top of page
  • 綾瀬東部教会

2021.1.24 メッセージ:高慢にならないためには

聖書:Ⅰコリント4:6-8


本文は使徒パウロがコリント教会の信徒たちの高慢に対して警告する内容です。高慢な心を持たないためにはどのようにするべきでしょうか。


1.書かれていることを超えないことです(6節)

主なる神様の記録されたみことばを超える行為、すなわち、聖書に不従順であるのが高慢です。エデンの園でエバもみことばを超えて善悪を知る木の実を食べて罪を犯しました(創世記3:2-3)。ですからみことばに従う人が謙遜な人です。パウロとアポロも模範を示しながら教えましたが、信徒たちは従いませんでした。車線も、信号も、速度も、一旦停止も超える運転者は高慢な態度であり、事故を起こす可能性が高いです。記録されたみことば、すなわち聖書を勝てに超える人もそのような姿です(ヨハネ12:49-50;16:13)。


2. 自らを誇らないことです(7節)

 使徒パウロはコリント教会の信徒たちにストレートで、誰がすぐれた者と認めてくださったか、そして誰からもらったのかを聞きます。彼らは自分たちにあるものを自らの力で得たかのように誇ったからです。例えば、ある人がお金を稼いでお米を買っても、そのお米が収穫できるのは主なる神様の助けがあったから可能なのです。謙遜な人は主の恵みに感謝するが、高慢な人は自らを誇ります。私たちは霊肉のすべたが主から来たから、ひたすら主の栄光のために生きるべきです(ヨハネ3:27;ローマ11:36;ヤコブ1:17)。


3.もう王にならないことです(9節)

イエス様を信じる信徒たちは将来主なる神様の王国が臨まれるときにそこで王権を得ます(黙示録20:4-6)。コリント教会の信徒たちは霊的な高慢に陥てすでに王のようにふるまっています。しかも、パウロや指導者たちの教えも無視して王様ぶるのです。彼らの豊かさがその原因であります(黙示録3:17)。それは立ってもないのに立ったと思い、できてもないのにできたと思うような錯覚です。彼らの実態は霊的に幼稚で、幼子であります(Ⅰコリント3:1-2)。主のために受ける苦しみを耐え忍んだ人が王権を得られます(Ⅱテモテ2:12)。

私たちにもみことばを超えて、自らを誇って、もう王様ぶる高慢な姿があります。これからはみことばだけに従い、イエス様だけを自慢し、将来の王権を受ける希望で生きて行きましょう。アーメン。



성경: 고린도전서4:6-8 제목: 교만한 마음을 먹지 말라


본문은 사도바울이 고린도교회 성도들의 교만에 대해 경고하는 내용입니다. 교만한 마음을 먹지 않으려면 어떻게 해야 합니까?

첫째, 말씀밖에 넘어가지 말아야 합니다(6절)

하나님의 말씀밖에 넘어가는 행위, 즉 성경을 불순종하는 모습이 교만입니다. 에덴동산에서 하와도 말씀밖에 넘어가 선악과를 따먹고 범죄했습니다(창3:2-3). 그러므로 말씀대로 순종하는 사람이 겸손한 사람입니다. 바울과 아볼로가 본을 보이며 말씀을 가르쳤으나 성도들은 잘 따르지 않았습니다. 차선도 신호도 속도도 일단 정지도 안 지키는 운전자는 교만하고 사고를 일으킬 가능성이 높습니다. 기록한 말씀, 즉 성경 밖으로 마음대로 넘어가는 사람도 그와 같습니다(요12:49-50; 16:13).

둘째, 스스로를 자랑하지 말아야 합니다(7절)

사도바울은 고린도교회 성도들에게 직격탄을 날려 누가 구별하여 택해 주시고 누가 모든 은혜를 베풀어 주셨는지 묻습니다. 그들은 자기들에게 있는 모든 것을 스스로 얻은 줄로 생각하며 자랑했습니다. 예를 들면 내가 돈을 벌어서 쌀을 사도 그 쌀을 추수하는 일은 하나님의 도우심으로 가능한 것입니다. 겸손한 사람은 하나님의 은혜에 감사하지만 교만한 사람은 스스로를 자랑합니다. 우리는 영육간의 모든 것이 하나님께로 왔기에 그분의 영광을 위해 살아야 합니다(요3:27; 롬11:36; 약1:17).

셋째, 미리 왕 노릇하지 말아야 합니다(8절)

예수님을 믿는 성도들은 장차 하나님의 왕국이 임할 때 그곳에서 왕권을 누립니다(계20:4-6). 고린도교회성도들은 영적인 교만에 빠져 미리 왕 노릇하고 있습니다. 그것도 사도바울이나 지도자들의 가르침도 무시하며 왕 노릇하는 것입니다. 그들의 배부름과 부함이 원인입니다(계3:17). 그것은 서지못하고 선 줄 알고, 되지 못하고 된 줄 아는 착각 상태입니다. 실상은 영적으로 유치한 아이와 같은 상태였기 때문입니다(고전3:1-2). 주를 위해 받은 고난이 왕권이 됩니다(딤후2:12).

우리들에게도 말씀 밖으로 넘어가고, 스스로를 자랑하고, 미리 왕 노릇하는 교만의 모습이 있습니다. 앞으로는 오직 말씀을 따라가고, 예수님만 자랑하고, 장차 왕 노릇할 소망으로 삽시다. 아멘.


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021.08.30 メッセージ : デボラ

聖書:士師記4:1-10 題目:デボラ 本文はイスラエルの裁き司の時代に登場するデボラに関するみことばです。彼女を通じて私たちが学び悟べき信仰的な教訓は何でしょうか。 第一、 主なる神様は弱い者を用いられるということです(1-5節) デボラが登場した時代はイスラエルの民がカナンの王ヤビンからひどく圧迫された状況でした。そのためにイスラエルの民は主に助けを叫び求めました(1-3節)。主はその答えと

2021.08.22 メッセージ : 神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです

聖書:Ⅰコリント7:17-24 題目:神が各々をお召しになった時のままの状態で歩むべきです 使徒パウロはコリント7章で結婚と独身、そして離婚について教えています。しかし、その中間に全然異なる話をしているように見えるのが本文です。すなわち、割礼について、そして奴隷と自由人について話しています。しかし、文脈的に見ると、その内容も結婚と独身と離婚の問題と関連性があることが分かります。原理的に見ると同じ意

2021.07.18 メッセージ : 離婚について

聖書:Ⅰコリント7:10-16 題目:離婚について 世の中は離婚率が高くなっています。ところが、驚くことはクリスチャンもそのような世の流れに流されています。聖書で離婚を認めるのは二つの境遇です。まずは、不貞(不倫)の罪があったときと後は信仰が異なるために葛藤が生じたときです。もちろん、それ以外にも家庭内暴力や夫婦間の誓いを立てた義務を履行しないときにも離婚は考慮できるものです。しかし、信徒はどんな

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page