱にあり、さらに酷くなっているように見える。教会の混乱が世の混乱を加速させたようで責任を感じる。混乱な世に正しい道を見せ、偽りの世に真理を現し、死んでいく世に命を伝えるのが教会の使命であるのに、その役割を担っていないようだ。教会が世を心配するべきなのに、世が教会を心配する現状がある。そのようになった根本な原因が何かと聞かれれば、「主の民たちが主をよ

2021.09.12 メッセージ:権利より愛

聖書:Ⅰコリント8:7-13        題目:権利より愛 今日の本文は先週に続く内容です。コリント教会の中で偶像に捧げた肉を食べても問題とないという意見と食べてはいけないという主張で分裂がありました。使徒パウロは偶像に対する知識を持っている人たちの強い態度を叱りました。むしろ、そのような知識を持っていない人たちを配慮する愛の心がより大切であると教えました。いつも強い者が弱い者を親切に世話し、愛

Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page