top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.05.16 メッセージ : 神の栄光を現しなさい

聖書:Ⅰコリント6:12-20       

題目:神の栄光を現しなさい

使徒パウロはコリント教会の信徒たちがどんな身分であるかを教えています。第一、主のくださった復活の命を持っている身分です。その体は何でもするのではなくて、主のためのことをするように生かしてくださいました(12-14節)。第二、主と霊的に一つとして合わせられた身分です。その体は遊女と合わせて一つになるためではなくて主と合わせるために与えてくださった体です(15-17節)。第三、主が代価を払って買い取られた身分です。その体の主人は主なる神様であるために、その主の栄光を現すことが御心です(18-20節)。

結局、本文の主題は主の栄光を現すために生きなさいということです。使徒パウロはⅠコリント10:31でも「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい」と言いました。まず、主なる神様の栄光は主ご自身で自ら現す栄光があります。それは主の存在と臨在を通して現されます(エゼキエル11:22;使徒7:55;黙示録21:23)。その次は人を通して現される栄光があります。それは主を信じて(ヨハネ11:40)、主の御心に従って義の行いの実を結ぶ生活で現れます(ローマ3:23-24;ピリピ1:11)。

主なる神様が自ら現す栄光は私たちの領域ではありません。しかし、主はその子どもとなった私たちを通してご自身の栄光を現すことを望んでおられます。コリント教会の信徒たちは主の栄光を現すところか、主の御名に恥をかかせている状態でありました。教会の中での分裂、乳しか飲めない霊的なお幼子状態、自らが賢いと思う高慢、父の妻を取る不品行の罪、信徒同士が世の法廷で告訴して争うなどのことを通して主なる神様の御心に逆らったからです。

主が私たちに生命をくださったのは使命を尽くさせるためです。その使命が主の栄光を現すことです。子どもが善き、正しい人格の人として立派に成長して、他の人々に良い影響を与えて称賛を受けているならその両親が喜ぶし、栄光をも受けるでしょう。主の栄光を現すというのはそのようなことです。大切なのは口をもってではなくて、体ももってしなさいという教えです。すなわち、言葉だけではなくて、必ず、行いがなければならないということです(Ⅰペテロ2:12)。アーメン。

성경: 고린도전서6:12-20

제목: 하나님께 영광을 돌리라

사도바울은 고린도교회 성도들이 어떤 신분인 것을 가르쳐주고 있습니다. 첫째, 주님께서 살려주신 몸을 가진 신분입니다. 그 몸은 모든 것을 할 수 있는 자유가 있지만 주를 위하라고 살려주신 것입니다(12-14절). 둘째, 주님과 영으로 합한 몸을 가진 신분입니다. 그 몸은 창기와 합하여 하나되라고 주신 것이 아니라 주님과 하나되라고 주신 몸입니다(15-17절). 셋째, 주님께서 값을 주고 사신 몸의 신분입니다. 그 몸의 주인은 하나님이시기에 그분의 영광을 위해 살라는 것입니다(18-20절).

결국 본문의 주제는 하나님의 영광을 위해서 살라는 것입니다. 사도바울은 고린도전서10:31에서도 “그런즉 너희가 먹든지 마시든지 무엇을 하든지 다 하나님의 영광을 위하여 하라”고 했습니다. 먼저 하나님의 영광은 하나님 자신께서 스스로 나타내시는 영광이 있습니다. 그것은 하나님의 존재와 임재를 통해 나타납니다(겔11:22; 행7:55; 계21;23), 그 다음은 사람을 통해서 나타나는 하나님의 영광이 있습니다. 그것은 하나님을 믿고(요11:40), 하나님의 뜻을 순종하여 의로운 행실의 열매를 맺는 생활을 통해 나타납니다(롬3:23-24; 빌1:11).

하나님 스스로가 나타내시는 영광은 우리의 영역이 아닙니다. 그러나 하나님께서는 그 자녀인 우리들을 통해서 그 분의 영광을 나타내기를 원하십니다. 고린도교회 성도들은 하나님께 영광은 커녕 하나님의 이름에 욕을 돌리는 상태에 있었습니다. 교회 안에서 당파와 분쟁, 젖만 먹는 영적인 유아 상태, 스스로가 지혜롭다 생각하는 교만과 왕 노릇,아비의 아내를 취하는 음행의 죄, 믿는 형제끼리 세상법정에서의 송사 등의 일을 하여 하나님의 뜻을 거역했기 때문입니다.

하나님께서 우리에게 생명을 주신 것은 사명을 다하라는 것입니다. 그 사명이 하나님의 영광을 나타내는 것입니다. 자녀가 착하고 바른 인격의 사람으로 성장하고 다른 사람들에게 좋은 영향을 끼치고 칭찬을 듣는다면 그 부모에게 기쁨이 되고 영광이 돌아갈 것입니다. 하나님께 영광을 올린다는 것은 그와 같은 것입니다. 중요한 것은 입이 아니라 몸으로 하라는 것입니다. 즉 말로만 하는 것이 아니라 반드시 함이 있어야 한다는 것입니다(벧전2:12). 아멘.

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page