top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.07.05 御言葉 : イスラエルの望み

聖書:使徒の働き28:16-20

題目:イスラエルの望み


ローマに着いた使徒パウロには人々に会えるある程度の自由が与えられていたようです。彼はローマでユダヤ人の指導者たちを招いて対話をします。そこでパウロは集まった人々に自分の潔白とローマに来るようになった経緯を説明します。もちろん。ここでもパウロの意図はユダヤ人の指導者たちにイエス様を伝えようとしています。パウロは自分が鎖につながれている決定的な理由は「イスラエルの望み」のだめだと言っています(20節)。それではイスラエルの望みとは何でしょうか。


それはかつて主なる神様が約束されたメシアです(申命記18:15;イザヤ7:14)。聖書ではイエス様が来られること、聖霊が来られること、イエス様が再び来られることに関する約束です。今は二つが成し遂げられていて、最後のイエス様の再臨だけが残ってあります。ところが、ユダヤ人たちは旧約時代から今までもメシアが来ることを望んでいます。それをイスラエルの望みとしています。残念なのはその望みが来られたイエス・キリストによって成就しましたが、彼らは信じていないということです。


使徒パウロはイエス・キリストがイスラエルの望みとなることを伝えようとしています。私たちの望みもイエス・キリストです。望みは質的に二つです。一つは地上の望みです。この世に属する欲心と欲望を満たそうとすることです。それに関しては歴史的に地上で最高の贅沢な生活をしていた人がその全ては虚しいと言いました(伝道者の書1:1-2)。狐と酸っぱいぶどうの話ではありません。生々しい経験を通して得た結論です。富士山登頂のために経験者の話を聞いて参考にしたのが助けとなった記憶があります。


もう一つは天の望みです。それも同じく経験者の告白を通じて知ることができます。使徒パウロは第三の天(天国)に行ってきましたが、その世界が人間には語ることのできない驚く場所であると言いました(Ⅱコリント12:2-4)。それで、いつもそこに行くことを願っていました(ピリピ1:23)。イエス様も宝を地上ではなくて天に蓄えるようにと教えてくださいました(マタイ6:19-20)。私たちの望みが地上ではなくて天にあるからです。どうか、天の望みをしっかり握ってその望みの力ですべての苦しみを打ち勝ちましょう(詩編39:7;Ⅰテモテ4:10;Ⅰヨハネ3:3)。アーメン。



성경: 사도행전28:16-20

제목: 이스라엘의 소망


로마에 도착한 사도 바울에게는 사람들을 만나는 일에 어느 정도 자유가 허락된 듯 합니다. 그는 로마에서 유대인들의 지도자들을 청하여 대화를 나누게 됩니다. 그리고 모인 사람들에게 자기의 결백과 로마에까지 오게 된 경위를 설명합니다. 물론 여기서도 바울의 의도는 유대인 지도자들에게 예수님을 전하려는 것입니다. 바울은 자기가 쇠사슬에 매이게 된 결정적인 이유가 “이스라엘의 소망을 인하여” 라고 말합니다(20절). 그렇다면 이스라엘의 소망은 무엇입니까?


그것은 일찍이 하나님께서 약속하신 메시야입니다(신18:15; 사7:14). 성경에는 예수께서 오실 것과 성령께서 오실 것과 예수께서 다시 오실 것에 대한 약속이 있습니다. 지금은 두 가지가 이루어졌고 마지막 예수께서 다시 오실 것, 즉 재림만 앞두고 있습니다. 그런데 유대인들은 구약 때부터 지금까지도 오실 메시야를 기다리고 있습니다. 그것을 이스라엘의 소망으로 여기고 있는 것입니다. 안타까운 일은 그 소망이 오신 메시야 예수그리스도로 성취되었는데 여전히 믿지 않는다는 것입니다.


사도바울은 예수그리스도가 이스라엘의 소망이 됨을 전하려는 것입니다. 우리의 소망도 예수그리스도밖에 없습니다. 소망은 질적으로 두가지입니다. 하나는 세상 소망입니다. 땅에 속한 욕심과 욕망을 채우려는 것입니다. 그런데 역사적으로 땅에서 최고의 부귀영화를 누린 사람이 그 모든 것이 헛되고 헛되다고 합니다(전1:1-2). 여우와 신포도이야기가 아닙니다. 생생한 경험을 통한 결론입니다. 후지산등정을 위해 미리 경험자들의 말을 듣고 참고한 것이 크게 도움이 된 기억이 납니다.


또 하나는 하늘 소망입니다. 그것도 역시 경험자의 고백을 통해 알 수 있습니다. 사도바울은 삼층천(천국)에 다녀왔는데 그 세계가 말로 설명할 수 없을 정도로 놀라운 곳으로 묘사합니다(고후12:2-4). 그래서 늘 그곳에 가기를 원했습니다(빌1:23). 예수님도 보물을 땅에 쌓지 말고 하늘에 쌓으라고 가르쳐주셨습니다(마6:19-20). 우리의 소망이 땅이 아닌 하늘에 있기 때문입니다. 부디 하늘 소망을 붙드시고 그 소망의 힘으로 모든 어려움을 이겨냅시다(시39:7; 딤전4:10; 요일3:3). 아멘


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

コメント


記事: Blog2_Post
bottom of page