top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.09.05 メッセージ:知識より愛


聖書:Ⅰコリント8:1-6


 使徒パウロはコリント教会の更なる問題点を言及しています。それは偶像に捧げた肉を食べることについてです。当時の都市コリントは多くの神々のために神殿を立てていました。そして、人々がそこに行っていけにえとして肉を捧げました。そこから出た肉を市場に出して売るのが一般的なことでした。それは市場で売っている普通の肉と混ぜて売られていたためにいちいち確認をしなければ区分がつかない状況でした。ここで、コリント教会の信徒たちの考えが割れて紛争が生じたのです。

コリント教会の信徒の中である者たちは偶像に対する知識がありました。その知識は4-6節にありますが、第一、偶像の神は実際に存在しない。第二、世の中には神々と呼ばれる多くの偶像がある。第三、万物を創造された方も、人生の目的もただ御父と御子イエス・キリストにある。このような知識は正しいものです。ところが、使徒パウロはそのような知識を持っている人々に警告します。彼らが知識の故に高慢になり、本当に知るべきことを知らなかったからです。

 誤解しないでください。使徒パウロは知識は高慢にさせるから必要でないと言っているのではありませんので。正しい知識があってこそ信仰生活も正しくなります。使徒パウロが言っていることは知識よりも重要なことを失っている過ちへの指摘です。それは愛です(1節、Ⅰコリント13:2,13)。偶像に関する知識のある人々が、偶像に捧げた肉を食べてはいけないと考えて食べない人々を弱いからだと言いながら無視しました。そこには相手を配慮して譲るような愛の姿勢は一切なく、自分たちの知識に根拠する高ぶった態度だけがありました。

私たちはどうでしょうか。自分が持っている知識で高ぶって弱い兄弟姉妹を無視し、非難することはありませんか。そのような姿勢を正さなければ、その知識の高慢の故に滅びることになります。イエス様は愛を示すために地上に来れました。天国は愛で満ちている場所です。それで、教会も愛で建てていくべきです(1節)。それを知らなければ知るべきことを知らない愚かな者となります(2節)。私たちが主を愛すると人を愛するようになります。主はそのような人を正しい信仰の人として認めてくださいます(3節、Ⅰヨハネ4:8;マルコ12:33)。アーメン。



성경: 고린도전서8:1-6 제목: 지식보다 사랑


본문에서 사도바울은 고린도교회 안의 또 다른 문제를 언급합니다. 그것은 우상의 제물을 먹는 일에 관한 것입니다. 당시의 고린도는 많은 신전들이 있었습니다. 그리고 사람들이 신전에 가서 제사의식을 할 때 짐승의 고기를 바쳤습니다. 거기에서 나온 짐승의 고기들을 시장에 내다 파는 것이 일반적인 일이었습니다. 그것은 시장에서 보통 파는 고기들과 섞어서 팔았기에 확인하지 않으면 구분이 안되었습니다. 여기에서 고린도교회의 성도들의 생각이 달라 분쟁이 생긴 것입니다.

고린도교회 성도들 중에 어떤 사람들은 우상에 대한 지식을 갖고 있었습니다. 그 지식은 4-6절까지인데 첫째, 우상은 신도 아니고 아무 것도 아니다. 둘째, 세상에 많은 종류의 우상이 있다. 셋째, 만물의 창조하신 분도 인생의 목적은 오직 성부 하나님과 성자 예수님께 있다. 이 같은 지식은 옳은 것입니다. 그런데 사도바울은 그런 지식을 가진 자들에게 경고합니다. 그들이 지식을 앞세워 교만해지고 마땅히 알아야 할 것을 모르는 자들이 되었기 때문입니다(1-2절; 약3:17).

오해하지 마십시오. 사도바울은 지식은 교만하게 만드니까 불필요하다는 것이 아닙니다. 바른 지식이 있어야 신앙생활도 바르게 됩니다. 사도바울이 말하려는 것은 지식보다 중요한 것을 놓쳤다는 것입니다. 그것은 사랑입니다(1절; 고전13:2,13). 우상에 관한 지식 있는 자들이 우상의 제물을 먹으면 안된다고 생각하며 거부하는 사람들을 약해서 그렇다며 무시한 것입니다. 거기에는 상대를 배려하고 양보하는 사랑의 자세는 없고 자기들의 지식에 근거한 교만한 태도만 있었습니다.

우리는 어떠합니까? 자기가 가진 지식으로 교만해져서 약한 형제를 무시하고 비난하지는 않습니까? 그런 자리에서 돌이키지 않으면 그 지식의 교만으로 망하게 됩니다. 예수님은 사랑하러 오셨습니다. 천국도 사랑만으로 가득한 곳입니다. 그래서 교회도 사랑으로 세워져야 합니다(1절). 그것을 모르면 마땅히 알 바를 모르는 자가 됩니다(2절). 우리가 하나님을 사랑하면 사람도 사랑하게 됩니다. 하나님은 그런 사람을 바른 믿음의 사람으로 인정해 주십니다(3절, 요일4:8; 막12:33). 아멘.


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.09.19 メッセージ:あなたがたに対しては使徒です

聖書:Ⅰコリント9:1-2        題目:あなたがたに対しては使徒です コリント教会の信徒たちが使徒パウロに対していろいろと非難をしました。そのような言葉が使徒パウロの耳に入りました。それで、パウロはそのことに対して事実に根拠して答えます。非難の言葉が私的な領域のものなら耐えていたことでしょう。しかし、それは公的な内容であって教会に悪影響を与えるものだったので黙っていませんでした。私たちも他

2021.09.19 コラム:主を正しく知ろう

世が混乱している。世はいつも混乱であった。教会も混乱にあり、さらに酷くなっているように見える。教会の混乱が世の混乱を加速させたようで責任を感じる。混乱な世に正しい道を見せ、偽りの世に真理を現し、死んでいく世に命を伝えるのが教会の使命であるのに、その役割を担っていないようだ。教会が世を心配するべきなのに、世が教会を心配する現状がある。そのようになった根本な原因が何かと聞かれれば、「主の民たちが主をよ

2021.09.12 メッセージ:権利より愛

聖書:Ⅰコリント8:7-13        題目:権利より愛 今日の本文は先週に続く内容です。コリント教会の中で偶像に捧げた肉を食べても問題とないという意見と食べてはいけないという主張で分裂がありました。使徒パウロは偶像に対する知識を持っている人たちの強い態度を叱りました。むしろ、そのような知識を持っていない人たちを配慮する愛の心がより大切であると教えました。いつも強い者が弱い者を親切に世話し、愛

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page