top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.05.09 コラム : 人間理解

ソウル大学の心理学科の教授であるコン・ソクマンの著書「現代異常心理学」という本を読んだ。読んだ感想としては、現代人の殆どが心理的に正常ではないということである。不安障害、強迫障害、ストレス性障害、正体性障害、記憶障害、身体症状障害、憂鬱障害、生理前不快障害、精神分裂障害、性格障害、摂食障害、睡眠障害、性機能障害、性的倒錯障害、多様な中毒障害、知的障害、意思疎通障害、学習障害、運動障害、衝動と統制行動障害、排泄障害、認知障害、その他の不適応的精神障害など本に記されている症状を概略的に写すだけでもこれ程である。そこから細かく入るとより多くの種類の心理的な障害が存在する。だから殆どの人が例外なくどんな種類でも何かの障害を持っていると言えるだろう。そのために自分を含めてすべての人に対して情けを持って憐れむ心で接するべきである。

異常心理に関する原因を説明するために多くの学者たちが研究の末、いろいろな理論を主張した。まずは、子どもの頃の経験に基づいた無意識的な葛藤に根本的な原因があると見る精神分析的立場、厳格な科学的な根拠によって人間行動を環境から学習されたものと見る行動主義的な立場、自己実現を追求する成長志向の遮断や封鎖を原因と見る人本主義的な立場、自分と世の中に対して不定的で、歪曲した意味を作り与える不適応的な認知的な活動に原因があると見る認知的な立場、身体的な原因によって生まれる一種の疾病と見る生物学的な立場、生活環境や社会文化的な要因によるものと見る社会文化的な立場などがある。このような理論は異常心理に対する理解と治療に役立つが同時に限界がある。結局相互作用があるといえる。

心理学の専門家たちの主張と理論を見て、彼らの人間理解が核心を見逃しているのが分かった。それは人間の罪性に関することである。人間の異常心理という障害の苦しみの主な原因は人間の原罪にある。例えば、蚊の生息のための一次条件は、汚くて溜まっている水である。すなわち、汚染された水があるから蚊が発生する。結果として蚊は世界的に一番多くの人命を奪る疾病の要因である。人間の心理も同じである。生まれつき原罪のために汚くて溜まっている水のような堕落した心があり、サタンがそこに幼虫を産むわけである。結果、罪が人間に死の苦しみを与える。それで人間の原罪を知らなければ人間心理の理解も、心理的な障害の治療も不可能である。すべての人間にイエス・キリストが絶対に必要である理由がそれだ。人間の罪を背負って十字架に付けられたイエス・キリストを信じて、その力に頼るときに癒しが現れる。その方だけが人間のすべての問題の答えである。魯牧師。


“인간이해”

서울 대학교 심리학과 교수인 권석만 저의 “현대이상심리학”이라는 책을 읽었다. 책을 읽고 느낀 소감은 현대인의 대부분이 심리적으로 정상이 아니라는 것이다. 불안장애, 강박장애, 스트레스성 장애, 정체성장애, 기억장애, 신체증상장애, 우울장애, 월경전불쾌장애, 정신분열장애, 성격장애, 섭식장애, 수면장애, 성기능장애, 성도착장애, 다양한 중독장애, 지적장애, 의사소통장애, 학습장애, 운동장애, 충동 및 통제 행동장애, 배설장애, 인지장애, 기타의 부적응적인 정신장애 등 책에 기록된 증상들을 대강 적어보아도 그 정도이다. 거기에서 세부적으로 들어가면 훨씬 더 많은 종류의 심리적장애가 존재한다. 그러니 거의 예외없이 사람들은 어떤 종류이든 장애를 갖고 있다고 볼 수 있다. 때문에 자신을 포함 모든 사람을 대할 때 연민과 불쌍히 여기는 마음이 앞서야 한다.

