top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.11.08 メッセージ:賢い建築家

聖書:Ⅰコリント3:9-15

題目:賢い建築家


 使徒パウロは信仰生活を比喩をもって語っています。先週は植物を植えて、水を注いで、成長する原理で説明して、今日は家を建てる原理で教えています。それでは、どのようにすれば賢い建築家になれるでしょうか。


 第一、 良い土台の上に建てる者です(9-11節)


 家を建てるときに一番大切なのは基礎となる土台です。砂の上に建てる家と岩の上に建てる家とはその丈夫さが全然違います(マタイ7:24-27)。信仰の家の土台はただ一つイエス・キリストです。パウロはコリント教会の信徒にこの土台を据えました。今日、多くの人々が様々な宗教、修行、参禅、苦行、救済などの土台の上に家を建てています。私たちはイエス・キリスト以外の他の土台の上に家を建ててはいけません。


 第二、 良い材料で家を建てる者です(12節)


 使徒パウロは家を建てる材料として金、銀、宝石、木、草、わらを言及しました。金、銀、宝石は高い材料で、木、草、わらは安い材料として考えるのは誤解です。霊的に見ると、火に燃えない材料と燃える材料とを分けたことです。霊的に見ると火に燃えない材料は聖書の通りに信じて、そのみことば通りに従う信仰の姿勢を意味します(マタイ5:19)。もちろん、火に燃える材料はその反対です。


 第三、 建てた家が残る人です(13-15節)


 ここで、私たちが肝に銘じておくべきことは必ず家を建てた働きの真価を試す日が来るということです。それは火で現れます(マラキ4:1;Ⅰペテロ1:7;黙示録3:18)。火とは信仰生活の中で受ける様々な試練と苦しみ、艱難と迫害、病と死などです。その時を経てどんな土台にどんな材料で家を建てたかが明らかになります。結果的に建てた家が残る人と残らない人がいます。残った人は賞の報いを受けて、残らなかった人は損害を受けます。


 皆様は今どんな土台の上に、どんな材料で家を建てていますか。もし、すでに火によって焼かれてしまったのではありませんか。それでも、今日のみことばで新たな希望をもって再び信仰の家を建てましょう。どうか、火の中をくぐるようにして助かる救いではなくて、栄光の救いを受けますように主の御名で祝福いたします。アーメン。


성경:고린도전서3:9-15

제목: 지혜로운 건축자


 사도바울은 신앙생활을 비유적으로 설명하고 있습니다. 지난 주에는 식물을 심고 물주고 자라는 원리로 말했고, 오늘은 집을 건축하는 원리로 가르쳐주고 있습니다. 그렇다면 어떻게 해야 지혜로운 건축자가 될 수 있습니까?


 첫째, 좋은 터 위에 세우는 자입니다(9-11절)


 집을 짓는 일에 가장 중요한 것은 기초가 되는 터입니다. 모래 위에 세우는 집과 반석 위에 세우는 집은 견고함이 전혀 다릅니다(마7:24-27). 믿음의 집을 짓는 터는 오직 하나 예수 그리스도입니다. 사도바울은 고린도교회의 성도들에게 이 터를 닦아 두었습니다. 오늘날 많은 사람들이 다양한 종교, 수행, 참선, 고행, 구제 등의 터 위에 집을 짓고 있습니다. 우리는 예수 그리스도 외에 다른 터에 집을 짓지 않아야 합니다.


 둘째, 좋은 재료로 집을 짓는 자입니다(12절)


 사도바울은 집을 짓는 재료로 금, 은, 보석, 나무, 풀, 짚을 언급합니다. 모두 6가지입니다. 금, 은, 보석은 값비싼 재료이고 나무, 풀, 짚은 싼 재료로 오해하지 않아야 합니다. 본문의 의도는 불에 타는 것과 타지 않는 재료를 나누는 것입니다. 영적으로 볼 때 불에 타지 않는 재료는 성경말씀을 그대로 믿고 그 말씀대로 순종하는 믿음의 자세를 의미합니다(마5:19). 물론 불에 타는 재료는 그 반대입니다.


 셋째, 집을 세운 공력이 남는 자입니다(13-15절)


 여기서 우리가 명심할 것은 반드시 공력을 밝히는 날이 온다는 것입니다. 그것은 불로 오는 시험입니다(말4:1;벧전1:7;계3:18). 불 시험은 신앙생활 중에 당하는 여러가지 고난과 시련, 환난과 박해, 질병과 죽음 등입니다. 그때를 거치면서 평소에 어떤 터에 어떤 재료로 집을 지었는지 드러나게 됩니다. 결과적으로 공력이 남는 사람이 있고 공력이 불타는 사람이 있습니다. 공력이 남는 사람은 상을 받고 공력이 불타면 해를 받게 됩니다.


 지금 어떤 터 위에 어떤 재료로 집을 짓고 있습니까? 혹시 이미 불로 오는 시험을 겪어 다 타버린 상태는 아닙니까? 그래도 오늘 말씀으로 소망을 삼고 다시 믿음의 집을 지읍시다. 모두가 불 가운데 얻는 구원이 아닌 영광의 구원을 얻기를 주의 이름으로 축복합니다. 아멘.

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page