top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.09.12 メッセージ:権利より愛

更新日:2021年9月21日

聖書:Ⅰコリント8:7-13        題目:権利より愛


今日の本文は先週に続く内容です。コリント教会の中で偶像に捧げた肉を食べても問題とないという意見と食べてはいけないという主張で分裂がありました。使徒パウロは偶像に対する知識を持っている人たちの強い態度を叱りました。むしろ、そのような知識を持っていない人たちを配慮する愛の心がより大切であると教えました。いつも強い者が弱い者を親切に世話し、愛で仕えるのが当然です。大きい者が小さい者に仕えるのがイエス様の見せてくださった模範であります(マタイ23:11)。


偶像に捧げた肉は何にも意味がないと言いながら食べる人たちが知るべき大切なことがあります。それは第一、弱い者たちも偶像に捧げた肉を食べてその良心が汚れるということです(7-8節)。第二、権利を使うことより弱い者への配慮のある愛の心が優先であるということです(9-10節)。第三、弱い者たちに躓きを与えることはイエス・キリストに罪を犯すことになるということです(11-12節)。第四、使徒パウロのように兄弟を愛する心を見習いなさいということです(13節)。

ここで、次のような質問が生じることがあります。正しいと信じる聖書の真理を守ることと、弱い者たちを配慮する愛の実践の中でどちらを優先するかということです。二つが衝突して、その内一つを選ばなければならない状況であるなら真理が優先です。しかし、衝突しなければ愛が優先です。そのような側面で見るとコリント教会の強い者たちが偶像に捧げた肉を食べないことは真理と衝突しません。ですから彼らは食べる権利より弱い者たちのために愛を優先するべきです(ローマ14:7;ガラテヤ5:13)。


13節を注目しましょう。使徒パウロは偶像に捧げた肉を食べる強い者たちのために躓いた者たちがいることを思い起こします。そして、パウロ本人はそのような状況になれば、今後一切肉を食べないで兄弟たちに躓きを与えることをしないと言っています(マタイ18:6)。何より大切で、優先するべきことを正しく悟った者の告白です(Ⅱテサロニケ3:8-9)。私たちもすべてのことに兄弟に躓きを与えないようにするべきです。むしろ、兄弟の霊的な命を生かすことを最優先する態度で信仰の道を歩んで行きましょう。アーメン。



성경: 고린도전서8:7-13 제목: 자유보다 사랑


지난 주와 연결되는 말씀입니다. 고린도교회 안에서 우상의 제물을 먹어도 된다, 먹으면 안된다는 대립된 의견으로 분열이 있었습니다. 사도바울은 우상에 대한 지식을 가진 사람들이 강하게 행동하는 것을 책망했습니다. 도리어 그런 지식을 가지지 못한 약한 자들을 배려하는 사랑의 마음이 더 중요하다고 가르쳤습니다. 언제나 강한 자가 약한 자를 친절하게 돌아보고 사랑으로 섬기는 것이 마땅합니다. 큰 자가 적은 자를 섬기는 것이 예수님께서 보여주신 본입니다(마23:11).


우상의 제물이 아무 것도 아니라며 먹는 사람들이 알아야 할 중요한 일들이 있습니다. 그것은 첫째, 약한 자들도 따라서 먹게 되고 그로 인해 그들의 양심이 약하고 더러워진다는 것입니다(7-8절). 둘째, 자유를 사용하는 것보다 약한 자들을 배려하는 사랑이 우선이라는 것입니다(9-10절). 셋째, 약한 자들을 실족 시키는 것은 예수 그리스도께 죄가 된다는 것입니다(11-12절). 넷째, 사도바울 같은 형제 사랑의 마음을 배우라는 것입니다(13절).


여기서 다음과 같은 질문이 생길 수 있습니다. 옳다고 믿는 하나님의 진리를 세우는 것과 약한 사람들을 배려하는 사랑의 실천 중 어느 것이 우선인가 하는 것입니다. 두가지가 충돌하여 둘 중 하나를 택해야 한다면 진리가 우선입니다. 그러나 충돌하지 않으면 사랑이 우선입니다. 그런 면에서 고린도교회의 강한 자들이 우상의 제물을 먹지 않는 것은 진리와 충돌하지 않습니다. 그렇기에 그들은 자유가 아닌 약한 자들을 위한 사랑을 우선해야 합니다(롬14:7;갈5:13).


13절을 주목하십시오. 사도바울은 우상의 제물을 먹는 강한 자들로 인해 실족하는 약한 자들이 있었음을 상기시킵니다. 그리고 자기는 그런 상황이 되면 영원히 고기를 먹지 않아 형제를 실족 시키지 않겠다고 말합니다(마18:6). 무엇이 중요하고 가치 있고 우선순위인지를 바로 깨달은 자의 고백입니다(살후3:8-9). 우리도 모든 일에 형제를 실족하게 만들지 않아야 합니다. 도리어 형제의 영의 생명을 살리는 일을 최우선 하는 태도로 살아야 합니다. 아멘.


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.09.19 メッセージ:あなたがたに対しては使徒です

聖書:Ⅰコリント9:1-2        題目:あなたがたに対しては使徒です コリント教会の信徒たちが使徒パウロに対していろいろと非難をしました。そのような言葉が使徒パウロの耳に入りました。それで、パウロはそのことに対して事実に根拠して答えます。非難の言葉が私的な領域のものなら耐えていたことでしょう。しかし、それは公的な内容であって教会に悪影響を与えるものだったので黙っていませんでした。私たちも他

2021.09.19 コラム:主を正しく知ろう

世が混乱している。世はいつも混乱であった。教会も混乱にあり、さらに酷くなっているように見える。教会の混乱が世の混乱を加速させたようで責任を感じる。混乱な世に正しい道を見せ、偽りの世に真理を現し、死んでいく世に命を伝えるのが教会の使命であるのに、その役割を担っていないようだ。教会が世を心配するべきなのに、世が教会を心配する現状がある。そのようになった根本な原因が何かと聞かれれば、「主の民たちが主をよ

2021.09.12 コラム:忘れてはならないこと

「忘れてはならないこと」 人はみな、忘却の存在である。もちろん苦しくて悪い記憶は忘れた方が良い。そのような面で忘却は幸福である。しかし楽しくて良い記憶は長く抱えている方が良い。そのような面では忘却は不幸である。だが忘却は人の意思によって制御できるものではない。捨てたい記憶が思い浮かんで辛い時があれば、長く抱えたい記憶を忘れてしまいもどかしい時もある。すべての記憶が忘れ去られることになっても、そうな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page