• 綾瀬東部教会

2021.04.04 メッセージ:もし、死者の復活がないのなら

聖書:Ⅰコリント15:12-22

題目:もし、死者の復活がないのなら


 コリント教会は使徒パウロの福音伝道によって立てられた教会です。当然なことですが、使徒パウロはいつもイエス・キリストの十字架の使徒復活を伝えました。ところが、12節を見ますとコリント教会に復活はないと言っている人がいました。それは今日も同じことがあるのを見せてくれます。教会の外にイエス様を知らないで信じない人ではなくて、教会の中のイエス様を信じると言っている人がいざイエス様の復活を信じない矛盾があるということです(Ⅱテモテ2:18)。


 使徒パウロは彼らが言っているように本当に復活がないのならどのようななるかを想定して答えています。

 

 第一、イエス様の復活もない(13.15.16節)。

 第二、私たちの信仰は実質のないものである(14節)。

 第三、伝道者は偽証した者となる(15節)。

 第四、今もなお、自分の罪の中にいる(17節)。

 第五、キリストにあって眠った者たちは滅んでしまっている(18節)。

 第六、イエス様を信じる者たちがすべての人の中で一番哀れな者となる(19節)。


復活がなかったら本堂にそのようになります。


 20節の「しかし」は前に言及された内容を全面的に否定する意味であります。すなわち、復活は必ずあるという弁証です(マタイ16:21、17:22-23、20:18-19)。第一、イエス様が復活の初穂となられたからです(20節)。初穂が復活であるなら次の実も復活です。第二、死が人から来たように復活も人を通して来ます。正確に言えば、アダムの罪がすべての人を殺したようにイエス様の復活がすべての人を生かすのです(21-22節)。ハレルヤ!


 殆どの人は復活を信じません。死んだら終わりだと考えます。本当に復活があるならどうされますか。イエス様の十字架の贖いの死と復活で命を与えてくださったことを信じなければ永遠の滅びに至ります(ヨハネ5:29、11:25-26)。イエス様の歴史的な復活の事実を偽りだと立証することは不可能です。それを事実として立証できる証拠が多いからです。一番強力な証拠は多くの迫害の中で教会が存続したことであり、私たちがイエス様を信じて新生したことにあります(使徒24:15;ピリピ3:10-11)。アーメン。


성경: 고린도전서15:12-22

제목: 만일 죽은 자의 부활이 없으면


 고린도교회는 사도바울이 복음전도를 하여 세워진 교회입니다. 당연한 말이지만 사도바울은 항상 예수 그리스도의 십자가의 죽으심과 부활하심을 전했습니다. 그런데 12절을 보면 고린도교회에 부활이 없다고 말하는 사람들이 있었습니다. 그것은 오늘날에도 같은 일이 있다는 것을 보여줍니다. 교회 밖의 예수님을 모르고 믿지 않는 사람들이 아니라 교회 안에 예수님을 믿는다고 하는 사람들이 정작 예수님의 부활을 믿지 않는 모순이 있다는 것입니다(딤후2:18).


 사도바울은 그들이 말하는 것처럼 정말 부활이 없다면 어떻게 되겠는가 하는 가정을 전제로 대답을 하고 있습니다.


 첫째 예수님의 부활도 없다(13,15,16절).

 둘째, 우리의 믿음이 헛것이다(14절).

 셋째, 전도자는 거짓말장이가 된다(15절).

 넷째, 여전히 죄 가운데 있을 것이다(17절).

 다섯째, 그리스도 안에 잠자는 자도 망한다(18절).

 여섯째, 예수님을 믿는 사람들이 모든 사람가운데 가장 불쌍한 자가 된다(19절).


부활이 없다면 정말 그렇게 됩니다.


 20절의 “그러나”는 앞서 언급한 내용들을 전면적으로 뒤집는 것을 의미합니다. 즉 부활은 반드시 있다는 변증입니다(마16:21,17:22-23,20:18-19). 첫째, 예수님께서 부활의 첫 열매가 되셨기 때문입니다(20절). 처음 열매가 부활이면 그 다음 열매도 부활입니다. 둘째, 죽음이 사람에게서 왔기 때문에 부활의 생명도 사람에게서 오는 것입니다. 정확히 말하면 아담의 죄가 모든 사람을 죽인 것처럼 예수님의 부활이 모든 사람을 살리게 되는 것입니다(21-22절). 할렐루야!


 대부분의 사람들은 부활을 믿지 않습니다. 죽으면 끝난다고 생각합니다. 정말 부활이 있다면 어떻게 하시겠습니까? 예수님의 십자가의 대속의 죽으심과 부활로 생명 주심을 믿지 않으면 영원한 멸망에 처하게 됩니다(요5:29, 11:25-26). 예수님의 역사적 부활을 거짓이라고 입증하는 일은 불가능합니다. 그것이 사실인 증거가 많기 때문입니다. 가장 강력한 증거는 그 많은 박해 속에서도 교회가 존속된 것이요, 우리가 예수님을 믿고 거듭난 것입니다(행24:15; 빌3:10-11). 아멘.

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13 題目:あなたがたの中から除きなさい。 使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。 第一、罪を犯すノンクリス

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。