top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.10.11 メッセージ:神の知恵Ⅱ

聖書:Ⅰコリント2:10-16

 先週は神の知恵が何かを学びました。今日は神の知恵の出所とそれを得た結果は何かを見てみます。


1.御霊が知らせてくださいました(10-11、13-15節)

使徒パウロは神の知恵は徹底して御霊によって知らされたと強調しています。その理由はまず、御霊が神の御心をすべて知っておられるからです。また、もう一つの理由は肉に属する生まれながらの人間は神の知恵を悟れないからです。私たちがイエス様を信じて救われたのも決して人ではなくて御霊によってできたことです(ヨハネ3:4-5)。


2.神の恵みによってくださいました(12節)

 神の知恵はイエス・キリストです。イエス・キリストを通して罪を赦されて、新生されて、復活の希望を得るようになったのはすべてが主なる神様の恵みの結果です。「恵み」とは資格のない者に何の条件もなくただで与えてくださるプレゼントです。そうです。すべての人は罪びとでその行いによって救われることはありません(ローマ11:6;Ⅰコリント15:10;エペソ3:7)。私たちは神の恵みがなければ滅びしかありません。


3.キリストの心をくださいました(16節)

神の知恵はイエス・キリストを教えて、イエス・キリストを信じさせて、イエス・キリストの心を持てるようにしてくださいます。すなわち、イエス・キリストの心を持つようになったのは神の知恵であるイエス・キリストを信じた結果です。そのためにイエス・キリストをより知るようになり、イエス・キリストをより見習うものとなります。イエス・キリストの心を持つようになれば謙遜と従順と仕える人となります(ピリピ2:5-8)。

世の知恵と神の知恵とは次元が異なるものです。主の御霊が自ら条件もなくくださった恵みを受けた私たちは感謝で反応しましょう。その結果で得たイエス・キリストの心で歩みましょう。アーメン。



성경: 고린도전서2:10-16 제목: 하나님의 지혜 2


지난 주는 하나님의 지혜가 어떤 것인지를 알아보았습니다. 오늘을 하나님의 지혜의 출처와 그것을 얻은 결과는 무엇인지를 살펴보겠습니다.


첫째, 성령께서 보여주신 것입니다(10-11,13-15절)

사도바울은 하나님의 지혜는 철저하게 성령으로 된 것임을 강조하고 있습니다. 그 이유는 먼저는 하나님의 성령께서 하나님의 속에 있는 모든 사정을 잘 알고 계시기 때문입니다. 또 하나의 이유는 육에 속한 사람, 즉 육신적인 생각으로는 도무지 하나님의 지혜를 깨닫지 못하기 때문입니다. 우리가 예수님을 믿고 구원받은 것도 결코 사람이 아닌 성령으로 된 것입니다(요3:4-5).


둘째, 하나님께서 은혜로 주신 것입니다(12절)

하나님의 지혜는 예수 그리스도입니다. 예수 그리스도를 통해 죄를 용서받고 거듭난 생명을 얻고 부활의 소망을 가진 자가 된 것은 순전히 하나님의 은혜의 결과입니다. “은혜”란 자격 없는 자에게 조건없이 거저 주는 선물입니다. 그렇습니다. 모든 사람은 죄인이요 행위로서 구원을 받을 수가 없습니다(롬11:6; 고전15:10; 엡3:7). 우리는 하나님의 은혜가 없다면 멸망 밖에 없습니다


셋째, 예수님의 마음을 가진 것입니다(16절)

하나님의 지혜는 예수 그리스도를 가르쳐주고 예수 그리스도를 믿게 하고 예수 그리스도의 마음을 갖게 합니다. 즉 예수 그리스도의 마음을 갖게 된 것은 하나님의 지혜 된 예수 그리스도를 믿게 된 결과입니다. 그로 인해 우리는 예수 그리스도를 더욱 알아가게 되고 예수 그리스도를 더욱 닮아가게 됩니다. 예수님의 마음을 갖으면 겸손과 순종과 섬김의 사람이 됩니다(빌2:5-8).

세상의 지혜와 하나님의 지혜는 차원이 다른 것입니다. 하나님의 성령께서 친히 조건없이 은혜로 주신 하나님의 지혜에 감사로 반응합시다. 그 결과로 얻은 예수님의 마음으로 살기 바랍니다. 아멘.


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Kommentare


記事: Blog2_Post
bottom of page