top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。

*이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다.


聖書:第一歴代誌28:9-10

題目:聖所となる宮を建てさせるために

今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる神さまを中心とする国であり、国王であっても真の王であられる主なる神さまに従わなければならない国なのです。ダビデはその働きを息子ソロモンに託しました(Ⅰ歴代誌28:6)。今日のみことばは、神の宮を建てる使命を任された者がどのような資質を持たなければならないかを教えてくれます。

1.あなたの父の神を知りなさい(9節) ダビデはソロモンに自分の恐れ信じてきた主なる神さまを知りなさいと言います。ここで「知る」という言葉はヘブライ語で体験的に知るという意味を持っています(創世記4:1)。ソロモンは幼い頃から父の信じる神さまについて教わってきました。しかしまだ父ダビデのように主を自分の神として体験的に知っていなかったようです。主を知る人は主に対する強い信頼があります。そして主を知る人は、主のみこころは何かをよく知っています。このような人がどこに行っても神の宮を建てることができるのです。

2.全き心と喜ばしい心持ちをもって神に仕えなさい(9節) 神に仕える者は心から、喜んで自発的であるべきです。主は人のすべての心を探り求め、読み取られるお方です。主は神の宮という建物自体を望んでおられるのではなく、主を愛し、主を王としてお迎えするために宮を建てようとするソロモンの心を求められたのです。主は私たちの心を求められます。生きた信仰生活をしている人は周りにも良い霊的影響を与え、神の宮を建てることができるのです(ローマ12:1-2)。

3.心に留めて、勇気を出して実行しなさい(10節) 壮大なプロジェクトを前にソロモンは自信を持てなかったかもしれません。ここでダビデは心に留めなさいと言います。それは主がソロモンを神の宮を建てさせるために特別に「選ばれた」ということです。だからすることはただ一つ、それを信じて勇気を出して実行することだと言うのです(ヨシュア1:5-9)。主は私たち一人一人をご自分の民として選び、栄光を現わしたいと願っておられます。どこにおいても、主を認め、従い仕えるなら、主は私たちを通して栄光を現わされるのです。

イエスさまを信じる私たちはみな聖霊の宿る神の宮です(Ⅰコリント3:16)。置かれた場所どこでも上の3つ資質を持って主の栄光の宮を建てましょう! アーメン。

성경: 로마서8:28

제목: 하나님의 일하심

사도바울은 로마교회의 성도들에게 중요한 믿음의 교훈을 하고 있습니다. 그것은 하나님의 일하심에 관한 것입니다. 본문을 통해 하나님께서는 어떻게 일 하시는지 살펴봅니다.

첫째, 하나님의 일하시는 대상은 누구입니까? “하나님을 사랑하는 자, 곧 그 뜻대로 부르심을 입은 자들”입니다. 자기 자녀를 버리고 남의 자녀를 위해 열심히 일하는 아버지는 없을 것입니다. 우리는 하나님의 사랑을 입고 부르심을 받은 구원받은 자녀입니다. 우리의 아버지 되신 하나님께서 우리를 위해 일을 하시는 것입니다.

둘째, 하나님의 일하시는 범위는 어디입니까? “모든 것”이라고 했습니다. 여기서 모든 것은 하나님께서 창조하신 피조물의 세계, 즉 모든 만물입니다. 우리가 살면서 경험하는 모든 사건과 사고, 재난과 환난, 환경과 사람이 다 포함됩니다(고후12:7-9; 빌1:12-14). 가장 일반적인 것은 사람을 도구로 사용하셔서 일하시는 것입니다

셋째, 하나님의 일하시는 방법은 무엇입니까? “합력하여”입니다. 하나님은 모든 것을 쓰시기에 적당하게 지으셨습니다. 심지어는 악인도 악한 날에 적당하게 쓰시려고 지으셨습니다(잠16:4). 그래서 우리의 생각으로는 세상에서 일어나는 많은 부조리한 일을 이해하기 어렵습니다. 그러나 하나님의 주권을 믿으면 됩니다(창45:7-8).

넷째, 하나님의 일하신 결과는 어떻습니까? “선을 이루느니라”하셨습니다. 하나님의 일하심의 결과는 언제나 어디서나 항상 선입니다. 이것은 우리의 욕심대로 이루어지는 것이 아닙니다. 하나님의 뜻이 이루어지고 우리의 믿음에 유익한 결과가 선입니다. 우리는 모든 결과가 최선의 것으로 주신 줄 믿어야 합니다(삼하16:12).

오늘 말씀을 기억하고 모든 일에 믿음으로 반응해야 합니다. 그러면 어떤 열악한 환경이나 악한 사람을 만나도 소망을 잃지 않을 수 있습니다. 하나님께서는 모든 일의 결과를 선으로 주시기 때문입니다. 아멘

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page