• 綾瀬東部教会

2020.07.12 御言葉 : 信じ人々と信じなかった人々

聖書:使徒の働き28:21-24

題目:信じ人々と信じなかった人々


ローマで縛られた身となった使徒パウロはそこのユダヤ人のおもだった人々を招いて福音を伝えました。まず、ユダヤ人のおもだった人々はパウロのついて何の知らせも受けてないし、悪いことを聞いたこともないと言いました。しかし、パウロが伝える宗派は至る所で非難があることを知っていると言いました。パウロは彼らを相手にして朝から晩まで福音を伝えました。旧約聖書のモーセの律法と予言者たちに書によってイエス・キリストについて語ったのです(23節)。


それで、そこに集まった人々の中でイエス様を信じる人々もいて、信じない人々もいました。ここで、私たちは同じ場所で、同じ人から、同じ言葉を聞いたのになぜ反応は異なるのかを考えてみる必要があります。信じる人々と信じない人々の究極的な違いは何でしょうか。その答えはまず、信じる人々は聖霊の助けを受けたからです(Ⅰコリント12:3)。反対に信じない人々はサタン(悪霊)の妨害があったからです(Ⅱコリント4:3-4)。


まず、聖霊の助けは、人々に罪と義と裁きについて教えられて罪を悟り悔い改めに至るようにすることです(ヨハネ16:7-11)。そして、サタンの妨害は人々の心に欲望と人殺し(憎しみ)と偽りで惑わすことです(ヨハネ8:44)。わかりやすく言えば、罪を悟って裁きを恐れて悔い改めてイエス・キリストの十字架の義を得れば聖霊によって救われて、反対に欲望に走って憎しみを抱えて、自らが義人であるかのようにふるまうとサタンによって救いを見逃すことになります。


信仰によって救いを受けることはすべての人に与えられることではありません(Ⅱテサロニケ3:2)。それでも主なる神様は救いを得る信仰を切に求める者には与えられます(マタイ7:7;ルカ11:13)。ですから私たちは信じないものとならないで信じる者となるべきです。すでに信じるならより強い信仰を求めてください。しかし、もし信じていないならイエス・キリストを信じる信仰を求めてください。それで信じる人に与えてくださる全世界より大切な永遠な命を得る救いを受けましょう。


アーメン。


성경: 사도행전28:21-24

제목: 믿는 사람과 믿지 않는 사람


로마에서 매인 몸이 된 사도바울은 그곳의 유대인 중 높은 사람들을 청하여 복음을 전합니다. 먼저 유대인들이 말하기를 사도바울에 대해서는 편지도 받은 적이 없고 좋지 못한 이야기를 듣지 못했다고 말합니다. 그러나 사도바울이 전하는 사상이 어디서든지 반대를 받는 것은 안다 합니다. 바울이 그들을 상대로 아침부터 저녁까지 강론하며 하나님의 나라를 증거합니다. 구약성경의 모세와 율법 선지자를 말했지만 궁극적으로는 예수그리스도를 전했습니다(23절).


그러자 그곳에 모인 사람들 중에 예수님을 믿는 사람도 있고 믿지 않는 사람도 있었습니다. 여기서 우리는 같은 자리에서 같은 사람에게 같은 말을 들었는데 왜 반응이 다르냐 하는 것을 생각해봅니다. 믿는 사람과 믿지 않는 사람의 궁극적인 차이가 무엇이냐는 것입니다. 그 대답은 먼저 믿는 사람은 성령하나님의 도우심이 있었기 때문입니다(고전12:3). 반대로 믿지 않는 사람은 사탄(악영)의 방해가 있었기 때문입니다(고후4:3-4).


우선 성령의 도우심은 사람에게 죄와 의와 심판에 대해서 가르침을 받고 죄를 깨달아 회개에 이르게 되는 것입니다(요16:7-11). 그리고 사탄의 방해는 사람의 마음에 욕심과 살인(미움)과 거짓으로 미혹하는 것입니다(요8:44). 쉽게 말하면 죄를 깨닫고 심판을 의식하여 회개하여 예수 그리스도의 십자가의 의를 얻으면 성령으로 구원 얻는 것이고, 반대로 여전히 욕심으로 살며 형제를 미워하고 거짓으로 스스로 의로운 척하면 사탄으로 구원을 놓치게 되는 것입니다.


믿음으로 구원 얻는 것은 모든 사람에게 주어지는 것이 아닙니다(살후3:2). 하지만 그럼에도 불구하고 하나님께서는 구원 얻는 믿음을 간절히 구하는 자에게 주십니다(마7:7;눅11:13). 우리 모두는 믿지 않는 자가 아니라 믿는 자가 되어야 합니다. 이미 믿음이 있다면 더 강한 믿음을 구하십시오. 하지만 만약 믿음이 없다면 예수그리스도를 믿는 믿음을 달라고 구하십시오. 그리하며 믿는 모든 자에게 주시는 천하보다 귀한 영원한 생명을 얻는 구원의 복을 누리시기 바랍니다.


아멘.



2回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.09.13 御言葉:あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい

聖書:Ⅰコリント1:26-31 本文は主なる神様が信徒たちを召してくださったことに関する教えです。主が私たちを召して神の知恵と、義と聖めと贖いをくださいました(30節)。使徒パウロが語った主の召しのことを考えてみます。 1. 召してくださった対象は誰でしょうか。 それは26節を見ますと、世の知者、権力者、身分の高い者が多くありません。27-28節にはむしろ世の愚かな者、世の弱い者、世の取るに足りな

2020.09.06 御言葉 : 十字架のことば

聖書:ⅠコリントⅠ:18-25 題目:十字架のことば 本文で使徒パウロはイエス・キリストの十字架のことばについて語っています。その特徴は何でしょうか。 第一、 十字架は愚かで弱く見えるということです(18-21節) 当時の十字架は罪びとを死刑にする方法です。しかも、一番凶悪な罪びとを殺す死刑の方法です。それは無能な敗北の象徴であり、主なる神様から捨てられた呪いの意味でした。そのために十字架を肯定的

2020.8.30 御言葉:同じ心、同じ判断

聖書:Ⅰコリント1:10-17 コリント教会の初めての問題は教会の紛争です。彼らは互いに党派を作って対立していました。彼らに対するパウロの態度と教えは何でしょうか。 1. 人を崇拝してついて行かないように言っています(12節) 教会の信徒たちがそれぞれパウロ、アポロ、ケパ(ペテロ)、キリストに属したといいながら派閥を作りました。ここで特徴的なことはキリストにつくと言っている人々です。彼らは人にはつ

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com