top of page
  • 綾瀬東部教会

2020.8.30 御言葉:同じ心、同じ判断

聖書:Ⅰコリント1:10-17


コリント教会の初めての問題は教会の紛争です。彼らは互いに党派を作って対立していました。彼らに対するパウロの態度と教えは何でしょうか。


1. 人を崇拝してついて行かないように言っています(12節)

 教会の信徒たちがそれぞれパウロ、アポロ、ケパ(ペテロ)、キリストに属したといいながら派閥を作りました。ここで特徴的なことはキリストにつくと言っている人々です。彼らは人にはついて行かないように見えるかもわかりませんが、彼らも分離する立場をとっているために結局自分という人間の思いについて行く人々です。世の政治もそうですが、教会の中での紛争も人を中心として人を崇拝することに起因することが多いです。私たちは御霊の一致を熱心に保つべきです(エペソ4:3)。



2. パウロ派をより厳しく叱っています(13-17節)

 人間的に見ると自分についてくると言われれば、嬉しく思い褒めるはずです。しかし、パウロはむしろ、自分の名前で党派を作った人々を厳しく叱責します。パウロ自身が彼らのために十字架につけられたことでもなく、彼らがパウロの名によって洗礼を受けたわけでもないと強弁します。文脈を見るとコリント教会の信徒たちは自分に洗礼を授けてくれた人を中心として党派を作ったと考えられます。いくら恵みを受けた霊的な指導者であっても人を崇拝するのは決して正しい信仰ではありません(エレミヤ17:5)。


3. 皆が一致するようにと言っています(10節)

 同じ教会で信徒たちが一致するのに三つの原則があります。それは同じ心(ピリピ2:5-8)、同じ判断を(ヨハネ3:30)を保つことです。一言でいうと、イエス・キリストの心を抱くことです(コロサイ3:17)。その心は本当に単純で完全な謙遜です(Ⅰペテロ5:5-6)。そのように見ると殆どの紛争は高慢から来ます。自分を低くすることだけではなくて他人を尊重することも謙遜です。同じように自分で高ぶることだけではなくて他人を無視するのも高慢です。


 我が教会は信徒同士での紛争があってはいけません。もし、今紛争して互いに対立しているなら悔い改めて関係を回復しましょう。同時に人を崇拝することなく真理を信じて行きましょう。イエス・キリストの中で愛で一つとなる教会を立てて行きましょう。アーメン。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Σχόλια


記事: Blog2_Post
bottom of page