top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.09.19 メッセージ:あなたがたに対しては使徒です

聖書:Ⅰコリント9:1-2        題目:あなたがたに対しては使徒です


コリント教会の信徒たちが使徒パウロに対していろいろと非難をしました。そのような言葉が使徒パウロの耳に入りました。それで、パウロはそのことに対して事実に根拠して答えます。非難の言葉が私的な領域のものなら耐えていたことでしょう。しかし、それは公的な内容であって教会に悪影響を与えるものだったので黙っていませんでした。私たちも他人から否定的な評価や非難のことばを聞くことがあります。根も葉もない言葉かもしれません。その時にパウロの態度を見習いましょう。


本文を見るとパウロに対する非難の内容は四つです。パウロが四つの反論を持って語っているからわかります。第一、自由者であるということです。8:13節のような姿勢を見て非難したことでしょう。第二、使徒であるということです。使徒の権威を否定する非難があったことでしょう。第三、主イエス様を見たということです。イエス様に会ったこともなく、見たこともない偽物だと非難されたことでしょう。第四、コリント教会の信徒たちがパウロが使徒として働き、得た実であるということです。使徒であることを証明できる実がないと非難されたことでしょう。


非難の言葉が多かったですが、結局一つにまとまります。それは使徒パウロが偽物の使徒であると決めつけてそれをうわさとすることです。これは教会の危機を招く言葉です。使徒でない者が使徒だといい、信徒たちを騙したならそのような者は信頼できません。当然、信頼のない者が語るメッセージも受け入れることができません。そうすると信徒たちがみことばを受けて恵まれることにも大きな支障が生じます。これが教会の公的な悪影響として現れます。


使徒パウロは本人が使徒である動かない証拠を二つ提示します。第一、イエス様に直接会って異邦人の使徒として送られたということです(使徒9:1-9、15;Ⅰコリント15:3-8)。第二、コリント教会が使徒パウロの伝道の働きの実として建てられたということです(使徒18:8-11;Ⅰコリント3:5-6)。イエス様も当時偽者のメシアだという非難を多く受けました。それに対していつもご自身が誰なのかを堂々と話されました(マタイ27:11;ヨハネ6:41-51;8:48-51)。私たちも偽りには真実で答えるべきです。アーメン。



성경: 고린도전서9:1-2 제목: 너희에게는 사도이니


고린도교회 성도들이 사도바울에 대해 비난하는 말이 많았습니다. 그런 말들이 사도바울의 귀에 들어갔습니다. 이에 사도바울은 그에 대해 사실을 근거하여 반박합니다. 비난의 말들이 사적인 영역에 속한 것이라면 참고 넘어갔을 것입니다. 하지만 그것은 공적인 것이고 교회에 매우 악영향을 끼칠 수 있기에 침묵할 수 없었던 것입니다. 우리도 타인에게 부정적인 평가나 비난의 말을 들을 수 있습니다. 전혀 근거 없는 말일 수도 있습니다. 그때 사도바울의 태도를 본받읍시다.


본문을 보니 사도바울이 들은 비난의 말들은 네 가지입니다. 그가 네 가지를 반문하고 있기에 알 수 있습니다. 첫째로 자유자라는 것입니다. 8:13절 같은 모습에 근거한 비난이 있었을 것입니다. 둘째, 사도라는 것입니다. 사도권을 부정하는 말들이 많았던 것입니다. 셋째, 예수님을 보았다는 것입니다. 예수님을 만난 적도 없는 가짜라는 비난이 있었을 것입니다. 넷째, 고린도교회 성도들이 사도로서 일한 증거라는 것입니다. 사도의 증거가 없다는 비난이 있었을 것입니다.


비난의 말들이 많았지만 결국 한가지로 집약됩니다. 그것은 사도바울의 사도 됨을 거짓으로 치부하고 인정하지 않겠다는 것입니다. 이것은 교회의 위기를 불러오는 말입니다. 사도가 아닌 자가 사도라고 거짓으로 속였다면 그런 자를 신뢰할 수 없습니다. 당연히 그런 자가 전하는 메시지도 의심할 수 밖에 없습니다. 그렇다면 성도들이 하나님의 말씀을 제대로 받지 못하고 은혜 생활에 큰 지장이 생깁니다. 이것이 교회 안에 공적인 악영향으로 나타나게 됩니다.


사도바울은 자기가 사도임의 의심할 수 없는 두가지 증거를 제시합니다. 첫째는 예수님을 직접 만났고 이방인의 사도로 보내심을 받았다는 것입니다(행9:1-9,15;고전15:3-8). 둘째는 고린도교회가 사도바울의 전도의 열매로 세워졌다는 것입니다(행18:8-11; 고전3:5-6). 예수님도 당시에 거짓 메시야 라는 비난을 많이 받으셨습니다. 그에 대해 언제나 자신이 누구이신지는 당당히 밝히셨습니다(마27:11;요6:41-51;8;48-51).우리도 거짓에 진실로 답해야 합니다. 아멘.


閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.09.19 コラム:主を正しく知ろう

世が混乱している。世はいつも混乱であった。教会も混乱にあり、さらに酷くなっているように見える。教会の混乱が世の混乱を加速させたようで責任を感じる。混乱な世に正しい道を見せ、偽りの世に真理を現し、死んでいく世に命を伝えるのが教会の使命であるのに、その役割を担っていないようだ。教会が世を心配するべきなのに、世が教会を心配する現状がある。そのようになった根本な原因が何かと聞かれれば、「主の民たちが主をよ

2021.09.12 メッセージ:権利より愛

聖書:Ⅰコリント8:7-13        題目:権利より愛 今日の本文は先週に続く内容です。コリント教会の中で偶像に捧げた肉を食べても問題とないという意見と食べてはいけないという主張で分裂がありました。使徒パウロは偶像に対する知識を持っている人たちの強い態度を叱りました。むしろ、そのような知識を持っていない人たちを配慮する愛の心がより大切であると教えました。いつも強い者が弱い者を親切に世話し、愛

2021.09.12 コラム:忘れてはならないこと

「忘れてはならないこと」 人はみな、忘却の存在である。もちろん苦しくて悪い記憶は忘れた方が良い。そのような面で忘却は幸福である。しかし楽しくて良い記憶は長く抱えている方が良い。そのような面では忘却は不幸である。だが忘却は人の意思によって制御できるものではない。捨てたい記憶が思い浮かんで辛い時があれば、長く抱えたい記憶を忘れてしまいもどかしい時もある。すべての記憶が忘れ去られることになっても、そうな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page