• 綾瀬東部教会

2020.10.11 メッセージ:神の知恵Ⅱ

聖書:Ⅰコリント2:10-16

 先週は神の知恵が何かを学びました。今日は神の知恵の出所とそれを得た結果は何かを見てみます。


1.御霊が知らせてくださいました(10-11、13-15節)

使徒パウロは神の知恵は徹底して御霊によって知らされたと強調しています。その理由はまず、御霊が神の御心をすべて知っておられるからです。また、もう一つの理由は肉に属する生まれながらの人間は神の知恵を悟れないからです。私たちがイエス様を信じて救われたのも決して人ではなくて御霊によってできたことです(ヨハネ3:4-5)。


2.神の恵みによってくださいました(12節)

 神の知恵はイエス・キリストです。イエス・キリストを通して罪を赦されて、新生されて、復活の希望を得るようになったのはすべてが主なる神様の恵みの結果です。「恵み」とは資格のない者に何の条件もなくただで与えてくださるプレゼントです。そうです。すべての人は罪びとでその行いによって救われることはありません(ローマ11:6;Ⅰコリント15:10;エペソ3:7)。私たちは神の恵みがなければ滅びしかありません。


3.キリストの心をくださいました(16節)

神の知恵はイエス・キリストを教えて、イエス・キリストを信じさせて、イエス・キリストの心を持てるようにしてくださいます。すなわち、イエス・キリストの心を持つようになったのは神の知恵であるイエス・キリストを信じた結果です。そのためにイエス・キリストをより知るようになり、イエス・キリストをより見習うものとなります。イエス・キリストの心を持つようになれば謙遜と従順と仕える人となります(ピリピ2:5-8)。

世の知恵と神の知恵とは次元が異なるものです。主の御霊が自ら条件もなくくださった恵みを受けた私たちは感謝で反応しましょう。その結果で得たイエス・キリストの心で歩みましょう。アーメン。



성경: 고린도전서2:10-16 제목: 하나님의 지혜 2


지난 주는 하나님의 지혜가 어떤 것인지를 알아보았습니다. 오늘을 하나님의 지혜의 출처와 그것을 얻은 결과는 무엇인지를 살펴보겠습니다.


첫째, 성령께서 보여주신 것입니다(10-11,13-15절)

사도바울은 하나님의 지혜는 철저하게 성령으로 된 것임을 강조하고 있습니다. 그 이유는 먼저는 하나님의 성령께서 하나님의 속에 있는 모든 사정을 잘 알고 계시기 때문입니다. 또 하나의 이유는 육에 속한 사람, 즉 육신적인 생각으로는 도무지 하나님의 지혜를 깨닫지 못하기 때문입니다. 우리가 예수님을 믿고 구원받은 것도 결코 사람이 아닌 성령으로 된 것입니다(요3:4-5).


둘째, 하나님께서 은혜로 주신 것입니다(12절)

하나님의 지혜는 예수 그리스도입니다. 예수 그리스도를 통해 죄를 용서받고 거듭난 생명을 얻고 부활의 소망을 가진 자가 된 것은 순전히 하나님의 은혜의 결과입니다. “은혜”란 자격 없는 자에게 조건없이 거저 주는 선물입니다. 그렇습니다. 모든 사람은 죄인이요 행위로서 구원을 받을 수가 없습니다(롬11:6; 고전15:10; 엡3:7). 우리는 하나님의 은혜가 없다면 멸망 밖에 없습니다


셋째, 예수님의 마음을 가진 것입니다(16절)

하나님의 지혜는 예수 그리스도를 가르쳐주고 예수 그리스도를 믿게 하고 예수 그리스도의 마음을 갖게 합니다. 즉 예수 그리스도의 마음을 갖게 된 것은 하나님의 지혜 된 예수 그리스도를 믿게 된 결과입니다. 그로 인해 우리는 예수 그리스도를 더욱 알아가게 되고 예수 그리스도를 더욱 닮아가게 됩니다. 예수님의 마음을 갖으면 겸손과 순종과 섬김의 사람이 됩니다(빌2:5-8).

세상의 지혜와 하나님의 지혜는 차원이 다른 것입니다. 하나님의 성령께서 친히 조건없이 은혜로 주신 하나님의 지혜에 감사로 반응합시다. 그 결과로 얻은 예수님의 마음으로 살기 바랍니다. 아멘.


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。