• 綾瀬東部教会

2020.07.26 御言葉:ツェロフハデの娘たち

聖書:民数記27:1-11    

題目:ツェロフハデの娘たち


 イスラエルの民たちがカナンの地に入る直前のことです。カナンの地を征服するとその土地の分配を行います。その時に律法の基準は20歳以上の男性たちに土地の分配をします。ところが、ヨセフの子孫の中でツェロフハデという人がいましたが、息子はなく5人の娘だけを儲けて世を去ります。そしたら、その娘たちがモーセを訪ねて公開的に自分たちも土地の分配を受けるようにと求めます(1-4節)。これは時代的な状況を考えるととても勇気があり、大胆な行動であります。


 土地の分配を受けるということはとても負担となることです。その土地を耕して農業をしなければならないからです。敵の侵略から戦って守らなければなりません。何より主なる神様がくださった土地であるために子孫に受け継がせていかなければなりません。今のようにすぐに販売して現金化することができる試算ではなかったからです。それを女性5人で担って行こうとするのは、主なる神様からの所有地を切に求める思いとそれを守ろうとする徹底した意志でなければ不可能なことです。


 話を聞いたモーセの知恵を見ることができます。指導者として慣習に従ってツェロフハデの娘たちの要求を拒むこともできます。しかし、モーセはそれを主なる神様に告げて導きを求めます(5節)。自分の考えで判断しないで、主なる神様の御心を調べるのが知恵の秘訣です。その時に主はツェロフハデの娘たちの願いを叶えてあげるように言われます(6-7節)。それがただ、ツェロフハデの娘たちのことだけに限ってではなくて、その後の新しい法律として制定されます。ツェロフハデの娘たちの主張のために特例法案が生まれたといえます(8-11節)。


 ツェロフハデの娘たちを通じて主がくださる永遠な所有地を求めて、それを取るための積極性を学ぶことができます。イエス様は天の御国は激しく攻める者たちが奪い取るといわれまして(マタイ11:12)、求めて、探して、叩くべきだといわれました(マタイ7:7)。私たちが望んで求めるべき所有地は地上ではなくて天にあるものです。それは朽ちることも、汚れることも、消えて行くこともない資産です(Ⅰペテロ1:4)。エサウのように所有地を軽んじたり(へブル12:16-17)、天の御国で所有地を得ることに相応しくない行いから離れましょう(エペソ5:5)。天の御国の相続を待ち望みましょう。アーメン。



성경: 민수기27:1-11

제목: 슬로브핫의 딸들


이스라엘 백성들이 가나안 땅에 들어가기 직전의 일입니다. 가나안 땅을 정복하면 백성들이 땅 분배를 받게 됩니다. 그때 율법적인 기준은 만 20세이상의 남자들에게 기업을 나누게 됩니다. 그런데 요셉 자손중에 슬로브핫이라는 사람이 있었는데 아들이 없고 딸만 다섯을 두고 세상을 떠났습니다. 그러자 그 다섯 딸이 모세를 찾아와서 공개적으로 자기들도 땅을 기업으로 받게 해달라고 요구합니다(1-4절). 이것은 시대적 상황을 볼 때 매우 용기가 있고 담대한 행동입니다.


땅을 기업으로 받는다는 것은 매우 부담스러운 일입니다. 그 땅을 개간하여 농사를 지어야 합니다. 적의 침략을 받아 빼앗길 것을 경계해야 합니다. 무엇보다 하나님께서 주신 기업이기에 자손 대대로 지켜야합니다. 요즘처럼 얼른 팔아서 현금으로 쓸 수 있는 재산이 아니었기 때문입니다. 그것을 여자들 다섯이 감당하겠다 나서는 것은 먼저는 하나님께서 주시는 기업을 간절히 사모함과 그것을 지키겠다는 투철한 의지가 아니고는 불가능한 일입니다.


사연을 들은 모세의 지혜를 봅니다. 지도자로서 관습을 따라 슬로브핫의 딸들의 요구를 거절할 수도 있습니다. 그러나 모세는 그것을 하나님께 아뢰어 인도하심을 구합니다(5절). 자기생각으로 판단하지 않고 하나님께 여쭈는 것이 지혜의 비결입니다. 그때 하나님께서는 슬로브핫의 딸들의 요구대로 기업을 주라고 허락하십니다(6-7절). 그것이 단지 슬로브핫의 딸들에게만 아니라 이후에 새로운 법으로 제정됩니다. 슬로브핫의 딸들의 요구로 인해 특례법안이 생긴 것입니다(8-11절).


슬로브핫의 딸들을 통해 하나님께서 주시는 영원한 기업을 사모하며 그것을 취하려는 적극성을 배울 수 있습니다. 예수님은 천국은 침노하는 자의 것이라고 하셨고(마11:12), 구하고 찾고 두드리라 하셨습니다(마7:7). 우리가 구할 기업은 땅이 아닌 하늘에 있는 것입니다. 그것은 썩지 않고 더럽지 않고 쇠하지 않는 것입니다(벧전1:4). 에서와 같이 기업을 소홀히 여기거나(히12:16-17), 하나님 나라의 기업을 얻기에 합당치 못한 행실을 버려야 합니다(엡5:5). 하늘 기업의 상속을 소망합시다. 아멘.

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.09.13 コラム:人の判断

嘘には色があると言われる。まずは黒い嘘だ。それは完全に作り上げた事実無根の嘘である。次に灰色の嘘がある。それは嘘と真実を巧妙に混ぜたものである。最後に白い嘘がある。それは一部分の真実だけを語るものである。人々は黒い嘘に対しては強く非難をする。そして、灰色の嘘に対しても警戒する。ところが、白い嘘に対しては批判もなく受け入れて決まった事実のように信じる傾向がある。白い嘘の主犯はマスコミである。新聞、放

2020.09.13 御言葉:あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい

聖書:Ⅰコリント1:26-31 本文は主なる神様が信徒たちを召してくださったことに関する教えです。主が私たちを召して神の知恵と、義と聖めと贖いをくださいました(30節)。使徒パウロが語った主の召しのことを考えてみます。 1. 召してくださった対象は誰でしょうか。 それは26節を見ますと、世の知者、権力者、身分の高い者が多くありません。27-28節にはむしろ世の愚かな者、世の弱い者、世の取るに足りな

2020.09.06 御言葉 : 十字架のことば

聖書:ⅠコリントⅠ:18-25 題目:十字架のことば 本文で使徒パウロはイエス・キリストの十字架のことばについて語っています。その特徴は何でしょうか。 第一、 十字架は愚かで弱く見えるということです(18-21節) 当時の十字架は罪びとを死刑にする方法です。しかも、一番凶悪な罪びとを殺す死刑の方法です。それは無能な敗北の象徴であり、主なる神様から捨てられた呪いの意味でした。そのために十字架を肯定的

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com