• 綾瀬東部教会

2020.05.17 コラム:愛とは

一冊の本を読んでも、何冊も読んだかのように活用度が高い人がいる。反対に、何冊もの本を読んでも一冊の本の内容ほども活用ができない人もいる。正直に言うと、私は後者に当たる。読書が好きで様々な本を読んでいる。また、本を読みながら、共感することや覚えたい内容には線を引くか空白に感想を記録したりする。しかし、本を全部読んだらほとんどの内容は忘れてしまう。年のために記憶力が衰退しているのではなくて、若い時からもそうだった。長い間、このように読書の生産性が落ちる自分に対して不満があった。でも、最近は考えを変えた。一冊の本を読んでからそこで一つだけでも学んだこと、悟ったこと、残ることがあればそれで充分だと思えばよい。それでも本は読むべき価値があると自らを慰めるようになった。

最近「愛とは」という本を読んだ。ドイツ生まれのアメリカの精神分析学者であり、哲学者でもあるエーリヒ・フロムの著書である。この本は34か国の言語で翻訳されて、少なくても250万部以上売れたベストセラーである。230ページの本に共感できる内容が多くてすべてを覚えておきたかった。それはやはり欲心である。それで、強調点をまとめて共有したい。


第一、自分を愛すれば他人を愛することが可能であるという。その二つはどちらかを選ぶものではなくて自分を愛する人であれば、他人を自分を愛するように愛することができるという主張である。


第二、愛は感情ではなくて意志であるという。愛が感情であるなら互いに愛することを約束する根拠はないと言い切る。特に結婚が成立すれば意志の行為が愛の継続性を保証する。それで愛は徹底した意志と委任の行為であると語る。

第三、愛は対象ではなくてテクニックの問題であるという。例えば絵を描くときに絵が上手に描けないからと言ってモデルを何度変えても、絵の上手さは変わらないという指摘である。結局は自分が絵を描くテクニックを磨く努力をしなければ、良い絵が描けないのと同じ論理である。愛も同様で、愛のテクニックを磨く努力もなく相手に責任を擦り付けるから失敗で終わるという。そういえば、このような原理はすでにイエス様が教えられたものと一致する。イエス様も「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」と言われた。自分を愛することが隣人の愛に繋がるのである。イエス様も「敵までも愛しなさい」と言われた。感情ではなくて意志的な努力での愛である。イエス様も「自分にしてもらいたいことは自分からそのようにしなさい」と言われた。それが一番円滑で良い関係を作るために必要な愛のテクニックである。魯牧師。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.25 コラム : 鹿浜キリスト教会創立一周年

先週は鹿浜キリスト教会で連合礼拝を守った。二か月に一度はそちらで礼拝の説教をする。いつも同行する我が教会の信徒たちがいるので、自然と連合礼拝となる。鹿浜キリスト教会は昨年3月の初めの週から主日礼拝を守り始めたので、コロナ過での出発だった。いつの間にか我が教会から分離開拓をしてから一年を迎えた。以前として続くコロナ過であるが、教会に良い知らせがあるために感謝の心が大きい。紙面を通じてその感謝を分かち

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる