• 綾瀬東部教会

2020.8.23 御言葉 : 神の恵みの故に

聖書:Ⅰコリント1:4-9


コリント教会は多くの問題と過ちを犯した教会です。しかし、良い面もありました。使徒パウロは手紙の中で彼らの良い面を言及しながら、いつも神に感謝していると書きました。それは主なる神様がくださった恵みに根拠している内容です。それを具体的に見ると、



1. すべてのことばと知識に豊かな者とされたことです(5-6節)

 これは真理の知識を正しく悟って信じたことです。6節にあるようにイエス・キリストに対する証、すなわち十字架と復活に対する正しい福音に基づいた信仰がありました(ローマ10:2-3)。家を建てるときも基礎工事をしっかりすることが大切であるように、信仰生活もイエス・キリストに対する基礎的な信仰がしっかりすることが大切です。それがなければ信仰の成長もできないからです(ピリピ3:8)。


2. イエス・キリストの再臨を待ち望んだことです(7-8節)

 約2千年前に来られたイエス様を信じて救いを受けた人は再び来られるイエス様も信じます。二つは分離できません。コリント教会の信徒たちはイエス様の福音を信じて、また再臨も信じてそれを待ち望みました。それは天を仰ぎ見るだけではなくて、主なる神様がくださった賜物を通して主に用いられることです(コリント12章)。再臨なさるイエス様の御前で責められるところのない者となろうとする態度です(8節、コロサイ1:21-22)。


3. 主イエス・キリストとの交わりに入れられたことです(9節)

 イエス様の福音を信じて救われたことがすでに得たことであるなら、イエス様の再臨はこれから起こることであります。ところが、それ以上に大切なのは現在イエス様とともに交わる生活です。イエス様との交わりは完全な愛の交わりです。その愛の交わりが私たちに喜びと満足と幸せをくれます(ローマ15:24)。そして、その交わりは信じる信徒たちの愛の交わりに繋がります(ピリピ1:3-6)。


 イエス様の福音に対する堅い信仰と、イエス様の再臨を待ち望む信仰、そしてイエス様との愛の交わりを通じての信徒同士の円滑な交わりができる信仰の生活、私たちもそのような信仰で歩みましょう。アーメン。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。