top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.07.11 メッセージ : 独身について

聖書:Ⅰコリント7:7-9、25-40

題目:独身について

先週は結婚について、今日は独身について見てみます。使徒パウロは未婚者とやもめたちに独身のままが良いと勧めています(7-8節)。それは主がくださった命令ではなくて、自分の意見であるが独身の状態にとどまるのが良いと言っています(25-26節)。さらに、処女である娘も結婚させないのが良いと言いました(38節)。やもめになった女性も再婚をしない方が幸いであるとも語っています(39-40節)。しかし、結婚を反対するか、悪とは言っていません。

使徒パウロが独身を積極的に勧めているのは何故でしょうか。


第一、危急の時であるからです(26,29節)。当時の信徒たちはイエス・キリストを信じるだけで迫害を受けて、それがますます厳しくなって来る状況にいました。

第二、互いに結ばれていてその身に苦難を招くからです(27-28節)。ソドムの町でのロトと妻、彼の家族関係を見ても知ることができます(創世記19章)。


第三、この世の有様は過ぎ去るからです(31節)。世も世の欲は滅び去りますが、神の御心を行う者は、いつまでもながらえます(Ⅰヨハネ2:17)。

第四、世のことに心を配るために心が分かれるからです(32-34節)。結婚をしなければ主のことに心を配りますし、主に喜ばれることを尽くすことができます。しかし、結婚するとそれぞれが妻と夫を喜ばせようと、世のことに心を配ることになります。


使徒パウロの話を総合的に見ると、


1.独身主義ではなくて、迫害の中にいる信徒たちに結婚を通して苦しみが増してくるのを心配する愛情の表現です。

2.真の夫であるイエス・キリストのために尽くす信仰生活の益の強調です。


一番警戒するべきことは結婚を偶像化することです。男子は綺麗で良妻賢母で愛嬌まである妻に出会うことを期待します。女子は男前で稼ぎも良くてマナーまでも良い夫に出会うことを期待します。それで幸せな結婚生活ができることを夢見ます。それが自分中心の欲望に根拠した偶像崇拝です。結婚も独身もそれぞれの賜物です(7節)。賜物は自分のためではなくて他人仕えるために与えられたものです。まず、仕えなさいと言われたみことばを実践することで幸せな結婚生活となるでしょう(マタイ7:12)。アーメン。

성경: 고린도전서7:7-9,25-40

제목: 독신에 대하여

지난 주에는 결혼에 대해서 오늘은 독신에 대해서 살펴봅니다. 사도바울은 미혼자와 과부들이 독신으로 지내는 것을 권합니다(7-8절). 그것은 주님께 받은 명령이 아니라 자기 생각이지만 역시 독신이 좋다고 말합니다(25-26절). 심지어 처녀 딸도 시집을 보내지 않는 것이 더 잘 하는 것이라고 합니다(38절). 과부가 된 여자도 주 안에서만 재혼을 하고 아니면 평생 과부로 혼자 지내는 것이 복이 있다 권하고 있습니다(39-40절). 그러나 결혼을 반대하거나 나쁘다 하지 않았습니다.

사도바울이 독신을 반복적으로 권하는 이유는 무엇일까요?

첫째는 임박한 환난 때문입니다(26,29절). 당시 성도들은 기독교인이라는 사실만으로 박해를 받고 있었고 그것이 점점 심해지는 상황에 살고 있었습니다.

둘째는 서로 매이고 육신의 고난을 당하기 때문입니다(27-28절). 소돔 성의 롯과 아내 그의 가족관계를 보면 알 수 있습니다(창19장).


셋째, 세상의 형적은 지나가기 때문입니다(31절). 세상도 정욕도 지나가지만 하나님의 뜻을 행한 것만 영원히 남습니다(요일2:17).

넷째, 세상 염려로 마음이 나누이기 때문입니다(32-34절). 결혼하지 않으면 주님의 일을 염려하며 주님을 기쁘시게 하는 일에 집중할 수 있습니다. 그러나 결혼하면 각각 아내와 남편을 기쁘게 하려는 마음이 더해져 세상 염려가 생긴다는 것입니다.


사도바울의 말을 종합해보면


1. 독신주의가 아니라 환난 중에 있는 성도들에게 고난이 가중될 것을 염려하는 애정의 마음을 표현하는 것입니다.

2. 진정한 남편인 예수 그리스도에게 온전한 헌신의 삶을 사는 것의 유익을 강조한 것입니다.

가장 경계할 것은 결혼을 우상화하는 모습입니다. 남자는 예쁘고 정숙하며 애교까지 많은 아내를 만날 것을 기대합니다. 여자는 멋지고 돈도 잘 벌고 매너까지 좋은 남편을 만날 것을 기대합니다. 그래서 행복한 결혼생활을 이룰 것을 꿈꿉니다. 그것이 자기의 이기적 욕망에 근거한 우상숭배입니다. 결혼도 독신도 받은 은사를 따르는 것입니다(7절). 은사는 자기가 아닌 다른 이를 세우도록 주신 것입니다. 먼저 섬기라는 말씀을 실천해야 행복한 결혼생활이 됩니다(마7:12). 아멘.

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page