• 綾瀬東部教会

2020.07.19 御言葉 : 心は鈍くなり

聖書:使徒の働き28:25-27

題目:心は鈍くなり


使徒パウロからのイエス・キリストの福音を聞いたユダヤ人たちの反応は二つに分かれました。そのまま信じて救われた人もいて信じてない人もいました。信じた人より信じてない人がより多かったでしょう。そこでパウロは信じてない人たちに旧約聖書のイザヤ書を引用した語りました(イザヤ6:9-10)。それは主なる神様の御心を伝える使命を受けた予言者イザヤに与えてくださったみことばです。すなわち、みことばを聞く民たちの反応に対する予言です。


それを簡単にいえば、民たちが主なる神様のみことばを聞いても悟らないし、見ても分からないということです。それで主なる神様に癒されることもないと教えられました。ところが、より根本的なことは彼らの耳は遠くて、目はつぶっているのは彼らの心が鈍くなっている結果であると言われました。結論的に真理の福音を聞いても信じない人々は、まずはサタンの妨害を受けているからであり(Ⅱコリント4:3-4)、その次は彼ら心が鈍くなっているからであります(マタイ13:15)。


ここで心が鈍くなっているというのはその心が固くて暗闇の中に留まって光を探さないし、真理を求めない状態を意味します(ヨハネ3:19-21)。繰り返して言いますと、その心の関心事が地上のこと(暗闇、偽り)に集中していて天上のこと(光、真理)には無関心であることです。人はその心に関心を持っていることは目によく見えて、耳によく聞こえます。それで心が暗闇に関心を持てばその世界のことがよく見え、よく聞こえます。反対に光と真理に関心を持てばその世界のことがよく見えて、よく聞こえます。


私たちの中にイエス・キリストを信じていない方がいますか。心が鈍くなっているからです。イエス・キリストを信じてはいますが信仰の成長がない方がいますか。同じく心が鈍くなっているからです。暗闇のわざを打ち捨てて光の武具を着けましょう(ローマ13:11-14)。福音を聞いて救いを受けるチャンスがいつもあるのではありません(ルカ12:19-20;ヤコブ4:14)。本文で使徒パウロの伝道を受けてもチャンスを逃した人々のことが残念でなりません。私たちはすぐにイエス・キリストを受け入れて、すぐにイエス・キリストに従う信仰の道を歩む幸いな人生となりましょう。アーメン。



성경: 사도행전28:25-27

제목: 마음이 완악하여져서


사도바울이 전한 예수그리스도에 관한 복음을 들은 유대인들의 반응이 둘로 나누어졌습니다. 그대로 믿고 구원을 받은 사람도 있고 믿지 않은 사람도 있었습니다. 생각건대 믿는 사람보다 믿지 않는 사람이 더 많았던 것 같습니다. 그때 사도바울이 믿지 않는 무리들을 향하여 구약의 이사야서를 인용한 말을 합니다(사6:9-10). 그것은 하나님께서 주님의 뜻을 전하기 위해 나서는 이사야선지자에게 주신 것인데 말씀을 듣는 백성들의 반응에 대한 예언입니다.


그것을 간단히 요약하면 백성들이 하나님의 말씀을 들어도 깨닫지 못하고 보아도 알지 못한다는 것입니다. 그래서 하나님께로 돌아와 고침을 받지도 못한다고 가르쳐 주십니다. 그런데 보다 근본적인 것은 그들이 귀를 막고 눈을 감은 것 같은 상태인데, 그것은 그들의 마음이 완악하여 진 결과라는 것입니다. 결론적으로 진리의 복음을 듣고 믿지 않는 사람들은 먼저는 사탄의 방해를 받은 것이요(고후4:3-4). 그 다음은 그들 스스로의 마음이 완악하기 때문입니다(마13:15).


여기서 마음이 완악하다는 것은 그 마음이 어두움에 있고 빛으로 나아오지 않으며 진리를 좇지 않는 상태를 뜻합니다(요3:19-21). 다시 말하면 마음의 관심사가 어두움의 일들에 집중되어 있고 빛과 진리에는 무관심한 것입니다. 사람은 그 마음에 관심이 있는 일은 눈에도 잘 보이고 귀에도 잘 들리게 되는 것입니다. 그래서 마음이 어두움의 일에 관심을 두면 어두움이 잘 보이고 들리며, 빛의 일에 관심을 두면 빛이 잘 보이고 들리게 됩니다(요6:66-68).


우리 가운데 아직 예수그리스도를 믿지 않은 분이 있습니까? 마음의 완악함 때문입니다. 예수그리스도를 믿지만 성장하지 않는 분이 있습니까? 역시 마음의 완악함 때문입니다. 어두움의 일의 옷을 벗고 빛의 갑옷을 입어야 합니다(롬13:11-14). 복음을 듣고 구원을 얻을 기회가 항상 있는 것이 아닙니다(눅12:19-20; 약4:14). 사도바울의 전도를 받고도 기회를 놓친 사람들이 안타깝습니다. 우리는 당장에 예수님을 영접하고 당장에 예수님을 순종하는 복된 믿음의 길을 갑시다. 아멘.


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.09.13 御言葉:あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい

聖書:Ⅰコリント1:26-31 本文は主なる神様が信徒たちを召してくださったことに関する教えです。主が私たちを召して神の知恵と、義と聖めと贖いをくださいました(30節)。使徒パウロが語った主の召しのことを考えてみます。 1. 召してくださった対象は誰でしょうか。 それは26節を見ますと、世の知者、権力者、身分の高い者が多くありません。27-28節にはむしろ世の愚かな者、世の弱い者、世の取るに足りな

2020.09.06 御言葉 : 十字架のことば

聖書:ⅠコリントⅠ:18-25 題目:十字架のことば 本文で使徒パウロはイエス・キリストの十字架のことばについて語っています。その特徴は何でしょうか。 第一、 十字架は愚かで弱く見えるということです(18-21節) 当時の十字架は罪びとを死刑にする方法です。しかも、一番凶悪な罪びとを殺す死刑の方法です。それは無能な敗北の象徴であり、主なる神様から捨てられた呪いの意味でした。そのために十字架を肯定的

2020.8.30 御言葉:同じ心、同じ判断

聖書:Ⅰコリント1:10-17 コリント教会の初めての問題は教会の紛争です。彼らは互いに党派を作って対立していました。彼らに対するパウロの態度と教えは何でしょうか。 1. 人を崇拝してついて行かないように言っています(12節) 教会の信徒たちがそれぞれパウロ、アポロ、ケパ(ペテロ)、キリストに属したといいながら派閥を作りました。ここで特徴的なことはキリストにつくと言っている人々です。彼らは人にはつ

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com