top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.06.06 メッセージ : 失われた人を捜して救うために

更新日:2021年8月30日

*今週は日本語と韓国語の説教箇所及び内容が異なります。ご注意ください。

*이번주는 한국어와 일본어 설교말씀 및 내용이 다릅니다. 주의해주세요.


説教本文:ルカ19:1-10節 説教題目:失われた人を捜して救うために

今日のみことばはザアカイという人がイエスさまに出会う話です。この話の結論としてイエスさまはこう言われました。「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」(9〜10節) ザアカイの話は、一人の人間がイエスさまに出会うまでの過程を描いています。イエスさまが彼に働きかけられた時、彼はどのような反応をしたのでしょうか。

1. 必死に求めた(1〜4節) ザアカイは「取税人のかしら」でした。取税人はローマ帝国に納めるための税金を徴収する請負人たちのことです。取税人たちは同胞のユダヤ人たちから非常に嫌われ、軽蔑されていました。また彼は「金持ち」でした。ザアカイは目の前の障壁を乗り越えてまで必死にイエスさまを見ようとしました。彼は自分の中に問題を抱えていたので、自分に訪れた機会を逃さなかったのです。私たちも障壁を乗り越えてイエスさまを必死に求める心が必要です。

2. 大喜びで迎えた(5〜6節) イエスさまはご自身を求めて来たザアカイに対して招きの言葉をかけられました。「泊まることにしてあるから」という言葉は「泊らなければならない(must)」という意味です。ザアカイはこの招きに対して「大喜びでイエスを迎えた」のです。イエスさまは私たち一人一人に関心を持っておられます。この招きは私を変えてくださるためのものです。そのシンプルなイエスさまのアプローチを私たちは喜んで迎えることができているでしょうか(黙示録3:20)。

3. 進んで従う者となった(7〜8節) ザアカイは罪人扱いされる人でした。しかし、そんな人々の批判を横目にイエスさまはザアカイの家で彼と交わりを持たれました。そしてザアカイはイエスさまとの交わりを通して変えられたのです。まず彼はイエスさまを「主よ」と呼んで、イエスさまを自分の人生の主として受け入れました。そしてただ「主よ」と呼ぶだけでなく、律法の教えに進んで従う者に変えられたのです(出エジプト22:1; レビ6:5)。イエスさまと出会う人は心からみことばに従いたいと思うようになるのです。そこには真の自由があるからです(ヨハネ8:32)。アーメン。



본문: 다니엘 12 : 3

제목 : 교회의 스타들

서론: 말세에 환난이 있겠고 생명을 얻을 자와 수치를 당하여 부끄러움을 당할 자도 있다 3절= 지혜 자는 많은 자를 인도하는 하늘의 별과 같이 빛남 하나님은 많은 사람이 옳은 데로 돌아와 구원받기를 원하심=우리에게 전도 사명을 주심 성부= 에스겔33:7= 내입의 말을 전하여 나를 대신하여 경계하라.

성자 = 마태복음28: 19= 모든 백성으로 제자 삼고.

행1:8= 성령이 임하시면. 우리 (선교활동) 빚진 자 = 로마서1:14. 전하지않으면 화가 있다= 고린도전서9:16 전도는= 생명을 살리는 것임

1: 옳은 데로 돌아오게 할 자격 = 지혜 있는 자 1): 복음의제사장 역할 자 * 구약의 제사장 (미완성) 신약의 제사장 독생자 예수로 완성 2) 우리 사람을 낚는 어부로 ! 제사장 임을 명심하고 힘써 많은 사람을 인도하는 회원이 되어야만

2: 옳은 데로 돌아오게 할 방법 * 본이 되어야 함 1): 사랑의 실천 자로 2): 어디서부터 시작할 것인가 (1): 가까운 데서부터 안드레 = 요한복음1:41 빌립= 요한복음1:45-51 사마리아 여인 = 요한복음4:28-42 우리 = (2) 은사를 따라서 * 5가지 방법 = (1): 대상자를 정하고 (2) 위하여 기도하고. (3) 사랑으로 친근히 하고 (4) 교회를 자랑하고. (5) 낙심하지 날것 3 : 옳은 데로 돌아오게 한 상급 1): 궁창의 별과 같이 빛남 2): 별과 같이 영원토록 비침 = 3절 세상영광잠깐= 베드로전서 1:24-25 영광의 차이 = 고린도전서15:41 결론 남은 때가 얼마 없음 하나님=택한 백성 멸망치 않고 회개하고 구원하심

우리는 지금鹿浜教会개척요원으로 빈자리 특히 성가대자리가 비었음

* 이것은 우리로 별과 같이 빛나는 상급 받게 하는 기회로 주심 믿고 주신 달란트대로 열심히 전도하여 빈자리를 채우는 역사를 이루어 교회의 스타가 되는 바울 선교회원이 되시기를 축원합니다. 아멘.

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page