이상심리에 관한 원인을 설명하기 위해 많은 학자들이 연구 끝에 여러 이론들을 주장했다. 먼저 어린시절의 경험에 뿌리를 둔 무의식적 갈등에 근본 윈인이 있다고 보는 정신분석적 입장, 엄격한 과학적 근거에 의해 인간행동을 환경에서 학습된 것으로 보는 행동주의적입장, 자기 실현을 추구하는 성장 지향의 차단이나 봉쇄를 원인으로 보는 인본주의적 입장, 자신과 세상에 대한 부정적이고 왜곡된 의미를 부여하는 부적응적인 인지적 활동에 원인이 있다는 인지적 입장, 신체적 원인에 의해서 생겨나는 일종의 질병으로 보는 생물학적 입장, 생활 환경과 사회문화적 요인에 의한다고 보는 사회문화적 입장 등이 있다. 이런 이론들은 이상심리에 대한 이해와 치료에 기여한 바가 있지만 동시에 한계를 갖고 있다. 결국 상호작용이 있다고 할 수 있다.

심리학 전문가들의 주장과 이론들을 보면서 그들의 인간이해가 핵심을 놓친 것을 알게 되었다. 그것은 인간의 죄성에 관한 것이다. 인간의 이상심리라는 장애의 고통의 가장 주된 원인은 인간의 원죄에 있다. 예를 들면 모기의 서식을 위한 일차 조건은 더럽고 고인 물이다. 즉 오염된 물이 있기에 모기가 발생한다. 결과 모기는 세계적으로 가장 많은 인명을 빼앗는 질병의 요인이 된다. 인간의 심리도 그와 같다. 태생적 원죄로 인한 더럽고 고인 물 같은 타락한 마음이 있고 사탄이 그곳에 유충들을 낳는 것이다. 결과 죄가 인간에게 죽음의 고통을 준다. 그래서 인간의 원죄를 모르면 인간 심리의 이해도, 심리적 장애의 치료도 불가능하다. 모든 인간에게 예수 그리스도가 절대로 필요한 이유가 그것이다. 인간의 죄를 대신 지고 십자가에 죽으신 예수 그리스도를 믿고 그 능력을 의지할 때 치유가 일어난다. 그분만이 인간의 모든 문제의 답이다. 담임목사.

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 コラム : 二つの種類の知恵

コロナの感染拡大を避けるために教会の礼拝を非対面に転換させた教会が多い。ある牧師は、時代が求める教会の変革の答えが非対面礼拝であると言う。しかし教会の本質は集う共同体である。一緒に集わなければ教会の存在の意味を失うことになる。非対面礼拝が非常の時の一時的な対応の方案にはなり得る。だがそれが新しい礼拝の形態として定着するのは望ましくない。ワクチン接種に対しても賛否両論がある。ワクチンがコロナに対する

2021.08.22 コラム : コロナの経験

考えてみると、私は一生で多くの死の峠を超えてきた。子どものときから病気がちだった。さらに川や海に溺れたり、練炭のガスを吸い込んだり、建築現場で落ちたり、投げた石に頭を打ったり、足に釘が刺さったり、過労で倒れたりなどで死の危険を経験した。しかし今回のような苦しみの経験は初めてだった。コロナにかかって十日以上39度付近を行き来する高熱で苦しんだ。発病から十日後に救急搬送されて入院してから肺炎を引き起こ

2021.07.18 コラム : 滅びの道

誰かが聖書の教えの中で最も大切な教えは何かと聞くなら、躊躇なく「高慢となってはいけない」であると答えたい。本当にそうである。エデンの園で始まった人類の歴史もそれを証明する。最初の人間から高慢で罪を犯した故に死の道を歩んだ。以来、すべての人間の滅びの道は例外なく高慢から始まる。先週「どのように独裁者(暴君)となるのか」というドキュメンタリーを見た。近代の世界歴史の中でよく知られている代表的な独裁者を

תגובות


記事: Blog2_Post
bottom of page