top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.02.28 メッセージ : オテニエル

聖書:士師記3:7-11

題目:オテニエル

今日は裁き司の時代で最初の裁き司として知られているオテニエルに関するみことばです(紀元前1200年頃)。士師記は裁き司たちの活動の記録です。「裁き司」とは裁判官又は指導者を意味します。すなわち、イスラエルが王の制度がなかった時に、主なる神様が時に合わせて裁き司たちを立てて統治させたことです。本文は士師記に現れた12名の裁き司たちの中で典型的な人物であるオテニエルに対する記録です。「オテニエル」は主は力である、という意味の名前です。彼はその名前の意味のように主の力を表すようになります。

モーセの後継者であるヨシュアがなくなってイスラエルの子孫がカナン地のいろいろな民族と混合して彼らの神々に仕えるようになりました(7節)。主はイスラエルにへの懲らしめとしてアラム・ナハライムの王の支配を受けて苦しむようにさせました(8節)。イスラエルがそのために主に叫び求めたら主は彼らに彼らを救うために一人の救助者を送りました。彼がオテニエルです(9節)。オテニエルは主の霊に満たされて戦い、アラムの王を押さえてイスラエルに40年間の平和の時をもたらしました(10-11節)。

本文で大切な教訓は大きく二つです。第一は、主なる神様は救う者を立てて、その民を救われるということ。第二は、救う者には主の霊の力で満たして戦いに勝利できるようにしてくださるということです。結果的にこれは主なる神様のご自分の民にに対する属性を教えてくださるものです。その民の裏切りと不信仰、偶像崇拝の罪を見ながらも滅ぼさせないで長く忍耐してくださる主(2ペテロ3:9)、持続的に赦しを与えてくださる主(マタイ18:21-22)、最後まで諦めないで愛をし続けてくださる主を見せてくれます(ヨハネ13:1)。

オテニエルを含めての裁き司たちは後に来るべき本当の救い主であるイエス・キリストを見せてくれます。オテニエルは私たちと同じような人間でしたが、救いの道具として用いられました。私たちもオテニエルのような信仰を求めましょう。主が自分を人を救うために立ててくださるように祈りましょう(イザヤ6:8)。そして、主の霊の力で満たして新たな力をくださるように祈りましょう(マルコ1:10;使徒2:1-4)。そのように人を救うために用いられる人生こそが、真に生きる意味を悟った幸せな人生となります。アーメン。

성경: 사사기3:7-11

제목: 옷니엘

오늘은 사사 시대의 첫 사사로 알려진 옷니엘에 대한 말씀입니다(주전1200년경). 사사기는 사사들의 활동의 기록입니다. “사사”란 재판관 또는 지도자를 뜻합니다. 즉 이스라엘이 왕정시대가 아니었기 때문에 하나님께서 때를 따라 사사들을 세워서 통치하신 것입니다. 본문은 사사기에 나타난 12명의 사사들의 가장 전형적인 인물 옷니엘에 대한 기록입니다. “옷니엘”은 하나님은 능력이시다 라는 뜻을 가진 이름입니다. 그가 이름의 뜻처럼 하나님의 능력을 나타내게 됩니다.

모세의 후계자 여호수아가 죽고 이스라엘 자손이 가나안의 여러 족속과 혼합하여 그들의 신을 섬기게 되었습니다(7절). 하나님께서 그에 대한 징계로 메소보다미아의 왕을 통해 이스라엘을 지배하며 고통을 당하게 하셨습니다(8절). 이스라엘이 그로 인해 하나님께 부르짖자 하나님께서는 그들에게 구원자를 보내주십니다. 그가 옷니엘입니다(9절). 옷니엘은 하나님의 신에 도우심을 입어 메소보다미아의 왕을 무찌르고 사사로 다스리는데 그때 40년간 태평시대가 옵니다(10-11절).

본문에서 중요한 교훈은 크게 두가지 입니다. 첫째는 하나님께서 구원자를 세우셔서 그의 백성을 구원하신다는 것 둘째는 구원자에게 하나님의 신으로 함께 하여 싸움에서 이기게 하신다는 사실입니다. 결과적으로 이것은 하나님의 자기 백성에 대한 속성을 보여줍니다. 그 백성들의 배반과 완악한 우상숭배의 죄를 보시면서도 멸망시키지 않으시고 오래 참아 주시고(벧후3:9) 지속적으로 용서하여 주시고(마18:21-22) 끝까지 포기하지 않으시는 사랑을 보여줍니다(요13:1).

옷니엘을 포함한 사사들은 장차 오실 참된 구원자 예수그리스도를 예표합니다. 옷니엘은 우리와 성정이 같은 사람인데 구원의 도구로 쓰임 받았습니다. 우리도 온니엘과 같은 믿음을 구해야 합니다. 하나님께 나를 사람을 구원하는 일을 하도록 세워달라고 기도합시다(사6:8). 그리고 하나님의 신으로 나에게 임하여 새로운 힘을 달라고 기도합시다(막1:10; 행2:1-4). 그렇게 사람을 구원하는 일에 쓰임 받을 때 사는 것의 진정한 의미를 깨닫는 행복한 인생이 됩니다. 아멘.

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page