• 綾瀬東部教会

2021.01.03 メッセージ : 蒔いた通りに刈り取る

聖書:ガラテヤ6:7-10

題目:蒔いた通りに刈り取る

 本文はよく知られているみことばです。2021年、新年の初めの週に相応しいみことばとして受けましょう。現在は過去に蒔いた実を刈り取っているものです。同じように未来に良い実を刈り取るために現在に良いものを蒔かなければなりません。それに関する聖書の教えは何でしょうか。

第一、 思い違いをしてはいけないということです(7節)

思い違いをするのは何でしょうか。主なる神様が定められた真理で、変わらない自然法則は蒔いた通りに刈り取ることですが、それに反する態度を持つことです。例えば、蒔いてないのに刈り取ろうとする考え、少なく蒔いて多く刈り取ろうとする期待、悪いものを蒔いて良いものを刈り取ろうとする心などです(イザヤ3:10-11;ヨハネの黙示録20:12)。

第二、 御霊のために蒔くということです(8節)

これは肉体の欲望に従わないで御霊の導きによく従って歩むことを意味します。その理由は、肉の欲望に従うと死があり、主なる神様に反抗し、神を喜ばせることができませんからです(ローマ8:5-8)。当然なことに人々に祝福となる御霊の実を刈り取ることもできません(5:22-23)。

第三、 時期が来るまで蒔くということです(9節)

 種を蒔く働きに飽いてしまうことがあります。善で蒔いたのに悪で返ってくるように感じるからです。また、失望することがあります。実が願う時期に見えないからです。しかし、必ず実を刈り取る時期が来ます。主が定められた時があるからです。その時まで忍耐を持って最後まで蒔くべきです(詩編126:5-6;ヤコブ5:7-8)。

第四、 教会から蒔くということです(10節)

機会があるたびに善の種を一所懸命に蒔くべきです。すべての人に対してそうするべきです。しかし、順番で見るとまず信仰の共同体である教会から蒔くべきです。たまに、他人からは好評を受けているが、家族に悪評を受けている人がいます。近いところから蒔くのが正しいことです(Ⅰテモテ5:8)。

各自、今年の決心して一年間何を蒔くべきであるか真摯に考えてみてください。箴言15:1-2、4、7、23、28に根拠して新年には柔らかな、知恵のある言葉を蒔くことに集中しましょう。それで恵みの言葉の実を刈り取り、それを食べる家庭と教会となりましょう。アーメン。


성경: 갈라디아서6:7-10

제목: 심은 대로 거두리라

본문은 잘 알려진 말씀입니다. 2021년 새해 첫 주일에 합한 말씀으로 받습니다. 현재는 과거에 뿌린 것의 열매를 거두는 것입니다. 그런 면에서 우리가 미래에 좋은 열매를 거두기 위해 현재에 좋은 것으로 잘 뿌리고 심어야 합니다. 그에 관한 성경의 가르침은 무엇입니까?

첫째, 스스로 속이지 말라는 것입니다(7절)

스스로 속이는 것이 무엇입니까? 하나님께서 정하신 진리요 자연 법칙은 심은 대로 거두는 것인데 그에 반한 태도를 갖는 것을 말합니다. 예를 들면 심지 않고 거두려는 생각, 적게 심고 많이 거두려는 기대, 나쁜 것을 심고 좋은 것을 거두려는 마음 등을 말합니다(사3:10-11; 계20:12).

둘째, 성령으로 심으라는 것입니다(8절)

이것은 육체의 욕심을 따라가지 말고 성령의 인도하심에 잘 순종하여 따라가라는 것입니다. 그 이유는 육신을 따라가면 사망이요 하나님과 원수 되고 하나님을 기쁘시게 할 수 없기 때문입니다(롬8:5-8). 당연히 사람에게 복이 되는 성령의 열매도 거두지 못합니다(5:22-23).

셋째, 때가 될 때까지 심으라는 것입니다(9절)

심는 일에 낙심이 들기도 합니다. 선으로 심는데 악으로 돌아오는 것 같기 때문입니다. 피곤할 때가 있습니다. 열매가 원하는 시기에 보이지 않기 때문입니다. 그러나 반드시 열매를 거둘 때가 옵니다. 하나님께서 정하신 때가 있습니다. 그때까지 인내로 심어야 합니다(시126:5-6; 약5:7-8).

넷째, 교회에서부터 심으라는 것입니다(10절)

기회 있는 대로 선으로 부지런히 심어야 합니다. 모든 사람에게 그렇게 해야 합니다. 그렇지만 순서적으로 볼 때 먼저 믿음의 공동체 안에서 심어야 합니다. 가끔 타인에게는 호인으로 가족에게는 악인으로 평가받는 사람이 있습니다. 가까운 곳에서부터 심는 것이 바른 것입니다(딤전5:8).

각자가 올해 결심하고 무엇을 선한 것으로 심어야 할지를 생각해보시기 바랍니다. 잠언15:1-2,4,7,23,28에 근거하여 새해에는 유순하고 선한 말을 심는 일에 집중합시다. 그래서 은혜로운 말의 열매를 거두고 먹는 가정과 교회를 이루기를 바랍니다. 아멘.

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。