• 綾瀬東部教会

2021.04.25 メッセージ : あなたがたの中から除きなさい

聖書:Ⅰコリント5:9-13

題目:あなたがたの中から除きなさい。

使徒パウロはすでにコリント教会にあった性的な堕落した罪を厳しく罰するように教えました。それはまずは罪を犯した者に悔い改めるチャンスを与えることで、教会は罪に汚染されることを防止する目的です。ところが、使徒パウロは罪を取り除くように言ったことに誤解がないように詳しく説明しています。その内容を整理してみます。

第一、罪を犯すノンクリスチャンと関わらないようにと教えているのではない(9節)。


第二、もし、そのようにするとなれば、世界から出て行かなければならない(10節)。


第三、兄弟と呼ばれる者が罪を犯すときに警戒するべきである(11節上)。


第四、そのような者とは付き合うのも食事をするのもいけない(11節下)。


第五、ノンクリスチャンは主の判断にゆだねるできである(12節)。


第六、教会の中で悪い人を取り除くべきである(13節)。

整理すると二つの教えです。まずは、世の中にいくら罪が多くて、人々がその罪の中で生きていても私たちは世から離れて、世の人々と関係を絶って生きることはできないということです。むしろ、罪で暗くなった世に光となり、世の腐敗を防ぐ塩の使命を尽くすべきです(マタイ5:13-16;ピリピ2:15)。イエス様の時に世俗から離れて山奥や砂漠の洞窟で生活していたエッセネ派と中世期の修道院の働きは世を離れて清くなろうとする努力でありましたが、聖書的ではありませんでした(使徒1:8)。イエス様もこの世に来られて世の人々に善き影響を与えてくださいました(ヨハネ17:15-19)。

また、もう一つは罪を犯した者を教会から除くべきことです。ある面、あまりに厳しくて酷い罰を与えるように言っていると思われることでしょう。しかし、ここで罪を犯す者たちは真面目に信仰生活をしていたが一時的に失敗して罪を犯す人ではリマ千。常習的で、故意的で悔い改めることもしない悪者です。11節に「兄弟と呼ばれている者」とある表現からしても形だけの信徒で実際は純白な人たちの心を騙す人であり(ローマ16:17-18)、良心を捨てて信仰の破船に会っている人です(Ⅰテモテ1:19-20)。今日も教会の中で教会を破壊することをする悪者がいるのを知るべきであり(マタイ13:24-30)、そのような人を良く見分けて、遠ざけることで自分と教会を守るべきです。アーメン。

성경: 고린도전서5:9-13

제목: 너희 중에서 내어쫓으라

사도바울은 이미 고린도교회 안에 있는 성적인 타락의 죄를 엄하게 다스릴 것을 가르쳤습니다. 그것은 먼저는 범죄한 자에게는 회개의 기회를 주는 것이고, 교회는 죄로 오염되는 것을 방지하는 목적입니다. 그런데 사도바울은 죄를 물리치라는 그의 말에 오해가 없도록 자세히 설명하고 있습니다. 그 내용을 정리해봅니다.

첫째, 범죄하는 불신자들을 사귀지 말라는 뜻이 아니다(9절).


둘째, 만약 불신자들과 사귀지 않으려면 세상 밖으로 나가서 따로 살아야 할 것이다(10절).

셋째, 형제라 일컫는 자가 범죄할 때 그런 자를 경계하라(11절상).


넷째, 그런 자들과는 사귀지도 함께 먹지도 말라(11절하).


다섯째, 불신자들은 하나님이 판단하시니 그분께 맡겨라(12절).


여섯째, 교회 안에 악한 자들을 판단하고 내어쫓으라는 것입니다(13절).

정리하면 요지는 크게 두가지입니다. 먼저는 세상에 아무리 많은 죄가 있고 사람들이 그 죄 가운데 살아도 세상을 떠나서 사람들과 관계를 끊고 살 수는 없다는 것입니다. 도리어 죄로 어두워진 세상을 밝히는 빛과 세상의 부패를 막는 소금의 사명을 다해야 합니다(마5:13-16; 빌2:15). 예수님 당시 세속을 떠나 산속이나 사막의 동굴에서 은둔하던 엣세네파와 중세시대의 수도원운동은 세상을 떠나 거룩함을 지키려는 노력이었지만 성경적인 것은 아니었습니다(행1:8). 예수님도 세상에 오셔서 세상사람들에게 선한 영향을 주셨습니다(요17:15-19).

또 한가지는 교회에서 범죄자를 쫓아내라는 것입니다. 어찌 보면 너무 심하고 강한 처벌을 하라는 것 같습니다. 하지만 여기서 범죄자들은 신앙생활을 잘 하다 일시적 실수로 죄를 지은 자들이 아닙니다. 상습적이고 고의적이고 회개도 하지 않는 악한 자들입니다. 11절에“형제라 일컫는 자”고 한 것을 보아도 무늬만 신자고 실재는 미혹하는 자들이고(롬16:17-18), 양심을 버려 믿음이 파선된 자들입니다(딤전1:19-20). 오늘 날에도 교회 안에 교회를 헤치는 일을 하는 악한 자들이 있음을 알고(마13:24-30), 그런 자를 분별하고 멀리해서 자기와 교회를 지켜야 합니다. 아멘.

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.04.18 メッセージ : 聖所となる宮を建てさせるために

*今週は韓国語と日本語の説教内容が異なります。 *이번주는 일본어와 한국어의 설교내용이 틀립니다. 聖書:第一歴代誌28:9-10 題目:聖所となる宮を建てさせるために 今日の本文には、イスラエルの王ダビデが息子ソロモンに王位を譲るための過程が描かれています。この王位継承は聖なる神さまの宮を建てるという壮大な任務を与えるものでした。イスラエルは特別な国です。人間の王中心の他の国とは違って主なる

2021.04.11 メッセージ : 逆境に打ち勝つ秘訣

説教本文:ピリピ4:4-7節 説教題目:逆境に打ち勝つ秘訣 今日のみことばは使徒パウロがピリピ教会の信徒たちに宛てて書いた手紙の内容です。彼はピリピの信徒たちがイエスさまを信じて歩む者として、どのように歩むべきかを教えています。本文には私たちが信仰生活をする上で大事なキーワードが出てきます。それは喜び、寛容、平安です。この手紙の著者であるパウロは監獄の中でこのみことばを語っています。

2021.04.04 メッセージ:もし、死者の復活がないのなら

聖書:Ⅰコリント15:12-22 題目:もし、死者の復活がないのなら コリント教会は使徒パウロの福音伝道によって立てられた教会です。当然なことですが、使徒パウロはいつもイエス・キリストの十字架の使徒復活を伝えました。ところが、12節を見ますとコリント教会に復活はないと言っている人がいました。それは今日も同じことがあるのを見せてくれます。教会の外にイエス様を知らないで信じない人ではなくて、教会の中の