• 綾瀬東部教会

2020.08.09 御言葉:主イエス・キリストのことを教えた

聖書:使徒の働き28:30-31

題目:主イエス・キリストのことを教えた


 今日は使徒の働きの最後の部分です。ローマで家宅で軟禁状態だった使徒パウロが何をしたかを知ることができます。


 彼は2年間で、

1.訪ねて来る人々を迎えて

2.大胆に、神の国を述べ伝え 

3.主イエス・キリストのことを教えました。

 

この時期にいろいろな聖書の手紙書も書きました。感謝すべきことは彼は伝道の働きを禁じられたり、迫害されることがありませんでした。当時世界の中心であったローマから福音が広がるように主なる神様が特別に守ってくださったためです。

 使徒パウロが家宅で軟禁状態であったのは西暦61-63年の頃だといいます。その後、釈放されましたが、西暦67年頃の皇帝ネロがクリスチャンを迫害するときに捕まってから殉教をしたといわれます。本文で私たちが学ぶべきことは使徒パウロが最後まで使命を尽くした信仰の姿です(ローマ1:14-17;ガラテヤ6:14)。いろいろな職業の中で、お金を稼ぐための目的でその職業を選ぶ人々がいます。しかし、使命感でその職業を選ぶ人々もいますが、それは主に人の命を守ることと関係します。私たちは人々に永遠の命を得させる働きのために選ばれたことを忘れてはいけません。

 イエス様の弟子たちは福音を伝えたために権力者たちから止めるように脅迫されましたが、諦めませんでした(使徒4:18-20)。ムチで打たれましたが、むしろそのことを喜びました(使徒5:40-42)。彼らが何のためにそこまでしましたか。それはイエス・キリストの十字架と復活が決して否めない明白な事実であり、自分たちはそのことを伝える使命を受けたからです。事実と使命がその理由です。イエス様は弟子たちに証人となるように言われましたが(使徒1:8)、「証人」はギリシャ語でマルテュースであり、殉教者という意味です。

 人々は全員死にます。そのような意味で全ての人生の結論は死です。表現を変えると人は死ぬために生きています。一番大切なことは死を備えることです。死の中ではより価値ある死があります。それは他の命を生かすために犠牲になる死です。イエス様と弟子たち、パウロがそのように死にました。私たちもそのように死ぬべきです。そのような者が天の星のように輝くし(ダニエル12:3)、永遠の命を受け継ぎますし(マタイ19:27-29)、義の栄冠を受けます(Ⅱテモテ4:7-8)。アーメン。


성경:사도행전28:30-31

제목:주 예수 그리스도께 관한 것을


 오늘은 사도행전의 마지막 부분을 보여줍니다. 로마의 가택에서 연금상태로 지내게 된 사도바울이 어떤 일을 했는가를 알 수 있습니다.


 그는 2년간의 시간 동안

1. 자기에게 오는 사람들을 영접하고

2. 담대히 하나님나라를 전파했고

3. 주 예수 그리스도에 관한 것을 가르쳤습니다.


 특히 이 시기에 성경의 여러 서신들을 기록했습니다. 감사할 것은 그의 전도사역을 금지하거나 박해하는 일이 없었다는 것입니다. 그것은 하나님께서 사도바울을 사용하시려고 도우신 것입니다.

 사도바울이 가택연금 된 시기는 주후61-63년 경이었다고 합니다. 그 후 일시 석방되었다가 주후67년 네로황제의 기독교박해 때에 붙들렸고 이어 순교했다고 합니다. 본문에서 우리가 배울 것은 사도바울의 끝까지 사명을 다하는 믿음의 모습입니다(롬1:14-17;갈6:14). 다양한 직업 중에서 돈을 버는 생계의 수단으로서 그 직업을 선택하는 사람들이 많습니다. 그렇지만 사명감을 갖고 그 직업을 택하는 사람들도 있습니다. 그런 직업은 주로 생명을 살리는 일과 관계가 있습니다. 우리는 사람들에게 영원한 생명을 얻게 하는 일을 위해 부르심을 받았습니다.

 예수님의 제자들은 복음 전도하다가 권력자들에게 중지하라고 협박을 받았지만 포기하지 않았고(행4:18-20), 채찍질을 당했지만 도리어 그것을 기뻐했습니다(행5:40-42). 그들이 무엇 때문에 그렇게까지 했겠습니까? 그것은 예수그리스도의 십자가와 부활이 명백한 사실이고, 자기들은 그것을 전하라는 사명을 받았기 때문입니다. 사실과 사명이 그 이유입니다. 예수님은 제자들에게 증인이 되라 하셨는데(행1:8), 증인은 헬라어 마루트스라는 말인데 순교자를 의미합니다.

 사람들은 모두 죽습니다. 그런 의미에서 모든 인생의 결론은 죽음입니다. 다른 표현으로 사람은 죽기 위해 사는 것입니다. 가장 중요한 것은 죽음을 준비하는 것입니다. 죽음 중에서 보다 가치 있는 죽음이 있습니다. 그것은 다른 생명을 살리기 위해 희생하는 죽음입니다. 예수님이 제자들이 사도바울이 그렇게 죽었습니다. 우리도 그런 죽음을 죽어야 합니다. 그런 자가 하늘의 별과 같이 빚나며(단12:3), 영생을 상속하며(마19:27-29), 의의 면류관을 받게 됩니다(딤후4:7-8). 아멘.

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.09.13 御言葉:あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい

聖書:Ⅰコリント1:26-31 本文は主なる神様が信徒たちを召してくださったことに関する教えです。主が私たちを召して神の知恵と、義と聖めと贖いをくださいました(30節)。使徒パウロが語った主の召しのことを考えてみます。 1. 召してくださった対象は誰でしょうか。 それは26節を見ますと、世の知者、権力者、身分の高い者が多くありません。27-28節にはむしろ世の愚かな者、世の弱い者、世の取るに足りな

2020.09.06 御言葉 : 十字架のことば

聖書:ⅠコリントⅠ:18-25 題目:十字架のことば 本文で使徒パウロはイエス・キリストの十字架のことばについて語っています。その特徴は何でしょうか。 第一、 十字架は愚かで弱く見えるということです(18-21節) 当時の十字架は罪びとを死刑にする方法です。しかも、一番凶悪な罪びとを殺す死刑の方法です。それは無能な敗北の象徴であり、主なる神様から捨てられた呪いの意味でした。そのために十字架を肯定的

2020.8.30 御言葉:同じ心、同じ判断

聖書:Ⅰコリント1:10-17 コリント教会の初めての問題は教会の紛争です。彼らは互いに党派を作って対立していました。彼らに対するパウロの態度と教えは何でしょうか。 1. 人を崇拝してついて行かないように言っています(12節) 教会の信徒たちがそれぞれパウロ、アポロ、ケパ(ペテロ)、キリストに属したといいながら派閥を作りました。ここで特徴的なことはキリストにつくと言っている人々です。彼らは人にはつ

©2019 by プロテスタント綾瀬東部教会. Proudly created with Wix.com