• 綾瀬東部教会

2021.03.28 メッセージ:父よ。彼らをお赦しください。

聖書:ルカの福音書23:32-34

題目:父よ。彼らをお赦しください。


 受難の週です。本文はイエス様が十字架につけられた時の状況を見せてくださいます。イエス様の左右に二人の犯罪人が十字架の死刑を受けました。ところが、その二人のイエス様に対する反応が全然異なります。片方の犯罪人はイエス様を侮辱して拒みましたが、他の犯罪人はイエス様を信じて救いを受けたからです(39-43節)。今日もイエス様を間において信じるか信じないかが分かれます。それが人類の受ける最後の審判の時も同じような姿に現れます(マタイ25:31-46)。


 十字架はキリスト教の象徴であり、中心であり、核心であります。十字架のないキリスト教はありません。事実、十字架は元々刑罰であり、恥であり、苦しみであり、死であり、呪いであります。少なくてもイエス様が十字架で死なれる前まではそのような否定的な意味以外にはありませんでした。十字架の価値が明らかになったのは十字架で死なれたイエス・キリストの故です。イエス様のいない十字架は愚かなもでしかありません。しかし、イエス様のいる十字架は救いを受ける神さの力です(Ⅰコリント1:18)。


 十字架が持っている神の力を並べるととても多いです。その中で本文に現れた力を見てみます。それは赦しの力です。イエス様は十字架につけられて苦しんで死にながらもご自分を敵対して十字架につけた者たちの赦しを求める祈りをしました。彼らが父なる神様も、その御子イエス様も、罪も、救いも、真理も分からないからこのようなことをしているので赦してくださいと御父に懇願しました。十字架の血からは自分を殺す者までも赦すことのできる力です。


 イエス様だけがこのようなことをするものではありません。キリスト教の最初の殉教者である初代教会のステパノ執事も同じ姿でありました(使徒7:59-60)。そして、歴史的に多くの殉教者たちも同じく行いました(マルコ11:25)。イエス様の十字架で罪の赦しを受けた人は誰でも赦すことができます。それは人の理性でも、感情でも、意志でもできませんが十字架の力で出来ます(エペソ4:32)。今まで赦すことができなかった人に対しても十字架で赦しを宣言してください。そして自由を味わいましょう。


성경: 누가복음23:32-34

제목: 아버지여 저희를 사하여 주옵소서


 고난 주간입니다. 본문은 예수님께서 십자가에 달리신 때의 상황을 보여줍니다. 예수님의 좌우에 두 명의 죄수도 함께 십자가의 사형을 받았습니다. 그런데 그 둘의 예수님께 대한 반응이 전혀 다릅니다. 한편의 죄수는 예수님을 모욕하고 거부했지만 다른 한편은 예수님을 믿고 구원을 받았기 때문입니다(39-43절). 오늘날도 예수님을 사이에 두고 믿느냐 안 믿느냐 나누어집니다. 그것이 인류가 받게 될 최후의 심판의 날에도 동일한 모습으로 나타나게 됩니다(마25:31-46).


 십자가는 기독교의 상징이요 중심이요 핵심입니다. 십자가가 없는 기독교는 없습니다. 사실 십자가는 원래의 의미는 형벌이고 수치이고 고통이고 죽음이고 저주입니다. 적어도 예수님께서 십자가에 죽기 전까지의 십자가는 그런 부정적 의미 외에는 없었습니다. 십자가가 가치를 발하는 것은 십자가에 죽으신 예수 그리스도 때문입니다. 예수께서 계시지 않는 십자가는 미련한 것뿐이지만 예수께서 계신 십자가는 구원을 얻는 하나님의 능력입니다(고전1:18).


 십자가가 지닌 하나님의 능력을 열거하면 수도 없이 많습니다. 그중 본문에 나타난 능력을 살펴봅니다. 그것은 용서의 능력입니다. 예수님께서는 십자가에 매달려 고통을 받으시고 죽어가면서도 자신을 대적하고 십자가에 못박은 자들의 용서를 기도했습니다. 그들이 하나님도 그의 아들 예수도 죄도 구원도 진리도 몰라서 이런 짓을 하는 것이니 용서해달라고 성부께 부탁을 드렸습니다. 십자가의 능력은 자기를 죽이는 자도 용서할 수 있는 능력입니다.


 예수님만 이런 일을 하실 수 있는 것은 아닙니다. 기독교 최초의 순교자인 초대교회 집사 스데반도 같은 모습을 보였습니다(행7:59-60). 그리고 역사적으로 많은 순교자들이 같은 모습으로 행했습니다(막11:25). 예수님의 십자가로 죄의 용서를 받은 사람은 누구든지 용서할 수 있습니다. 그것은 사람의 이성도, 감정도, 의지도 안되지만 십자가의 능력으로 됩니다(엡4:32). 지금까지 용서하지 못했던 사람에 대해 십자가로 용서를 선언하십시오. 그리고 자유를 누리십시오. 아멘.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。