• 綾瀬東部教会

2020.06.28 御言葉 : 神に感謝し、勇気づけられた

聖書:使徒の働き28:11-15     

題目:神に感謝し、勇気づけられた


使徒パウロ一行はマルタ島で3か月間滞在した後再びローマに向かって航海をします。ついにポテオリというローマに近い都市に着きました。そこから陸地でローマまで移動することになります。ところが、驚くことはポテオリにはイエス様を信じる兄弟たちがいて、彼らがパウロを招いて七日間一緒に過ごすことになりました。また、ローマの兄弟たちもわざわざ遠くまで出迎えに来てくれました。そのためにパウロは神に感謝し、勇気づけられます(15節)。


本文で私たちはイエス様を信じる信仰の中で兄弟姉妹たちの信仰の交わりを見ることができます。それがいかに大切であり、必要であり、感謝を勇気を得る秘訣となるかを知るようになります。初代教会の信徒たちは毎日宮で集まって互いに信仰の交わりをしました(使徒2:42,46)。14節を見ますと信仰の交わりはまず会うこと、兄弟姉妹を招くこと、一緒に過ごすことであるのがわかります。イエス・キリストの中ではどんな人間的な壁も超えて同じ信仰、同じ聖霊で一つになれます(エペソ4:4-5)。


特に考えるべきことは、使徒パウロが囚人の身となって移送されている状況であることです。しかも、クリスチャンが迫害を受けている時代的な背景もあります。それでも関わらず、信仰の兄弟姉妹たちは自分たちの身の危険を甘んじてパウロを歓迎して一緒に信仰の交わりをしました。それが、真のイエス・キリストの中での愛の交わりです(ヨハネ13:34-35)。イエス様の中での真の兄弟姉妹の愛はすべての人間的な妨害となるものを乗り越える力あります(イザヤ19:23-25)。


コロナ事態のために起こった大きな変化は人と人との距離が遠くなったことです。対面社会から非対面社会と変わりました。そのような状況はさらに深化するでしょう。日本の総務省の発表によると単独世帯の比率が35%を超えて、増える一方です。さらに孤独死、孤立死も増えるでしょう。聖書は私たちに集まることをやめないで、かえってより集まって励まし合うようにと教えています(へブル10:25)。二人、三人でも集まって信仰の交わりをしましょう(マタイ18:19-20)。それが神に感謝し、勇気づけられることになると信じます。アーメン。



성경: 사도행전28:11-15

제목: 하나님께 감사하고 담대한 마음을 얻으니라


사도바울 일행은 석 달간을 멜리데섬에서 머문 후에 다시 로마를 향해 항해를 합니다. 드디어 보디올이라는 로마에 가까운 도시에 도착을 합니다. 그곳에서부터 육로로 로마까지 이동을 하게 됩니다. 그런데 놀라운 일은 보디올이라는 지역에 믿는 형제들이 있었고 그들이 사도바울을 초청하여 일주일을 함께 보내게 된 것입니다. 또한 로마의 형제들이 일부러 마중을 나와 사도바울을 영접합니다. 그로 인해 사도바울은 하나님께 감사하고 담대한 마음 즉 용기를 얻게 됩니다(15절).


본문에서 우리는 예수님을 믿는 믿음 안에서 형제자매의 신앙의 교제를 봅니다. 그것이 얼마나 소중하고 필요한 일이며 감사와 용기를 얻는 비결이 됨을 알 수 있습니다. 초대교회 성도들은 날마다 성전에 모여서 서로 믿음의 교제를 했습니다(행2:42,46). 14절을 보면 믿음의 교제는 서로 만나는 것이고 상대를 초청하는 것이고 함께 시간을 보내는 것임을 알 수 있습니다. 예수 그리스도안에서는 어떤 인간적인 장벽도 뛰어넘어 같은 믿음 같은 성령으로 하나될 수 있습니다(엡4:4-5).


특히 생각해볼 것은 사도바울이 죄수의 몸으로 이송되고 있는 상황이라는 것입니다. 또한 기독교인들을 박해하는 시대적 배경이라는 것입니다. 그럼에도 불구하고 믿는 형제들은 어떤 면에서 자기들의 위험을 감수하면서 사도바울을 형제로 환영하며 함께 믿음의 교제를 나누었습니다. 그것이 진정한 예수그리스도 안에서의 사랑의 교제입니다(요13:34-35). 예수님 안에서의 진정한 형제간 사랑은 모든 인간적인 방해 요소를 뛰어넘는 힘이 있습니다(사19:23-25).


코로나바이러스 사태로 인해 가장 큰 변화는 사람과 사람의 거리가 멀어진 것입니다. 대면사회에서 비대면사회로 달라졌습니다. 그런 상황은 갈수록 심화될 것입니다. 일본 총무성의 발표에 의하면 단독세대비율이 35%를 넘고 증가하고 있습니다. 갈수록 고독사, 고립사도 많아질 것입니다. 성경은 우리에게 모이기를 폐하지 말고 더욱 모이는 일에 힘쓸 것을 권했습니다(히10:25). 두 세사람이라도 모여서 믿음의 교제를 나누십시오(마18:19-20). 그것이 감사와 담대함을 줄 것입니다. 아멘.


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。