top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.05.09 メッセージ : 以前はそのような者でした

聖書:Ⅰコリント6:9-11

題目:以前はそのような者でした

イエス様を信じて救いを受けた者に関した聖書の正しい教えは、決して罪に定められることはなく(ローマ8:1)、父なる神様の愛から引き離されることもないということです(ローマ8:39)。それは明白な真理です。主イエス様の十字架と復活を信じることで得た救いは取り消されることがないからです(ローマ11:29)。ところが、その真理を歪曲して惑わす者が多いです。そのような者がコリント教会にもいました。彼らは「いくら多くの罪を犯しても救いとは関係がないから安心しなさい」と教える者たちです。

使徒パウロはコリント教会の信徒たちにそのように惑わす者たちに騙されないようにと教えます。そして、罪を犯す者たちが神の国を相続できないと断言します。具体的にどのような罪なのかも語りましたが、実はより多くの罪があります(Ⅱテモテ3:1-5)。ここでとても重要な神学的な疑問が生じます。イエス様を信じる人が罪を犯しても救いには何の問題もないのか。それとも罪を犯しては救いは完全になかったものになるのかということです。

結論はすでに得た救いがあり、続けて成すべき救いがあるということです。それは基本的な救い(新生)と建てていくべき救い(聖化)です。この二つは分離ではなくて連結の概念です。ですからイエス様を信じて新生された命を持っている人は罪から離れて清くなることを追い求めます。弱さと失敗のために罪を犯すこともありますが、徹底して悔い改めて再び義の道を歩むようになります。本文の11節に「あなたがたの中のある人たちは以前そのような者でした」と言いました。それはイエス様を信じる前と信じた後が変ったのを意味します(Ⅱコリント5:17)。

すなわち、コリント教会にイエス様を信じる前に罪の道を歩む人々がいました。しかし、今はイエス様の御名と神の御霊によって洗われて、聖なる者とされて、義と認められたのです。そのような者たちは罪を故意的に、常習的に、非良心的に犯すことができません(Ⅱペテロ2:20-22)。私たちの中にも過去罪の道に歩んだ者がいます。それなら罪を犯す者たちを批判することよりも罪から清められた恵みに感謝して自分をより清くすることに尽くしましょう(へブル10:22)。アーメン。


성경: 고린도전서6:9-11

제목: 너희 중에 이와 같은 자들이 있더니

예수님을 믿고 구원받은 자에 관해서 성경의 바른 가르침은 결코 정죄 받지 않으며(롬8:1), 하나님의 사랑에서 결코 끊어지지 않는다고 말했습니다(롬8:39). 그것은 명백한 진리입니다. 하나님께서 예수님의 십자가와 부활을 믿음으로 주신 구원은 취소되지 않기 때문입니다(롬11:29). 그런데 그 진리를 왜곡하여 미혹하는 자들이 많습니다. 그런 자들이 고린도교회에도 있었습니다. 그것은 아무리 많은 죄를 범해도 구원과는 상관이 없으니 안심하라고 가르치는 자들입니다.

본문에서 사도바울은 고린도교회 성도들에게 그런 미혹하는 자들에게 속지 말라고 당부합니다. 그러면서 불의를 행하는 자가 하나님의 나라를 받을 수 없다고 단언합니다. 구체적으로 어떤 죄가 문제인지를 말했지만 실은 더 많은 죄목들이 있습니다(딤후3:1-5). 여기서 매우 중요한 신학적인 궁금증이 생깁니다. 예수님을 믿는 사람이 죄를 지어도 구원에 아무 문제가 없는 것인가? 아니면 죄를 지으면 구원이 완전 취소되는 것인가? 하는 것입니다.

결론은 이미 획득한 구원이 있고, 계속 이루어야 할 구원이 있습니다. 그것이 기본 구원(거듭남)과 건설구원(성화)입니다. 이 두가지는 분리가 아닌 연결의 개념입니다. 때문에 예수님을 믿고 거듭난 생명을 가진 사람은 죄를 떠나고 거룩함을 추구하는 것입니다. 약함과 실수로 죄를 짓기도 하지만 철저히 회개하고 다시 의의 길을 가게 됩니다. 본문의 11절에 “너희 중에 이와 같은 자들이 있더니” 한 말이 중요합니다. 그것은 예수님을 믿기 전과 후가 달라진 것입니다(고후5:17).

즉 고린도교회에 예수님을 믿기 전 불의한 삶을 살던 자들이 있었습니다. 그러나 지금은 예수님의 이름으로 성령 안에서 씻음과 거룩함과 의롭다 하심을 입은 것입니다. 그런 자들은 불의한 죄를 고의적, 반복적, 비양심적으로 지을 수가 없습니다(벧후2:20-22). 우리 중에도 과거에 불의한 일들을 행한 자가 있습니다. 그렇다면 불의한 자를 비판하는 것보다 깨끗함을 주신 은혜에 감사하며 더욱 깨끗함으로 자기를 단장합시다(히10:22). 아멘.


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page