• 綾瀬東部教会

2020.10.04 御言葉 : 神の知恵

聖書:Ⅰコリント2:6-9

題目:神の知恵

使徒パウロは本文で神の知恵について説明しています。神の知恵の特徴は何でしょうか。

第一、 この世の過ぎ去る知恵ではありません(6節)

世の知恵とは何でしょうか。国語辞書を見ると「物事の道理を判断し処理していく心の動き」とあります。それは人々とも良い関係を保って世の中を生きる方法や手段をよく構築して適応する力ともいえるでしょう。聖書にはそれらが過ぎ去る知恵だと断定しています。しかし、神の知恵は次元が違います。それで、決して過ぎ去りません(伝道者の書12:12-14)。

第二、 隠された奥義です(7節上)

神の知恵はすべての人に知らされるものではなくて、特定な人だけに知らされます(マタイ11:25)。9節を見ますと主は神を愛する者のために備えてくださったとあります。すなわち、神を愛していない人はその知恵を見ることも、聞くことも、心に浮かべることもできません(イザヤ64:4)。私たちが主なる神様の隠された奥義を見て、聞いて、心に浮かべることができるのはどれだけ感謝なことでしょう。

第三、 私たちの栄光のために世界の始まる前に定められたことです(7節下)

 主なる神様が私たちの栄光のために世界の始まる前から、あらかじめ定められているものは8節にありますように栄光の主、すなわち、イエス・キリストです(エペソ1:4-5)。その栄光の主を信じれば私たちも栄光を得ることができます。罪の赦しを受けて聖なる栄光、生まれ変わった霊的な命を得る栄光、永遠の天国を受け継ぐ栄光、しかし、何より大きな栄光はこの地上を生きる間、主なる神様の子どもとされる特権を味わって生きることです(ヨハネ1:12)。

結局、上に言及された神の知恵は、すべてイエス・キリストのことです(Ⅰコリント1:24;コロサイ1:27)。過去、それを知らずに拒んで十字架につけて殺した人々がいました(ルカ23:34)。同じように今日もその方を知らないで信じることもなく滅びの道に歩みゆく人生が多いです。私たちがまずそのイエス・キリストを正しく知り、信じ、伝えるべきです。アーメン。


성경: 고린도전서2:6-9

제목: 하나님의 지혜

사도바울은 본문에서 하나님의 지혜에 대하여 설명하고 있습니다. 하나님의 지혜의 특징은 무엇입니까?

첫째, 세상의 없어질 지혜가 아닙니다(6절)

세상의 지혜는 무엇입니까? 국어사전을 보면 “사물의 이치를 빨리 깨닫고 사물을 정확하게 처리하는 정신적 능력”이라고 나옵니다. 그 말은 사람들과 잘 사귀며 세상을 살아가는 방법이나 수단을 잘 강구하고 대처하는 것을 말합니다. 성경에서는 그것은 없어질 지혜라고 단정짓습니다. 하지만 하나님의 지혜는 차원이 다릅니다. 그래서 결코 없어지지 않습니다(전12:12-14).

둘째, 비밀로 감추었던 것입니다(7절상)

보통 비밀은 모든 사람이 다 알게 하지 않고 특정한 사람만 알게 합니다(마11:25). 9절을 보면 하나님께서 자기를 사랑하는 자들을 위하여 알게 하신 것이라고 했습니다. 즉 하나님을 사랑하지 않는 사람은 그 지혜를 보지못하고 듣지못하고 마음으로 생각지 못하는 것입니다(사64:4). 우리가 하나님의 비밀의 지혜를 보고 듣고 생각하는 복을 누림이 얼마나 감사한 일인지 모릅니다.

셋째, 우리의 영광을 위해 만세 전에 정하신 것입니다(7절하)

하나님께서 우리의 영광을 위하여 미리 정하신 것은 8절에 있는 것 같이 영광의 주, 곧 예수 그리스도입니다(엡1:4-5). 그 영광의 주를 믿으면 우리도 영광을 얻게 됩니다. 죄를 용서받고 거룩하게 되는 영광, 거듭난 영적 생명을 누리는 영광, 영원한 천국의 기업을 잇는 영광, 그러나 가장 큰 영광은 이 땅을 살면서 하나님의 자녀의 권세를 누리며 사는 영광입니다(요1:12).

결국 위에서 언급한 하나님의 지혜는 곧 예수 그리스도입니다(고전1:24; 골1:27).과거에도 그분을 몰라서 거부하고 십자가에 못박아 죽인 것처럼(눅23:34), 오늘날도 그분을 몰라서 믿지 못하고 멸망 길을 가는 인생이 많습니다. 우리는 그분을 바로 알고 믿고 전해야 합니다. 아멘.

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。